Excel入門の入門

Excel入門の入門【第1回】

こんにちは、Junです(*^-^*)

いよいよ12月…、今年ももうカウントダウン状態ですね☆
最後まで突っ走りましょう(ノ*゚▽゚)ノ

さて今日は、 Excel(エクセル)入門の入門 第1回目、ようやく♪(*・v・*)/です。

1回目の今回は
「エクセルとは?~エクセルの起動から終了、基礎用語」までです。

では張り切って行きましょう!

☆・゚:*ファイトォォォ(★・`ω・)人(・ω´・★)イッパツゥゥゥ・゚:*☆

【Excel(エクセル)入門の入門 第1回目】

*各画像はクリックして拡大できます。
*説明、画像はエクセル2007を使用しています。


● Excel(エクセル)とは?●

Excel(エクセル)は、Microsoft社の 表計算ソフトで、Microsoft Officeの一部として提供されています。
ソフト(有料)をインストールして使用しますが、Office製品がインストールされた状態でお得に販売されているPCもありますので新たにPC購入される方はチェックしてみてくださいね☆

表計算ソフトとは、データを入力して様々な方法で集計したり、数式を入力して計算させることができるソフトのことです。

表計算ソフトの代表格エクセル、エクセルで出来ることは本当にたくさんあります!!

一口に「計算」と言っても合計を出すといったような単純なものから、関数を組み込んだ複雑な計算まで、簡単にやってくれます。
また、データからグラフを作成したり、データを蓄積してデータベースとして利用したりすることもできます。活用の仕方もいろいろです。

基本的な機能としては
・表計算
・文書作成
・図表の作成
・電子メール管理
・住所録
・お小遣い帳♡(家計簿)

などなど、様々な用途がある便利ソフトです。
表やグラフ等のレイアウトも簡単に美しくできるよう様々な機能が備わっていますよぉ。

また、VBAというプログラミング言語を使って様々なプログラムを作ることも可能ですし、自動売買に生かすこともできます。


●システムトレードとエクセル●

システムトレードとエクセルは、切っても切れない((((●・ω・)ノ♡関係です。
システムトレードへの活用は…


・ロジック作成のための検証作業勝や売買実績のチェック

Excel1.gif


・損益グラフの確認

Excel2.gif


・勝率やPFなどシステムを判断するための計算

Excel3.gifのサムネール画像

などなど。

今までエクセルを使ったことのない方も、この機会にぜひいじってみてくださいね♪


●エクセルとEA●

自動売買や、ボタンひとつでさっとバックテストが出来るEA。
エクセルとEA、どちらもシステムトレードのためのお役立ちツールということでは同じですが、EAはMT4付属の、自動売買のための機能です。

EAを用いてバックテストを行なったり、パラメーターの最適化なども試せます。
ただし、EAを自分で作るにはMetaQuotes Languageというプログラミング言語でを使いますので、ある程度のプログラミングの知識が必要なんです。

エクセルはプログラミングの知識がなくても、数式を組むことにより、同様にバックテストやパラメータによるパフォーマンスの変化なども検証できます。

EAを使った自動売買がロジックのわからないブラックボックス型であるのに対し、ロジック(または数式)が開示されているエクセルのシステムではご自身で応用や発展も可能ですね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


それでは、エクセルの起動から基本の画面説明と用語の説明をしていきたいと思います!


