エコのライントレードマスタープログラム+キャンドルスティックFX とらじさんのTP 2月第2-3週

エコのライントレードマスタープログラム+キャンドルスティックFX とらじさんのTP 2月第2-3週

プロトレーダーエコのFXライントレードマスタープログラム

キャンドルスティックFX

エコのライントレードマスタープログラム+キャンドルスティックFXのトレード・プラクティカム(以下ではTPといいます)をスタートします。

初回は訓練生の1人目、とらじさんからの自己紹介文を掲載します。

・・・・

FX歴1年半のとらじ。です。
北国でフリーライターを営む「年女(←ご想像におまかせ)」です。
時々、エコさんのブログ内で、愛犬「ポチ」とお散歩しています(笑)。

・トレードレベル

ライン教本は初級者Ⅰ~Ⅱレベル、キャンドルスティックは、ローソクのサインは理解しており、ライン際での判断に使っています。フィルターは今まで意識してきませんでしたが、一応「見て分かる」程度までのブラッシュアップを済ませました。この1年半の月ベースでの成績は+300~-900pips。負け方がヘタだと痛感しています。

・意気込み

最初の頃は「必勝システムトレード」や「必勝シグナル配信」を血眼になって探していましたが、エコさんのブログに出合い、裁量の実力を養うことが相場で生き残る最善策だと気付きました。今回のトレード・プラクティカムに参加できたことは、千載一遇のチャンス! 「人生を変える」半年間にしたいと思っています。よろしくお願いします。

とらじ


・・・・

自己紹介ありがとうございました。

とらじさんは、コメント欄にもかなりのトレード報告をしてくれていますので、エコも現時点でのトレードレベルを把握できています。

現在の実力は、自己分析の通り、ライントレードのレベルで言えば、教本に書いてある初級者Iの後半あたりと見ています。上手に1日を切り抜けられる日もありますが、まだトータルの力では初級者IIに届きそうで届かないレベルです。

ここから初級者IIレベルにしっかり乗るためには、トレードの基本の「型」を身につけ、予想外の動きがあってもとりあえず対応できる安定性が望まれます。

そして、今回はキャンドルスティックFXのロジックも積極的に取り入れることでライントレードの判断の精度を高めていきますので、キャンドルの出方にも敏感になってもらいます。

主要なトレードポイントで出現したキャンドルスティックのシグナルおよびシグナル崩れをどうすれば効率良くライントレードで利用できるか極めてもらいたいと思います。

さて、これから当面の学習計画を立てたいと思います。

とらじさんは、今はどのようにしてトレードの「学習」をしていますか。あるいは、今後どのように学習をしていけばよいかアイデアはありますか。なければないでOKですので、まずここまでを回答してもらえますか。

今後のやりとりは、基本的にすべてコメント欄を通じて行います。

エコのライントレードマスタープログラムのレビューへ
本邦初の総合的なライントレード教本


エコのキャンドルスティックFXのレビューへ
エントリー/決済の判断に使える強いキャンドルを学習できる総合商材

  皆さんの応援がモチベーションの源です!! ⇒FX情報商材

コメント (109)

こっちにも初コメントしちゃいます。

とらじさん、いろいろなプレッシャーがあるかと思いますが、私も含めてみんな応援してます!頑張ってくださいね!

わたしもここでいっぱい勉強させていたただきますので・・

ファイトー・・いっぱーつっ

投稿者:ギャオス |2010年2月 8日 16:07

こんにちは。お待たせしまして申し訳ございませんでした。さっそくですが、宜しくお願いいたします。

★学習の報告
では、現時点におけるトレードの「学習」の報告をいたします。
まずはロジックの暗記ですが、エコさんのライントレード教本、MAXさんのキャンドルスティックFXをそれぞれ要約、チャート形状、ローソク形状などの書き写しをA6サイズのノートにまとめ、常に持ち歩いては空き時間に読み返しています。ラインを引く練習はここ3ヵ月の平日はほぼ毎日繰り返し、日足ローソク足の手書きの課題は、購入後に終了しています。
毎日のトレードでは、毎朝6時前後のチャートをプリントアウトしてラインを引き、エコさんのブログ更新をチェックしたところで「答え合わせ」、1日が終わると、ふたたびチャートをプリントアウトしてトレードのトレードのエントリ・エグジットの反省点・改善点を洗い出してメモする、という状況です。

★今後の学習方法
現状では15分足のラインを見ながら、15分足のキャンドルを検証していませんでしたので、エコさんの1年分の過去ログで拾えるラインとの絡みを拾いながら、過去の15分足のローソク足のサイン、また、フィルターの機能をチェックしてみたいと思います。

投稿者:とらじ。 |2010年2月 8日 17:35

はい。報告を読むと、スタンダードな学習プロセスを踏んできたと思います。

>15分足のラインを見ながら、15分足のキャンドルを検証していませんでしたので、エコさんの1年分の過去ログで拾えるラインとの絡みを拾いながら、過去の15分足のローソク足のサイン、また、フィルターの機能をチェックしてみたいと思います。

OKです。この検証をまずはやっていきましょう。

キャンドルスティックのフィルター付近でシグナルが出現すると同時に、ラインとキャンドルが絡んだとき、どのような作用があるのか、15分足で見極めていきましょう。

重視する順番は、

1)ラインとの絡み
2)シグナルを始めとするキャンドル形状
3)キャンドルスティックのフィルター

ライントレードは、あくまでもキャンドルは補足的な役割になります。しかし、極めれば、相当な精度アップが図れます。

1)と2)のコンビネーションを極めるだけでも十分戦えますが、3)「フィルター」をトレード判断に加えた方がいい場合がときにはあります。そのようなケースが1年間だけの検証で見つかるかどうかは分かりませんが、1つでもフィルターの使い方が見つかればしめたものです。

なお、キャンドルのシグナルは、どのような局面で出現したかを理解することが大事です。

ラインとの絡み方
ラインとの距離
直近の相場の値動きや値幅

などから、局面の違いを見る癖をつけてください。

この検証を1年間やるだけでも、かなり見る目ができてきますので、知らず知らずのうちに基礎力はつくでしょう。

そして、この学習をしながら、毎日の相場での実践学習をしていきましょう。

まだ初級IからIIへ上がる段階ですから、とらじさんのリアルトレードはかなりおおらかに見ていくつもりです。

これからは1つ1つの失敗が糧となっていきますが、負けトレードが発生したら、その負けが回避可能であったかどうかは必ず復習しましょう。

あまり同じ所で何度もつまづくようなら具体的な助言をしますが、自分で間違いを直していくことが大事ですので、軽い怪我ならエコは放っておくつもりです(笑)。

このプロセスの繰り返しで、初級IIまでは余裕で上がれるはずです。

頑張ってください。


さて、初期アドバイスは以上ですが、早速確認です。。。エコブログのコメントにある今日の16:45はQシグナルということでショートしたのでしょうか。。。と書いたところで、とらじさんが先回りして言い訳を書いてくれましたね(笑)。

はい。そのようにして自己分析して、学んでいくことが大事です。今の適度な緊張感とモチベーションを維持してやっていきましょう。

投稿者:エコ |2010年2月 8日 18:10

ありがとうございます。さっそく検証をしていきたいと思います。

ちなみに、Qシグナルは、決済の目安、あるいは、ラインやオシレーターをチェックしつつ、ドテンの要素のひとつとして数えることはありますが、Qシグナルオンリーでエントリーすることはまずないです。
…ということに、指摘されて気付きました。
「あぁ、そういえば…」という感じです。

投稿者:とらじ。 |2010年2月 8日 20:35

>ギャオスさん

UTェTU ウルウル
ありがとうございます~~。
ポチ部の部活は、ギャオスさんにお任せしますから!

リポDのCM、勝野洋さん出てましたねぇ…って、知ってる人います~?

