第1期 MaxSystemFX-Second Stage-リュウさん

MaxSystemFX-Second Stage- リュウさんのTP 


いよいよ今週からMAX SYSTEM FXスイングのトレード・プラクティカム(以下ではTPといいます)をスタートします。

初回は、トレード・プラクティカム(以下ではTPといいます)の訓練生Ryuさんからの自己紹介文を掲載します。

・・・・


こんにちはリュウです。トレード歴は2年弱です。大学時代から数年SEとして働いていたこともあり個室にパソコンのモニタを並べて仕事をする環境が好きで、その延長でFXに興味をもって始めました。最初はネット上で名前を拾いやすかった有名トレーダーの商材を購入しましたがロジックに曖昧な印象があって馴染めず、その後VMAにかなりの手応えを感じましたがもっと自分の好みにフィットした明快な手法が欲しいなと思っていた時にエコさんのブログに出会いました。それまでもラインを用いた判断の仕方は知っていましたが、誰もその「実用的な」利用の仕方を教えてくれなかったので、ラインなんていうのは結局は参考程度に引いておくものだと思っていましたが、エコさんのブログでその見事な機能ぶりを知り、ショックを受けるとともに「これだ!」と叫んだのです。それ以来エコさんの明晰かつ大胆なトレードと、ケチらない人柄にも魅かれ、ライントレードを学ぶ毎日です。昨年後半は個人的理由で2,3ヶ月FXに専念できずトレードスタイルも崩してしまいましたが、1月中旬から復帰して大分感覚を取り戻してきました。本業はとくにありませんが、FXで食えているわけでもないので専業とも言えません。とりあえず今の社会的肩書きは「訓練生」です(笑)。

Max Systemは昨年の発売時に購入しました(エコさんの特典ほしさに2度買いも)。基本的な4時間足でのシステムを理解したのち、15分足のサンプルルールで過去3年分ほどの検証を複数行っており、その安定性については確認しています。ただ実際のトレードにMaxを十分に利用しているかといえば、様々な外的要因もあり、なかなか徹底できずに利益を取りこぼしています。昨年のFXでの収支は極めて安定せず、前半に数百から1000の間を行ったり来たりしていたかと思えば、夏以降はわずかながら連続してマイナス収支でした。

MAXさんは、僕が実際に目の当たりにした唯一のプロトレーダーです。プロトレーダーはかくあってほしいと思うようなスマートな方で、勇気づけられました。目標となる人が魅力的だと力を得られるものです。そしてそのロジックと精緻なシステムに痺れてもいます。Maxのシステムは基本ルールだけでも勝てることは検証でわかっていますし、エコさんの特典を加味すればより収支が安定します。そんなことは十分にわかっているのですが、少ないながらも生じる負けトレードがどうにも気に入らず、ついついエントリーチャンスに様子見をしては利益を取りこぼして来ました。これはシステムトレーダーとしては最悪の態度と結果です。システムが精緻であるなら、操る人間も同様にシステマティックでなければなりません。いかに不利な状況であれ、クールかつ正確に注文と決済を執行する、システムにおいてこれ以上に美しいことはありません。しかしMax Systemは現在のところまだ完璧なシステムでないことも事実です。それはMAX氏がリリースするにあたりルールを汎用性に向けて「単純化」したというところからも伺われます。それはMT4の機能などが実現できないルールや情報があるということでもあります。Max Systemにはまだまだポテンシャルが多分に秘められており、それらを活用して初めてMax Systemをフル稼働させたことになると思います。そのためには利用者の工夫が必要です。ですから訓練生としての僕がすべきことはまず、システムの完璧な執行に向けてのメンタル面の調整と、システムのポテンシャルをより引き出すための工夫を検証を通じて発見することだと考えています。4時間足での利用はいままで未経験でもあり、一からの挑戦ですがそれだけにこれから見えてくるものが楽しみです。

エコさんの直弟子の方々がこの世界ですでに活躍されていることはライントレード教本の収支報告の例からも周知のことと思いますが、ブログを通じての育成から実際に地力で食えるトレーダーが生まれるならそのドキュメントは非常に画期的なものだと思います。
その貴重なドキュメントに興味深いページを多く残せたら嬉しいです。


・・・・

カッコいい紹介文でしたね!

さあ、今回のTPは、リュウさんがシステムトレーダーとしての基礎を作るための訓練になります。

あえてリュウさんを裁量ライントレードではなくシステムトレードのTP生として認定したのは、リュウさんの気質を考慮して総合的に判断した結果です。

システムトレーダーの基礎づくりとして、当初は長期間の検証の繰り返しになると思いますが、精一杯取り組んでください。

○これからの道筋について

MAX SYSTEM FXのポンド円4時間足は、基本ルール通りに実践するだけで利益が出ています。また、ポンドドル、ユーロ円、ユーロドルも購入者サイトのルール通りで利益が出ています。

従って、これらの通貨ペアをポートフォリオでシステマティックに運用するだけでも年間のプラス収益は極めて高い確率で出せるでしょう。

しかし、リュウさんが自己紹介文で書いてくれたように、MAXのロジックは、汎用性を持たせるためと、複雑さを排するために(十分に複雑だと思う人もいるでしょうが)、かなりおおらかなルールとなっています。つまり、それをベースにまだまだ自分のルールへと高めて行く余地があるということです。

そのようなオリジナルルールの開発をすることで、Maxのロジックを自分のものにすることを1つの目的としますが、それだけが目的ではありません。

検証する過程で、検証時にどのようなポイントに着眼すればよいのかというシステムトレーダーの視点を養っていってもらいたいと思っています。

そして開発したシステムの実践前には、資金管理計画をしっかり立てて頂きます。

最後に、数か月の運用を経て、これならやっていけるという確証が得たときに、このTPは終わります。その時点では、Max以外のシステムロジックも自分のものにできる応用力がついていることと思います。

トレードは仕事ですから、1期で終わるかどうかは分かりませんよ。リュウさんがあきらめるか、エコが印籠を渡すか、そうならない限りは、このTPは目的を達成するまで継続させるつもりです。覚悟はできてますよね。

○最初の課題

では、まず基礎的な事項の理解について確認します。

リュウさんは、

・Maxのポンド円4時間足システムの全ルールは暗記していますか?
・ユーロ円等の4時間足トレードガイドのルール(強いパターンなど)は暗記していますか?

コメント欄で回答してください。

すべて暗記してなかったら、ノートなどを取るなどして暗記してください。暗記が必要なためな周辺学習は自分でやってください。

これがクリアできていたら、

2006年から今までのポンド円4時間足の目視検証をやって頂きます。

その際の注意事項は、また追記します。


エコのMaxSystemFX-Second Stage-のレビューへ
4時間足スイングから1分足スキャルまで使えるオシレーターロジック: MaxSystemFX-Second Stage-

  皆さんの応援がモチベーションの源です!! ⇒FX情報商材