● Excelの起動●

ではエクセルを起動してみましょう。

Excel4.gif←スタートボタンを押してください☆


↓スタートメニューにアイコンが現れます。

Excel5.gif


右クリック→開く、またはWクリックで起動します。

Excel6.gif


スタートメニューに出ない場合は、

スタートボタン→全てのプログラム
→Microsoft Office→Microsoft Office Excel
と進んでください。
Excel7.gif


*簡単に起動するためにデスクトップにショートカットを作成したり、スタートメニューやタスクバーに追加することもできます。

Excel8.gif
↑Microsoft Office Excelの表示を右クリックして展開し、選択してください。


● Excelの画面説明●

起動できましたか?起動時の画面はこんな感じですね。
(エクセルのバージョンによって画面上部の表示は異なります)

では画面と基本用語の説明に行きましょう♪

Excel9.gif

・ワークシート
上図↑赤枠で囲んだ部分を「ワークシート(またはシート、スプレッドシート)」と呼びます。
Excel10.gif
起動時には3つのシートが用意されていますが、削除することも追加することもできます。


・ブック
ワークシートを保存しているファイルのことを、エクセルでは「ブック」と呼びます。ブックには、複数のワークシートを保存することができます。


ではワークシートの中身を見てみますよぉ。


・行と列
ワークシートは「行(横方向)」と「列(縦方向)」で構成されています。
ワークシート左側には縦に数字がふってありますね。これを、「行番号」と呼び、上部に横に並んでいるアルファベットを、「列番号」と呼びます。

Excel11.gif


・セル
エクセルの最小単位を「セル」と呼びます。
マス目の1マスがⅠセルです。
セルには文字や数式の入力をしたり、いろいろな編集ができます。


・セル番地
セルには1マス1マス、番地(セルの位置を表した住所や呼び名のようなもの)があります。
列番号と行番号を組み合わせたものがセル番地です。
*図ではわかりやすいようセル番地を記入しています

Excel12.gif
↑青丸で囲った場所は「B列の2行目」なので、「B2セル」と呼びます。

数式を組み込む時もこのセル番地を参照しますので大切な住所になります!!


・アクティブセル
セルが選択された状態をアクティブセルと言います。(マウスでセルをクリックすると選択されます。)文字や数式の入力、罫線や色をつけたりなどの編集作業は全てセルをアクティブにした状態で行います。

アクティブセルは図のように太い線で囲まれます。(下図ではB2セル)
「↓名前ボックス」「↓数式バー」にも選択されているセルが表示されます。
Excel13.gif


*セルだけではなく行単位(または複数行)、列単位(または複数列)、ワークシート単位での選択もできます

↓列番号Bをクリックして列ごと選択(複数列の場合はマウスでドラッグ)
Excel14.gif


↓行番号5をクリックして行ごと選択(複数行の場合はマウスでドラッグ)


↓ワークシート左上角の「全セル選択ボタン」をクリックするとワークシートごと選択
Excel16.gif


● Excelの終了●

ではエクセルを閉じてみましょう
閉じ方は二通りあります。

まずは「Officeボタン」から
Excel画面左上の「Officeボタン」をクリックして展開します。

Excel17.gif


展開した画面の右下部、「Excelの終了」をクリックします。

Excel18.gif


もう一つの終了方法は、「閉じるボタン」です。
Excel画面右上(外側)のバツ印「×閉じるボタン」をクリックします。

Excel19.gif

*右上の内側にもう一つ×ボタンがありますが、これはエクセルを終了するのではなく、今開いているブックのみを終了するボタンです。


ちなみに内側の×ボタンを押すとこうなります。

Excel21.gif


Excelを終了するときはどの場合も、「変更を保存しますか?」と尋ねるBOXが開きます。
保存して終了する場合は「はい」を押して任意の場所に保存、
保存しない場合は「いいえ」を押すと終了します。

保存も終了もせず、元の画面に戻る場合は「キャンセル」を押してください。

Excel20.gif

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上でExcel(エクセル)入門の入門 第1回目、「エクセルとは?~エクセルの起動から終了、基礎用語」終了です。

エクセルになじみのある方にとっては今さらの内容かと思われますが、エクセルをまだ触ったことのない方、よくわからない方への一助となっていけたら幸いです。


では次回の Excel(エクセル)入門の入門 もお楽しみに☆彡

  皆さんの応援がモチベーションの源です!! ⇒FX情報商材

2010年11月30日|

カテゴリー:Excel入門の入門