投稿者:とらじ。 |2010年2月 8日 20:47

おはようございます。

検証を始めるにあたって、自分でラインを引くと、ライン引きの精度が問題になるので、エコさんの引いたラインを参考にしていきたいと思います。

まずはエコさんのブログに貼られた最初のチャート、2009年2月2日のチャートをチェックし、FXDDの同日のチャートをプリントアウトしました。FXDDのチャートはスミ一色(モノクロ)でプリントされるので、MAが分かりやすいように蛍光ペンで色分けし、エコさんのラインを手書きで入れ、この日出現したキャンドルが、ラインと、またフィルターと、どのように
絡んでいるかを見ながら書き込んでいきます。
これで、ライン引きの練習にもなります(o^-^o)

と、手探りでここまで準備したんですが、これをざっと1年分、土日祝・年末年始を除くチャート(230日程度?)を、仕事の合間、または夜間に時間を作って総チェックとなると、1日2枚のペースで約4ヵ月、1日3枚のペースで2ヵ月半かかる計算になります。
随時報告を入れていきますね。


投稿者:とらじ。 |2010年2月 9日 11:00

はい。理想は1年間の検証ですが、今回は去年の7月からの検証にしましょう。15分足なら、この程度の期間のライン確認でも、大抵の値動き特性は掴めるはずですから。

このチャート集はとらじさんの宝物になりますよ。

投稿者:エコ |2010年2月 9日 11:29

半年間ですね。了解です。

宝物…そうですよねっ!

チャートをプリントする紙を、「裏紙」リサイクルでエコしようと思ってたんですが、真新しいコピー用紙を使うことにします(笑)。

投稿者:とらじ。 |2010年2月 9日 13:06

検証は、ラインとキャンドルがよく機能する時間帯として、日本時間7時~25時(夏時間は6時~24時)でいいでしょうか。
深夜~早朝も見てみるほうがいいですか? 

投稿者:とらじ。 |2010年2月 9日 15:00

はい。7-25を最長時間と考えて、検証は自分が実際にトレードする時間帯に絞って良いと思います。

投稿者:エコ |2010年2月 9日 15:31

今日は久々の?トレード終了なのでとらじさぁん・・・
にあいにきたエコラー。。です。

検証作業お疲れ様です。
自分も負けずに頑張ります。

とらじさんの頑張ってる姿は
とても励みになります。
よって私もここで勉強させていただきます(笑)

えっ?ポチですか?ちゃぁんと
忙しいとらじさんの
分まで(笑)可愛がってきましたよ!

投稿者:エコラー。。 |2010年2月 9日 19:41

おはようございます。
検証は、昨日の午後でやっと2日分…ラインとの絡みを中心に足の動きを見ていこうと思っていたんですが、結局、決済のポイントや収支まで見ていこうとすると、数字まで丹念に拾っていくことになってしまっています。慣れればもう少しスピードアップできるかしら…。

>エコラー。。さん
U◕ฺܫฺ◕ฺUキューン
いつもポチがお世話になってまーす♪
さっき、ポチは元気かしらと様子を見に行ったら、31位までランクアップしてました。
よーしよしよし!(←ムツゴロウ風) 

投稿者:とらじ。 |2010年2月10日 06:01

とらじ。さんはじめまして、junです(*^-^*)
よろしくお願いします!


TP、お疲れ様です゚☆.。.:*・
何度読んでも、とらじさんの学ばれる姿勢、素晴らしいですね(*^ー゚)b
検証、がんばってください!かげながら応援しています!


エコさんは今日、明日とお休みなのですが、
いただいたコメント、UPさせてもらいました。

エコさんが帰ってきたら
またビシビシッと、チェックが入ると思いますのでヾ(*^▽^*)o

投稿者:匿名 |2010年2月10日 17:00

>Junさん

はじめましてと言いますかいつもお世話になっておりますと言いますか。応援ありがとうございますm(_ _)m

皆さんからありがたい声をいただいて、本当に心強いです。
こんな検証も、ひとりではできなかったと思います。今回、TPという大きな機会をいただいて、怖いもの知らずで飛びこんでしまいましたが…実は怖いです(あれ?)。

近道をしようとして道に迷っていたので、今は「急がば回れ」と唱えつつ、やれるだけのことをしてみようという気持ちです。これからも宜しくお願いいたします♪

今日は7月上旬、9日まで検証をしたのですが、すごい数字が出ています~。日足を見ると、確かに、トレンドが分かりやすい時期ではあるようですが…私の苦手な持合いでどうなっていくのか、これからまたじっくり時間をかけたいと思います。

投稿者:とらじ。 |2010年2月10日 17:26

とらじさん

中間報告ありがとうございます。

近道をしようとして、じっくりTPの遠回りを選んだわけですね(笑)。

相当いい数字がでていそうですね。週明けまでに具体的な数字込みの中間報告をお待ちしてますね。

投稿者:エコ |2010年2月12日 16:13

はじめまして オラウータンです

MAの太さを変えてからプリントアウトすると
少しだけラクになるかもしれませんよ

とらじさん ファイト!

投稿者:オラウータン |2010年2月14日 16:08

エコさん、皆さん、おガオーございます。
実はこの不肖・寅次め、鬼の霍乱が如く、風邪など引いておりました。
先週に進捗状況を報告した時点からたいして前進していないのですが、とりあえず7月1日~14日までの半月(実質10日間)の検証結果を報告いたしますね。
ちなみにこの10日間の相場は、160円から148円台までガッツリ下落し、ダブルボトムをつけて戻ろうかという顔つきです。


検証したのは日本時間の6時~24時。条件としては、デイトレードとして8時~18時の10時間を観察時間とし、ライントレード+キャンドルの基本ルールでのトレードを検証。ライン越えとキャンドルのサインが同時に成立しなかった場合は、ローソク2本までのズレを許容しています。18時以降は新規のエントリーをせず、決済のみ行うこととしています。
決済ですが、利益確定は支持線・抵抗線を基準とした3分割決済を採用(獲得pips数は、ワントレード分割決済における平均値を算出)。損益確定はキャンドルのロスカット値ではなく、エントリーを判断したライン割れの確定でのロスカットとしています。


さて、その検証結果ですが…

  19戦15勝4敗 +827pips

>ぅぇぇえ~~っ! マジッ!?
と叫びたくなるような数字ですね(笑)。
10日間で、デイトレードをトータルで負けた日はわずか1日でした。

ラインを越え、キャンドルのサインが確定しても、キャンドルのフィルターにかからないことが期間内に2度あり、そこはエントリーをスルーしましたが、いずれもロスカットに終わっていますので、無駄な損失を回避できたことになります。

また、ロンドン時間のふるい落としなど、相場の急変に関しては(実際この10日間にも、ふるい落としらしいローソクが観察できました)、●●での防御的決済を行っています。ので、中・上級者の皆さんで、相場の勢いを読みつつイロイロ(即時決済+即ドテンなど)デキル方、キャンドルのサインが崩れていてもオシレーターでエントリーを判断できる方(ライン越えキャンドルサインなしで大きな値動きになったことが1回ありました)、ニューヨーク時間まで粘れる方などは、あと200pips以上は取れるのではないかと思われます♪

「とらじーっ! 早よ終わらせんかい!!」とご立腹の皆さんも、今しばらくお待ちくださいませ。


>オラウータンさん

はじめまして!
応援&アドバイス、ありがとうございます φUo・ェ・oUφポッ!
皆さんにこうして気にしていただけるだけで、元気が出てきます。

MT4のチャート、やっと「蛍光ペン」から脱出できそうです。
「MAXシステムFX」のテンプレートに一目均衡表などを表示しているため、●●MA(太線)、●MA(中太線)はいいのですが、●MAと雲の基準線やら転換線やら(画面では非表示にしていても印刷には出るのです…)BBMAやらの「細実線」が区別しにくかったのです。
が、だいーぶ慣れてきました。徐々にスピードアップしていきまーす♪

投稿者:とらじ。 |2010年2月15日 10:08

>オラウータンさん

MAXのテンプレートをいじって、MAの太さを極太線から使ってみたら、モノクロ印刷でもすっごーく見やすくなりました!
ありがとうございますm(_ _)m 

投稿者:とらじ。 |2010年2月15日 11:11

とらじさん、お疲れさま

オラウータンさん、情報提供ありがとうございます。


半月だけの検証ですが、目を見張るような数字が出ていますね。

実はこれは想定されていたことなんです。

ラインとキャンドルシグナルの組み合わせで一貫してトレードを継続すれば、ボラがある時期は、たとえ腕がなくても!、怖くなるほど利益がでます。

しかし、ボラが低くなったとき、および、直近相場と動きが変わったときの対応で、利益をさらに伸ばすか、利益を減らすかが分かれてきます。

10月から12月の相場をどう逃げ切るかが検証後半での課題にはなるでしょう。

まだまだ事例数が少ないので、今の時点では実際に運用する際の確定ルールを作る段階ではありません。

今の時点では、勝ちやすいパターンをしっかり頭に入れることが大事です。

それと、より良いトレードをするにはどうしたらいいかも考えながら、このまま検証を続けてください。

この調子で、1週間後までにまたパフォーマンスの報告をお願いしますね。


投稿者:エコ |2010年2月15日 13:44

エコさん、おはようございます。

その後7営業日を観察し、いずれも50~100pips程度という結果が出てますが、その検証の基本的な作法にちょっと疑問が湧いてきたのです。
今回はあくまでも「ラインが主、キャンドルが従」という検証ですので、これまで、ラインを抜けても、キャンドルのサインが成立しない場合はスルーしてきました。
ところが、ある日の相場で、早朝にキャンドルの買いサインが出たあと数本後に、キャンドルサインが崩れたままトレンドラインを突破し、そのままラインと絡むことなく100pips以上の上昇を描いているという日がありました。トライアングル、フラッグなどのフォーメーションは出ていますが、ところどころに絡むキャンドルがみな崩れているので、今回の「ライン+キャンドル」(8時~18時)という条件であれば0戦0勝になってしまうのです。さあ、どうしたものでしょう…と。
今回の検証の場合、これは「0戦0勝」という数え方でいいんですよね。
もったいない…(笑)実戦ルールを考える際に、ポイントのひとつにしたいと思います。

それから、あのぅ…もうひとつ微妙な質問なんですが。
Chocoさん=「うら若き女性」というのは、裏を返せば、

とらじ。=「中年女性」

…という対比を持ち出したかったのでしょーかっ!?
ヽ(*≧ε≦*)φ
あ、他意はないです。自主ツッコミ入れておきたくて(笑)
これからは、リポDネタを振られたらケインって答えよう。
でも中年は響きが悪いなー。熟女ってことにしておこうかなっ。

投稿者:とらじ |2010年2月16日 09:54

>ある日の相場で、早朝にキャンドルの買いサインが出たあと数本後に、キャンドルサインが崩れたままトレンドラインを突破し、そのままラインと絡むことなく100pips以上の上昇を描いているという日がありました。トライアングル、フラッグなどのフォーメーションは出ていますが、ところどころに絡むキャンドルがみな崩れているので、今回の「ライン+キャンドル」(8時~18時)という条件であれば0戦0勝になってしまうのです。

はい、基本的にこうなります。

現在のトレード方法で取りこぼすケースや憤死するケースをどのように修正するかも重要ですが、十分な事例数がなければ対応法を決めてはいけません。

今の段階では、このようなケースがあった。。。これに対して、このように対処すれば、このようになった。。。というように、「後日ルールを追加する可能性がある事例」として書き出しておいてください。

同様のケースが幾つか集まった時点で、とらじさんの対応法を決めることにしましょう。


さて、さすが北国のライター、うら若き女性という言葉を深読みしましたね!

これはねえ、前回のメルマガでも似たような事例を書きましたが、比較対称ではなく、絶対評価で書いているんですよね(笑)。

とらじさんの自爆・自白はこれからも大歓迎ですよ(笑)。

投稿者:エコ |2010年2月16日 13:12

エコさんおはようございます。

キャンドルスティックFX改訂版を、取り急ぎ流し読みしました。
で、119ページ「特殊な準●シグナル」を見て、思わず「これやわぁ!」
もしかすると、ライン際キャンドル崩れの問題が、少し解決するかもしれません。

それから、自爆・自白って…(笑)。
ライターとして芸歴長いので、いろいろ見たり読んだり、人よりはちょっと昔のことも知ってはいるかなという程度なんですけど…。

…んもう。まあ、いいです。
真実は闇に葬り去ってしまうほうがいいときもありますものね。

投稿者:とらじ。 |2010年2月17日 11:01

エコさん、ギャラリーの皆さん、お疲れ様です。
2009年7月の検証を終了しましたのでご報告いたしますね。

検証ルールは上記の通り。

結果は、39戦30勝9敗(勝率76.9%)1484Pips 
プロフィットファクター6.006

w(°0°)w オォー

ラインは、エコさんがブログで毎朝更新したラインを基本に、日中のトレンドに合わせて適宜引いています。
フォーメーションも参考にはしていますが、基本的には、「ライン越え・ライン割れ」で正規のキャンドルサインが出た場合のみのエントリーとなります。

次は8月に行きまーす。

投稿者:とらじ。 |2010年2月17日 15:16

いい数字が出ましたね。

これからは取りこぼしと思えるようなケースも目立ってくると思います。

まだまだ始まったばかりです。

問題意識を持ちつつ、検証事例数を増やしていきましょう。

投稿者:エコ |2010年2月17日 20:40

了解です。ありがとうございます。
PF6は、「このままでは済まされまいぞ」というオーラさえ放っているように見えますので、これからどうなるか、丹念に検証していきたいと思います。

投稿者:とらじ。 |2010年2月17日 23:55

冒頭の自己紹介、イージーにもほどがある。と反省しておりまして。

だって、Ryuさんはカッコいいし、Chocoさんは清純そのものだし、とらじ、ライターって割にイケてないなぁ~と。

今夜は本職で残業中なので、気分転換にひとりごちてみたいと思います。

2009年7月30日のコメント欄を読んで、本当に「私が本職で1人前になったのはいつだったかしら」と考えてしまいました。
若さと体力と勘違いで、バリバリと仕事をこなしていた20代。でもある日、苦手な分野の仕事(たしか、地元の歴史的建造物の浮き沈みをドラマティックに紹介するような原稿)を、それこそウンウンうなりながら、頭を掻きむしりながら仕上げたんですね。そしたらその数ヵ月後、敏腕編集長と出かけた地酒バーのカウンターで、升酒に酔ったついでに、初めてお褒めの言葉をいただいて。今思えば、ワンフレーズまで悩み抜いたあの「産みの苦しみ」があったからこそ、今まで踏ん張ってこれたのかもしれないなと思うのです。
改めて、こうしてTPに参加させていただいている意味を考えつつ。
数年後に、「あのときがターニングポイントだった」と思い起こすことができるよう。
エコさんの温かい叱咤激励、そして皆さんの声を励みに、滋味豊かな6ヶ月間にしたいと思っております。

投稿者:とらじ。 |2010年2月18日 01:17

ツイッター風に~

ライン+キャンドルで相場を観察するようになったら、リアルトレードで「指値してお出かけ」が怖くてできません。たとえばライン際でもみ合っていて、オシレーターも上向いてきているとして、「えーい、ロングして仕事行こう!」(注:それは以前の私)なんてことが「ありえない!」ということに気付きました。これも進歩かしら。

投稿者:とらじ。 |2010年2月19日 12:15

とらじさん

はい、それは明らかな進歩です。

OCOを入れて外出できるのはシステムトレードだけです。

例外的に1日の最終トレードや、利益が十分に乗っているときなどは、エコもOCOを使いますが、OCO放置プレーをやっているうちは裁量ではまず勝てるようにならないと思った方がいいです。

投稿者:匿名 |2010年2月19日 13:15

以前はこの「PC釘付け」になってしまう状況が辛かったのですが、今は、気まぐれなポン君の姿をじっと見つめて♡トレードしていきたいと思います♪

投稿者:とらじ。 |2010年2月19日 15:32

エコさんおはようございます。
まずは、8月3日(月)~7日(金)1週間の検証結果をご報告します。
この週を日足で見ると、160円台の高値から下降トレンドラインを形成していく過程で、すでに週後半は日中のボラが低いです。

5営業日の結果は
11戦9勝2敗 +362pips

です。深夜に大きな動きが多いのですが、日中も丁寧にトレードすればプラスに終われています。

ところで、翌週はエコさんが夏休みなんですね。
エコさんが朝に更新したチャートのラインを元に検証しているので、8月の検証は、翌週17日(月)からにします。

ライン+キャンドルのサインにしたがって検証した後の、エコさんのコメント欄でのトレード報告をじっくり読んで、またまた参考になってしまうのです。
一粒で2度おいしい検証です♪

投稿者:とらじ。 |2010年2月22日 10:57

お疲れ様です。続いて、8月17日(月)~21日(金)の5営業日です。

8戦6勝1敗1分
+509pips

です。

検証のスピードが上ってきたところで、エコさんの「サポ/レジ」の引き方が見えてきました。テキストでは当然説明されていましたが、自分で手を動かして確認すると「身につく」という感じがしています。
今まで、ちょっと迷う日があったので、うれしい~♡

3分割決済ですが、ロング/ショートそれぞれの方向のサポ/レジにひとつずつ指値をしていき(次のサポ/レジが100pips以上離れている場合は心理的節目を採用)、ひとつめの指値が約定したら、逆指値を建値にスライドしています。

投稿者:とらじ。 |2010年2月22日 15:15

とらじ。さん、おはようございます。
Chocoです、はじめてお邪魔します。

とらじ。さんのページを覗くと
検証作業もどんどん進んでいるので
私も、やらなくちゃ!といった感じです。

とらじ。さん、
私もこの手法↓まねさせてください!

まずはエコさんのブログに貼られた最初のチャートをチェックし
FXDDの同日のチャートをプリントアウトする。
それから、エコさんのラインを手書きでいれる。


ぜひ、私もやってみたいと思います。
昨日、とらじ。さんが


>エコさんの「サポ/レジ」の引き方が見えてきました。
>テキストでは当然説明されていましたが、
>自分で手を動かして確認すると「身につく」という感じがしています。

こんなことを言ってたので
私も、体得したいと思いました。
やっぱり、エコさんのチャートを参考にしながら・・・と
思っていたんですが、頼りにしすぎてしまって
いざ、一人で引こう!と思ってもなかなか
手が動きません。


実は、了解を得る前に
すでに昨日から実践していま~す。(>_<)

それから、私のこと「中年女性」と噂されてました~(笑)
たしかに、「うら若き女性」ではないのですが
今だ「中年女性」と呼ばれたことはなかったので新鮮でした!
自覚症状がないって怖いですね。


では、これからもいろいろ
参考にさせてもらいたいと思いますので
よろしくお願いします。


お邪魔しました。

Choco


投稿者:匿名 |2010年2月23日 10:32

>Chocoさん

>私のこと「中年女性」と噂されてました~(笑)

ええっと、それは誤解です(汗)。
例の「微妙な質問」を詳しく解説しますと~。

Chocoさん=「うら若き女性」というのは、裏を返せば(←その真意は)
とらじ。=「中年女性」って言いたいのでしょうか?

という解釈でお願いしたかったのですがー(笑)

「中年女性」と噂されている(というか、私が勝手に皆さんのあげあし取りをして喜んでいる)のは、とらじの方ですよ(笑)。
今のところ満場一致で、Chocoさん=「うら若き女性」という設定ですので、ぜひChocoさんは安心して、その路線でお願いします(((爆)))

ところで…
FXDDのチャートが固まってしまいました
UTェTU クゥーン
復帰させるにはダウンロードしなおすしかないのかしら…。

投稿者:とらじ。 |2010年2月23日 22:46

お世話になっております。とらじです。
取り急ぎ、8月24日(月)~31日(月)までの6営業日の検証結果を報告します。

10戦7勝3敗 +93pips です。

8月分トータルでの結果は、計算次第書き込みします。

投稿者:とらじ。 |2010年2月26日 16:52

お疲れ様です。
電卓をたたくとミスがでそうなのと、計算値を後から見やすく比較したいと思い、Excelでシートを作って、7月・8月分の数値を計算しなおしてみました。
それから、検証を始めてすぐ(7月上旬)の分について、検証のルールが揺れている部分があったので、一部見直しました。

するとどうなったかというと

7月 38戦29勝9敗   獲得1452pips PF=6.78 勝率76%
8月 29戦22勝5敗2分 獲得964pips  PF=4.61 勝率75%

となりました。

8月も、「ライン+キャンドル(8時~18時)」では入れないトレンドがいくつかあるので、とりあえず付箋を貼っています。

毎日の相場では、検証どおりにいかないことも多く、自分の未熟さに歯がゆい思いです。一日の相場を見直したとき、たとえライン+キャンドルのサインを満たしていても「これは回避できた」と思うエントリーがあると、もっと広角のレンズが欲しいと思えてきます。

投稿者:とらじ。 |2010年2月27日 04:05

(エコのブログの金曜日のコメント欄でのとらじさんの報告に対するフィードバックです)

とらじさん

月曜から木曜までの利益を金曜日で吹っ飛ばして、相当落胆されたようですね。

週末はリフレッシュして帰ってきたとの報告もこっそり受けていますので、ひと安心ではありますが、この時点で1つエコからアドバイスをしておかないといけませんね。

FXの向き不向きということについて私信で書かれていましたので、そのようなものがあるのかどうかをお答えるすると、あるにはあります。

FXに向かない人、というかなかなか勝てるようにならない人は、努力ができない人、依存心が強い人、プライドが高い(高すぎる)人などです。

このような性質は、厳しく自己評価すれば、多くの人が持っているものと思いますが、これらの性質が強すぎると、なかなか勝てるようになりません。

とらじさんの場合、どの性質も特段に強いわけではないと思います。

従って、資質的には、FXに向いていないということはありません。

しかし、現時点で認識を新たにしておかなければならないことは、とらじさんは自己イメージと実際の実力とが一致していないということです。

とらじさんの実力は初級Iレベルです。まだはっきりと初級IIレベルには乗っていないのです。

このレベルでは、勝てる日もあれば負ける日もあるのが普通です。

従って、金曜日に大きく負けたのも、今の実力ではごく自然なことですから、起こったことをありのままに受け入れる必要があります。

その際に、自分の普段の実力なら回避できた負けトレードがあったのなら、それを学習機会として次回から負けないようにすればいいことです。

負けトレードから学習することができるのであれば、それ以上の感情(落ち込む、嘆く、悔いる、自信を無くす)を持つ必要はまったくありません。

まして、今はまだ精密な過去チャート検証を2カ月ほどやったばかりですから、自分の型が固まっているわけでもありません。初級Iレベルのトレーダーは、リアルトレードをまだ「しなくてもいい」段階なのですから(ライン教本に書いたとおり)、とらじさんは少しばかり背伸びをしていることが分かりますか。

少しでも上を見て歩んで行くことは大事ですが、自分の立ち位置がどこにあるのかを見失ってはいけません。

今とらじさんに起こっていることは、その実力のトレーダーとしてごく普通のことです。あるがままの自分を受け入れた上で、また今週の学習を張り切って始めていきませんか。

以上が現時点でのエコからのアドバイスです。

投稿者:エコ |2010年3月 1日 10:06

エコさん

厳しくも温かい言葉を尽くしていただいて、大変感謝しています。

年末から月単位でチョットずつ利益を残せていた私は、相場に対して甘い気持ちで構えていたのだと思います。
しかし現状はといえば、エコさんの仰るとおり、いまだに初級Ⅰレベル。トレンドとタイミングで利益が上ることもあれば、ガタガターッと利益を削る、相変わらずそんなことのくり返しです。

「まだまだ負けて当たり前」と言われて、逆にとても気が楽になりました。
伸びしろのある生徒だと思って、見守っていただければ幸いです。

投稿者:とらじ。 |2010年3月 1日 13:40

エコさんおはようございます。

週末は弱音をはいていた私ですが、メンタル的にはバッチリ☆ドテンできました♪
こうして的確な指摘とアドバイスをいただけることが、今の私の支えです。
しばらくは検証に専念しまーす。

ということで、経過報告です。
キャンドルスティックFXの第二章にあったように、キャンドルのシグナルポンド円15分足を検証しながら、「もし~であれば~ではないか?」という一定の決まりがないかどうか見ていたんですが、ここまでの検証で気付いた、ふたつの見立て(仮定)を報告したいと思います。

・仮説1:Qシグナルの○MA/TL逆張りフィルター
キャンドルスティックFXで採用している最も急なMAより外で出現したQシグナルのうち、トレンドラインに絡んで反発が見られる(これまでのトレンドと逆行する方向にサインが成立する)ローソクは、相場反転のシグナルとしてエントリーの根拠にできるか(エントリー除外条件は除く)
→これまでQシグナルは「決済の目安」程度にしか見ていなかったのですが、積極的にエントリーの根拠に使えるかどうかを確認する

・仮説2:ダブルシグナル
ロングあるいはショートのキャンドルサインが、同方向に2回続けて出現すると、強いサインになるか
→MAXのデュアルサイン同様、優位性の高いキャンドルサインが成立するのかを見てみたいと思います。

いずれも、課題として気付いた点を列挙しているのみですので、個々の仮説は、ある程度の期間の検証が済んでから確認作業に入りたいと思います。

投稿者:とらじ。 |2010年3月 2日 08:57

とらじさん

結構です。TPはまだこれからです。山の頂上はまだ見えていません。ペース配分を考えながら、登って行きましょう。

2つの仮説は、良いと思います。ロジカルな仮説でもありますから、機能することが分かれば、自信をもって実行できると思います。


投稿者:匿名 |2010年3月 2日 13:10

エコさん

岳人の私…
山の例えを出されたら、今自分がどこを歩いているのか非常にクリアにイメージできました。
私はまだ、山裾の森の中にいたんですね。
高性能のナビがあっても、自分の足で歩くしかない。
ありがとうございます。
一歩一歩、前進したいと思います。

投稿者:とらじ。 |2010年3月 3日 09:18

Σ( ̄ロ ̄lll)…あらっ…
昨日はシリアスとらじ。が顔を出してましたねっ!
今日はアゲアゲとらじ。で行きますよ~!!

チャートの結末が見えちゃうと、自分の都合のいいように検証をすすめちゃうんじゃないかって、皆さん同様、私も考えましたよ。
それでどうしているかというと、「見ない」ようにしています。
当日朝までのチャートにラインを引いたら、PCの画面のローソク部分だけをパッと隠して、時間軸を当日の深夜24時が見えるあたりまでスライドしたら、プリントボタンを押してエンターキーを押して、またチャートの時間軸を当日の朝まで戻す。プリントアウトしたチャートもほかの紙で目隠しをして、値動きを1本ずつ見ながら検証を進める…。数値を見たいときだけ画面を確認しますが、基本、動いているチャートを見ながらのエントリー&エグジットを擬似的に検証しています。
「キャー、いや~ん、見えちゃう~」なんて言いながら検証している自分は、やっぱりアホだと思いつつ、けっこう楽しんでますよ(((爆)))


それでは途中経過の報告です。

9月前半の10営業日
17戦11勝6敗 163pips

です。
日足を見ても、9月前半は下落途中のもみ合いにあり、日中はレンジを形成することが多く、非常に勉強になります。
この期間のレンジ相場は、ライントレード重視ならコツコツ勝つこともできそうですが、
ライン抜けとキャンドルの両方を待ち、3分割決済採用となると、「入れない」「薄利決済」「ロスカット」が多いです。
レンジ相場を疑う基準と、こらえる作法(ex.「入らない」、「一手待ち」、「レンジ内で負けたら次のトレードでは全決済を採用」など?)のマイルールを考えておこうと思います。

投稿者:とらじ。 |2010年3月 4日 11:48

はい。とらじさんもひと工夫が必要な時期まで検証が進みましたね。

>レンジ相場を疑う基準と、こらえる作法(ex.「入らない」、「一手待ち」、「レンジ内で負けたら次のトレードでは全決済を採用」など?)のマイルールを考えておこうと思います。

そうですね。まずはこのようなルールを基本に見ていくのでもよいでしょう。

しかし、最終的には、総合的な裁量判断ができることを目指しますので、1つのルールに捉われるようなことはないようにしてください。

柔軟な心をもって、検証を継続していきましょう。

投稿者:エコ |2010年3月 4日 22:08

エコさん

お疲れ様です。

2009年9月後半は、シルバーウィークの5連休があり日本休場&エコさんのブログもお休み、さらに、なぜか9月28日(月)15時~30日(水)15時の、FXDDの15分足チャートが表示されず、この3日間の検証は不能でした。
9月の検証は、合計16日分ということになりますがご了承ください。

では、9月の検証結果です。

24戦18勝7敗 獲得502pips PF=2.37 勝率75%

でした。

7月・8月があまりに良すぎたので、9月は取りにくいのかなと思っていましたが、終わってみれば「よくできた」数字だと思います。

レンジ相場でのふるまい方など、自分なりに課題も考えましたが、基本に忠実なトレードで9月をやり過ごすことができています。
エコさんのおっしゃる「総合的な裁量判断」には到底及びませんが、とりあえず新規のルールを加えず、このまま10月以降も検証を続けていこうと思います。


投稿者:とらじ。 |2010年3月 8日 17:29

エコさん

お疲れ様です。

エコさんの指導を先読みしたわけではないのですが(笑)、10月の検証も基本ルールどおり行っています。

10月前半10月1日~15日(10営業日)

10戦7勝3敗271pips

10月上旬は日中のレンジが続き、取りにくい時期でした。
が、これくらいに収まってしまうのが不思議です(笑)。
偶然、今日の午前中のような(上昇TLに頭を抑えられる)チャート形状も見受けられ、「おお~~、コレですよコレ!」なんて感動してしまいました。

投稿者:とらじ。 |2010年3月10日 20:03

とっらじさぁ~ん!
ご無沙汰しております。無事に確定申告も
終わり、エコラー。。が戻ってまいりました。

とらじさんの頑張ってる姿は未だ健在。
尊敬します。

チョコチョコと見には来ていたのですが、
なぜ今ここにコメントを書き込んだかというと、
私は・・・・隠された真実byフック、その1からその6まで全て当て
はまった愚か者なのですが、(しかもコーヒー噴き出したし)
ん?誰か他にも引っかかった
人がいるぞ!?どれどれ・・・

あぁ~・・・とらじさんだぁ!
とらじさん!今まで一人で寂しかったでしょう!?
でも安心してください!
もうこれからは一人じゃない(笑)
ここに、仲間がいるじゃありませんか!!
ちょっとかなり親近感を覚えたエコラー。。でした。


投稿者:エコラー。。 |2010年3月11日 14:44

>エコラー。。さん

オッス、オラ、とらじ。
(↑フックさんのこの話も絶品です)
そうそう、「隠された真実」ねー! 
でしょっ!! 絶対みんなひっかかってるよね!

確定申告、税源移譲による減税とかいろいろあったから、私も税務署に確認したりして、やーっと出したと思ったら…多分、ハンコ押し忘れた。
ぷぷっ…相変わらずツメが甘い。

ひとりで悶々と検証をしていると、肩が凝ってしょうがないんですが、
エコさんのブログには、トレードの仲間がいる!
そして、楽しい愚か者仲間もいたのねー(((爆)))

子育てにもちゃんと参加しているエコラー。。さん。
きっと、ナイスなパパなんでしょうね! 
私も2児のママなんですよ。
夜はまさに、お風呂やご飯の合間を縫ってチャートチェックしてる状況。
エコラー。。さんと、ちょっと似てるかも?
これからも、トレードや楽しい話で盛り上がっていきましょうね~♪ 

投稿者:とらじ。 |2010年3月12日 10:19

とらじ。さんと話すと元気になるな~。


うん、とても驚きましたよっ!


私のまわりには
フリーライターさんというおしゃれな肩書きは
いなくて、勝手に一人暮らしのマンション住まい
朝食は必ずコーヒーを飲み干す!と
妄想していました(笑)


しかも、冗談だといわれても
とらじ。さんには、
フランス人の血が流れていそうです。(笑)
ますますおしゃれな匂いがしていますよ。

私も今はわけあって
在宅で医療事務の仕事をしながら
FXに取り組んでいます。


私もがんばりまーす。

投稿者:Choco |2010年3月15日 15:41

Chocoさん

「半分フランス人」の元ネタは、エコさんですよ~。
とらじ。のはパ・ク・リ♪

もうひとつ、「オッス、オラ、とらじ。」は、フックさんのパクリですから(笑)
検証中のコーヒーブレイクに、6月22日のフックさんの記事も読んでみてください。
勉強も息抜きもエコさんのブログでできちゃうなんて、お得ですね~。

投稿者:とらじ。 |2010年3月16日 09:21

は~い♪ホントお得ですね。
これから、お茶ですけどブレイクしながら
フックさんのネタを読みあさってみます。


フックさんといると
1日1度は、楽しいハプニングに出会いそうですね。
相場観察?!じゃないけど
今度、日常をこっそり観察してみたいです(笑)


投稿者:Choco |2010年3月16日 12:19

エコさん

お世話になっております。
10月は、キャンドルのシグナルが確定しないまま相場の転換点を通過することが多く、「エントリーできない」まま値幅が出る場合も見受けられます。
また、7~9月の検証では、ひとつめの決済が約定したあとは、ロスカット値を建値にスライドしても、うまい具合に「利益を削らず、損もせず」ほどよく勝てていたのですが、10月の相場付きでは、すぐに建値で約定されてしまうことが多く、利幅を削ってしまうことがたびたびです。
神経質な時期だったのでしょうか。

ただし今のところの検証結果は、先日の報告から6日間プラスして16営業日分ですが、
17戦14勝3敗、635pips
と、順調に利益を伸ばしつつあります。
これは、「1日の平均利益、6pips、1勝」とか、「(相場が大きく動いても)その日は0戦」も含み、1勝としている数字です。

検証ですから、冷静にすすめることもできますが…マウス投げそう!!
検証どおり、自分のルールどおりに日々の相場と向き合うことは、メンタルトレーニングになりそうですね。。。

ところでエコさん。

私は検証中、エコさんブログの懐かしネタを発掘して秘かに楽しんでいますが、実は、さくらさんと私が同じ病気だったことに驚きました…。

それは…

「1回負けるとすぐ取り返したい病」

です(笑)。

治さないと(((爆)))

投稿者:とらじ。 |2010年3月19日 12:30

【お詫びと訂正】

上記「(相場が大きく動いても)その日は0戦」の日は、当然0勝です…

投資のロジックを淡々と続けて、勝てない、できない日は見送り、ロスカットは経費として受入れ、確立上有利な投資を積み重ねる

というトレードも、美しいと思えるようになりました。
自分はシステムトレードではなく、裁量トレードを目指していますが、相場付に対応できるのは中級以上、ということでしたので、とりあえず決済も今のルールのまま、検証を続けていきます。

これからまた遠出です。ガルル~~。


投稿者:とらじ。 |2010年3月19日 14:20

エコさん

お世話になっております。
遅くなりました。
3連休は遊び呆けて…いたわけではなく、締切りと格闘しており、検証は先日ご報告した以上進んでおりません。
が、検証数も100を超えましたし、期間的にも折り返し地点を過ぎましたので、ここまでの検証結果を一度振り返ってみたいと思います。

7月1日~10月23日 109トレード
83勝24敗2分 勝率76% プロフィットファクター=4.9

この109トレードをもう少し詳しく説明します。

109トレード中
獲得100pips以上 13回(約12%)
獲得50~99pis 48回(約44%)
獲得0~49pips 22回(約20%)
負け 24回(約24%)最大ドローダウン-96pips

9月・10月は日中の持ち合いも多いのですが、トレードしない、あるいは、手堅くまとめて凌ぎつつ、取れるときにしっかり取る、という感じでしょうか。3連敗は9月の一度きりでした。

打率7割6分、ホームラン1割5分、3塁打4割、1・2塁打2割。
すごいです~♪

投稿者:とらじ。 |2010年3月23日 13:26

とらじ。さん

TP注目してチェックしてます♪

なんですが、、、、

具体的なpipsが「負け 24回(約24%)最大ドローダウン-96pips」
にしか書かれてないので、
それぞれと全体で具体的にどうなったのかが分かりませ~ん( ̄ω ̄;)

投稿者:匿名 |2010年3月23日 18:23

>匿名さん

はじめまして~♪ 
U◕ฺܫฺ◕ฺU

仰るとおりです。数字、落としてますね。

109トレードの検証では、
獲得計 3553pips 損失計 720pips 
でした。
9月上旬、10月上旬は、日足でもヒゲが長い持合期間で、検証でも脂汗が出ました(笑)。最大ドローダウンはその9月8日~11日に喫したものですが、LDN~NYではある程度の値動きも散見されるので、また違った検証結果も出てくると思います。

参考になればうれしいです。では~。

投稿者:とらじ。 |2010年3月24日 10:29

昨日のような値動きを見ていると、エコさんが「世界のトレーダーが意識しているラインを引く」と書いていたことの重要さがよく分かります。真性のブレークアウトが起きたときは、相場は本当に、待ってましたとばかりに勢いがつくんですね。
狭い幅でのキレイすぎるチャンネル、そしてあのヒゲ…もう、どうみても「アヤシイ」。そしてあのブレークアウト。もちろん、16時45分の足で買いました。
検証を進めていたら、挙動不審なポン円くんの様子(笑)にも、ちょっとだけ気付いてあげられるようになったのかなと。こういう「気付き」を、もっと増やしていきたいと思います。

投稿者:とらじ。 |2010年3月25日 06:56

お世話になっております。

大変時間がかかってしまいました…10月分の検証結果をご報告いたします。

10月1日~31日(21営業日)
26戦20勝6敗 勝率76%
利益確定 1056pips  損益計上 -227pips
獲得 829pips
プロフィットファクター=3.6   

検証を始める前に、エコさんが「10月は騙しの多い月」と書かれていましたが、その10月の検証がやっと終わりました。
キャンドルのサインとラインが合致せず、ノートレードで終わった日が3営業日、6~8pipsと辛勝で終了している日が3営業日、トータルで負け越しで終了した日が4営業日。
意識されているトレンドラインの角度が日中のうちに変化したり、ポン円くんらしい派手なパフォーマンスがあったりと、大変参考になる月でした。

ただ、無駄なトレードをしなければ、トレンドラインとキャンドルの絡みでじゅうぶんな結果が得られたので、これも収穫でした。
「マウス投げそう!」は失言でした。
腕白坊主を穏やかに見守る忍耐が、相場力につながるのでしょうか。
…むーん。実生活にも生かさなくては(笑)

ところで、10月後半のコメント欄から突然、さくらさんが消えてしまいました…。
そう、まるで煙のように…
寂しい~。ファイナルでもう一回出てきてくれないかしら。
さくらさんの発見のおかげで、とらじも自分の病気を自覚することができましたし(笑)、あとは治療するだけなんですよ~。

おーーーい。さくらさーーーん。
ありがとうございまーす!
∪o・ェ・o∪きゅ~ん♪

投稿者:とらじ。 |2010年3月25日 12:19

お世話になっております。
11月上旬10営業日の検証結果をご報告します。

13トレード8勝5敗 
利益確定 366pips 損益 116pips 

250pips獲得

です。

10月下旬から11月上旬は、148~151円のレンジを行きつ戻りつで、日中のトレードは非常に厳しいものとなっていますが、本当に、よくこれだけの数字が残っていると思います。

投稿者:とらじ。 |2010年3月26日 16:48

そろそろ12月に入る頃でしょうから、注意事項を書いておきますね。

12月21日から25日までは、相場は動きません。

この期間は、勉強のために検証をしてみるのはいいですが実践ではノートレードになりますので、1カ月の成績からこの期間の検証値は除外してください。

投稿者:エコ |2010年3月29日 11:25

エコさん

お世話になっております。
12月の検証の件、了解いたしました。
引き続き検証を続けたいと思います。

投稿者:とらじ。 |2010年3月29日 17:31

エコさん

お世話になっております。
2009年11月(19営業日)の検証が終わりましたので、報告しますね。
11月前半は狭いレンジのなかで行ったり来たり、後半は「これでもか」というくらい活発な値動きが見られました。

23トレード 15勝8敗 勝率65%
利益確定 933pips 損益 -210pips 
プロフィットファクター 3.4

という結果でした。

7月からの検証を続けてきて、いちばん気を遣ったのは、レンジ内の値動きを見送るルール化でした。

◎深夜からのレンジ内ではエントリーしない
◎レンジ抜けの判断は、直近高値/直近安値を終値で抜けたことを確認する


という2つのフィルターで、無駄なトレードをだいぶ回避できています。

で、これを「レンジフィルター」と名付けようかと思ったんですが…
レンジフード(キッチンの換気扇)のフィルターっぽいのでやめました(笑)

投稿者:とらじ。 |2010年3月31日 17:03

とらじさん、こんにちは。

僕のTPの方にコメントいただきありがとうございます。
31日にこちらにコメントさせていただいたのですが、正しく送られてなかったのかアップされてないようです。

こちらはどうにかポン円を実運用するところまで来ました。もっと先だと思っていたのでちょっと慌てましたが。

そういえばとらじさん、さくらさんにラブコールしてましたね。最初僕はさくらさん女の人だと思ってたんです。騙されました。出会い系などの「さくら」と一緒ですね。

とらじさんもいよいよ12月の検証ですね。結果楽しみにしています。

投稿者:Ryu |2010年4月 3日 00:05

とらじさん

イチゴショートってなんでしたっけ?(笑)完全に忘れてます。

僕は東西線の大学は「文キャン」でした。

年齢ばれちゃいました?
双子素数は結構ありますからね、比較的若い数字でお願いしま〜す。

投稿者:Ryu |2010年4月 6日 10:22

エコさん

12月の検証も半ばというところですが、ある方に、検証方法について
↓こういう方法を使って検証しているんですか? 
と訊ねられました。

MT4 strategy tester 用のツール、LFH Trading Simulator等を使って「仮想トレード」ベースでの検証。

http://www.tradingsystemforex.com/scripts-and-other-tools/94-lfh-trading-simulator.html

今のところ、FXDDの過去チャートで目視検証していますが、こういったツールを使っての検証について、メリットとデメリットがあれば教えていただければと思います。

>Ryuさん

誕生日に、さくらさんから「イチゴショートしても儲かんないからな!」みたいなことを言われてましたよ。
…ああっ、私、やっぱりオタク???

投稿者:とらじ。 |2010年4月 6日 13:15

とらじ。さん

イチゴショート思い出しました!
僕はさくらさんからもらった誕生日のイチゴショートに長期トレンドラインをばっちし刻み込んだのでした。

とらじ。さん、マニアですね(笑)。

投稿者:Ryu |2010年4月 6日 20:39

とらじさん こんばんは。 最近エコさんのブログに登場しましたヨウです。

エコさんのコメント欄では自分の状況をコメントするのにいっぱいで挨拶も出来ずにすみません。

拝見していると、二児の母親でありながらライターの仕事もして・・・と、私は一児の母親で(もうすぐ二児の母親に!)専業主婦をしているので、尊敬しちゃいます。
ブスの(笑)素人でなかなかコメンターさん達の会話やトレードにもついていけませんが、とらじさんみたくなれるよう日々がんばります。

TPがんばってください!

投稿者:ヨウ |2010年4月 9日 20:05

エコさん、皆さん、おはようございます。
今週もよろしくお願いします。

12月の検証、1日~14日(10営業日)分を報告します。

15トレード 11勝3敗1分 利益確定704pips 損失110pips  獲得594pips

でした。
2009年分の検証は、18日(金)の分までで終了となります。
今週中に、半年分の検証結果を集計してご報告しますね。

>ヨウさん

どうもどうもです。応援ありがとうございます。
もうすぐふたりめちゃん誕生ですかぁ~ ♡ 
生まれたてのほわほわちゃんを抱っこしたい~~。なう~~。
今、いちばん手のかかる時期だと思いますが、
今だけの笑顔をいっぱいいっぱい抱きしめてあげてくださいね♪

投稿者:とらじ。 |2010年4月12日 05:56

とらじさん

回答が遅れましたが、検証時にどのようなツールを使うかは任意です。

ただ、自動的に画面がスクロールする機能は、過去検証には特に不要です。あれは、裁量判断を磨くための度胸付けのツールですので。


では、そろそろ通期の検証が終わりそうですので、報告形式を指定しますね。

全体集計を報告するときは、次の数字も出してください。
 最大ドローダウン
 最大連勝数
 最大連敗数
 1カ月ごとの勝ちの日の数
 1カ月ごとの負けの日の数

集計値と共に、次のことも書いてください。

・検証開始前と今の自分で何がどう変わりましたか。

・今の力でリアルタイム相場でどの程度戦えそうですか

・裁量性が高くない形で通期の検証をしたわけですが、リアルタイム相場ではどのように戦うのが良いと思いますか。すなわち、検証時と同じような比較的システマティックなトレード方法を指向していくのか、より柔軟な裁量トレードを指向していくのか、どちらが自分に「合っている」と思いますか?

・リアルタイムで戦っていく際に、過去の検証時と違う対応が必要であろうと思われることがあれば書いてください。

以上の報告を受けて、エコから実践へ向けてのアドバイスをしますね。

投稿者:匿名 |2010年4月12日 22:27

エコさん

お世話になっております。
集計値の件、了解いたしました。

ただ、次の報告は、
自分のなかでも、葛藤があるので…
少し時間を頂戴して、自分の考えを整理してからでよろしいでしょうか。
よろしくご査収ください。

投稿者:とらじ。 |2010年4月13日 09:54

とらじさん

分かります。

存分に悩んだ上で決めてください(笑)。

投稿者:エコ |2010年4月13日 10:13

エコさん、皆さん、大変お待たせいたしました。

ちょっと長くなりますが、
では、行きますよ…←いつぞやのエコさんの真似。分かる人~(≧∇≦)

ライントレード+キャンドルスティックFX
検証結果(2009年7月~12月) by とらじ。

《検証ルール》
●エントリー時間は8時~18時の足の確定まで。観察時間は24時までとする。
●エントリーはトレンドラインでの反転あるいはライン越え・抜け、各種フォーメーション認識、レンジのブレーク時に、キャンドルのシグナルが「確定」した場合にエントリーする。キャンドルのシグナルが出現しない場合は、ラインと絡んでもノートレード。
●ロスカットはキャンドルスティックから算出して逆指値を入れる。ロスカットが50pips以上になる場合は、基本的にラインへの戻り確定でエグジットする。
●決済はサポート/レジスタンスごとの3分割指値決済を採用し、ひとつめの指値が約定されたらロスカット値を建値にスライドする。相場が一方向に強く伸びている場合、最後の3分の1のポジションは伸ばすこともあるが、18時を過ぎた場合、24時までのチャートで、サポート/レジスタンス付近で反転シグナルが示現した場合は決済する。

《通期検証結果》
164トレード 120勝41敗3分 
利益確定6538pips 損失1278pips 
獲得5260pips
勝率73% プロフィットファクター(以下PF)=4.1
最大ドローダウン -97pips
最大連勝数 7連勝
最大連敗数 3連敗

《月次詳細》
7月(検証23日) 
38トレード 29勝9敗 
利益確定1666pips 損失214pips 獲得1452pips
勝率76% PF=7.7
勝ち越し19日 負け越し3日 ノートレード1日

8月(検証16日) 
29トレード 22勝5敗2分 
利益確定1173pips 損失209pips 獲得964pips
勝率75% PF=5.6 
勝ち越し11日 負け越し3日 ノートレード2日

9月(検証16日)
25トレード 18勝7敗 
利益確定713pips 損失211pips 獲得502pips
勝率72% FP=2.3
勝ち越し12日 負け越し3日 ノートレード1日

10月(検証21日)
26トレード 20勝6敗 
利益確定1056pips 損失227pips 獲得829pips
勝率76% PF=3.6
勝ち越し14日 負け越し4日 ノートレード3日

11月(検証19日)
23トレード 15勝8敗 
利益確定933pips 損失210pips 獲得723pips
勝率65% PF=3.4
勝ち越し13日 負け越し3日 ノートレード3日

12月(検証14日)
23トレード 16勝6敗1分 
利益確定997pips 損失207pips 獲得790pips
勝率69% PF=3.8
勝ち越し11日 負け越し2日 ノートレード1日

・検証開始前と今の自分で何がどう変わりましたか。

 メンタルでの大きな変化は、まず、慌てなくなりました。以前の自分は、ちょっとした根動きにもオロオロしてレンジ内で往復の損失をくらったり、ニュースや指標を自分の都合で解釈して「思惑」でポジションを持ったりと、常に相場に振り回されていた気がします。検証をある程度進めてからは、過去~直近のライン、値動き、フォーメーションなどを考慮してシナリオを考えながら、エントリーを「自分で選ぶ」癖をつけるように気をつけています。
 そのようなエントリーを心がけることができるようになったのは、検証の大きな成果だと思っています。茶道や武道などで「型から入って心を知る」ということがありますが、今回の検証はまさに、ラインを引く、キャンドルのシグナルを確認する、という一連の「技法」の習得から、トレードの「作法」を習得する基礎訓練たり得るものでした。

・今の力でリアルタイム相場でどの程度戦えそうですか

 このところ、「負けたらすぐ取り返したい病」は治まってきました(笑)。日中の相場では、ラインやキャンドルに従って検証どおりのトレードができそうな気がしています。

・裁量性が高くない形で通期の検証をしたわけですが、リアルタイム相場ではどのように戦うのが良いと思いますか。すなわち、検証時と同じような比較的システマティックなトレード方法を指向していくのか、より柔軟な裁量トレードを指向していくのか、どちらが自分に「合っている」と思いますか?

 目下、ここが「葛藤」だったのです。たとえば昨日・今日のリアルタイム相場でもそうでしたが、極狭いレンジから勢いをつけて飛び出して直近のサポ/レジなども抜いていったら、たとえキャンドルのシグナルが認識できなくても、ローソク足の途中でもエントリーしたほうが利益が伸びますし、同じことは明確なフォーメーションなどにも当てはまるようです。また、ロスカット値なども、第一指値約定ですぐに建値にスライドすれば、勝率はアップしますが利幅を削ることもあり、いつも同じことをしているわけにもいかないようです。
 検証時もそうでしたが、こんな風に、システマティックなエントリー&エグジットより「このほうがいい」と考えてしまうことこそが、裁量トレードを指向している自分のスタイルそのものなのだと気付かされました。結局、基本的な技術を身に付けた上で、相場付きに合った裁量トレード技術を高めていくことが、自分の目指すところだと思い知らされた次第です。

・リアルタイムで戦っていく際に、過去の検証時と違う対応が必要であろうと思われることがあれば書いてください。

 まず、検証時は、すべてエコさんのブログのラインを参照したわけですが、リアルタイムでは、毎朝自分でラインを引き、自分で引いたラインを根拠にトレードシナリオメークをしてエントリーする場合があるであろうということです。毎朝(大体6時前)にはラインを引きシナリオを考え、ブログのアップ前にエントリーしていることもありますが、たまにエコさん独特の応用ラインが登場すると、感嘆しきりでエコさんのラインに倣うこともあるのでなんともいえません。ライン引きの基本的な技術はともかく、もっと応用力が必要です…この点は、過去検証を重ねてながら養成したいと考えています。
 また今の段階では、相場の急変時に対応できるかは疑問です。ふるい落とし後のSM、なんて残念ながらできません。ただ、今はまだ「できなくてもいいかな」という考えはあります。

非常に長くなりましたが、報告は以上です。
よろしくお願いします。

投稿者:とらじ。 |2010年4月14日 16:52

とらじさん

通期検証お疲れさまでした。

では、行きますよって、昔の指導時に使った言葉ですかね。本人以外は覚えていませんって(笑)。

それでは、まず、報告されたパフォーマンスについてコメントしますね。

ほぼシステマティックなトレードルールで得られた成績としては、恐ろしいほど良い数字だと思います。

プロフィットファクターの高さも目を引きますが、日単位での負けの少なさが特筆ものだと思います。

取りにくい相場でも大負けせずにまとめあげることができ、取れるときには大勝ちできるといった感じですね。

この成績が未来でも再現できるのであれば、「食える」レベルだと言えます。


では次に、事前の質問に対するとらじさんの回答を見て行きましょう。


>検証開始前と今の自分で何がどう変わりましたか。

>メンタルでの大きな変化は、まず、慌てなくなりました。。。。茶道や武道などで「型から入って心を知る」ということがありますが、今回の検証はまさに、ラインを引く、キャンドルのシグナルを確認する、という一連の「技法」の習得から、トレードの「作法」を習得する基礎訓練たり得るものでした。

エコが目論んだ目的を達成してくれましたね。


>今の力でリアルタイム相場でどの程度戦えそうですか

>このところ、「負けたらすぐ取り返したい病」は治まってきました(笑)。日中の相場では、ラインやキャンドルに従って検証どおりのトレードができそうな気がしています。

OKです。最近のコメントを見ても、自信をもって基本的なトレードができるようになりましたね。


(以下、質問の順番を変えました)

>リアルタイムで戦っていく際に、過去の検証時と違う対応が必要であろうと思われることがあれば書いてください。

>。。。ライン引きの基本的な技術はともかく、もっと応用力が必要です…この点は、過去検証を重ねてながら養成したいと考えています。
 また今の段階では、相場の急変時に対応できるかは疑問です。ふるい落とし後のSM、なんて残念ながらできません。ただ、今はまだ「できなくてもいいかな」という考えはあります。

まあ、問題はないでしょう。今はできることを確実にやっていけば、次第に次に取り組むべきことが分かってきますよ。


>裁量性が高くない形で通期の検証をしたわけですが、リアルタイム相場ではどのように戦うのが良いと思いますか。すなわち、検証時と同じような比較的システマティックなトレード方法を指向していくのか、より柔軟な裁量トレードを指向していくのか、どちらが自分に「合っている」と思いますか?

> 検証時もそうでしたが、こんな風に、システマティックなエントリー&エグジットより「このほうがいい」と考えてしまうことこそが、裁量トレードを指向している自分のスタイルそのものなのだと気付かされました。結局、基本的な技術を身に付けた上で、相場付きに合った裁量トレード技術を高めていくことが、自分の目指すところだと思い知らされた次第です。

さて、これが最も重要なポイントですね。

とらじさんは、気質的に、よりよいやり方があればそれを目指したいという向上心が人一倍強いように感じます。

ですので、そのような裁量性がより高いトレードができるようになりたいという願望を持つことは自然だと思います。

しかし、ここで1つ理解しておくべきことがあります。

自分の気質(したいこと)に従ってトレードすることが、トレード行動による利益の最大化につながるとは限らないということです。

とらじさんが指向していることを表明したトレードは、今回検証時に収支を出したようなトレード方法よりも一段高いレベルのトレードということになります。

それはエコの教本でいう中級レベルでしょう。

このレベルに到達するには、十分な努力を費やすことはもちろん、ある程度のトレードセンスも必要とされてきます。

エコがトレードセンスという言葉を使ったのは初めてであることを、エコブログオタクのとらじさんはすぐに分かったことでしょう(笑)。

トレードセンスは、豊富な実体験によりある程度養うこともできますが、システマティックに養成することはできません。

短期間でそういったものを身につける人もいれば、数年かかっても身につかない人もいます。

今回のTPの過去検証では、それをやれば必ず到達できるであろうというレベルがエコには見えていました。しかし、トレードセンスうんぬんを語るレベルは、一律の養成は不可能なんです。

回りくどい言い方になりましたが、とらじさんが目指そうとしているレベルに達するには、ここからかなり長い道のりがあるかもしれない(ないかもしれない)と言いたかったんです。

目標達成までの時間は、自分ではコントロールできませんから、その意味ではリスクがあります。

システマティックなやり方を脱皮して裁量性の高いやり方を追求していくことには、相当なリスクがあると理解しなければならないのです。

今回検証したようなほぼシステマティックなトレード方法をそのまま実践するのであれば、とらじさんは今後も過去検証値の3割減くらいのパフォーマンスを上げられるだけの実力はついたと思います。

しかし、それよりも上を目指すとなると、パフォーマンスは相当上下にブレるリスクがあります。

うまく行けば、システマティックなやり方では取りえないpip数も獲得できるようになりますが、スランプに陥れば相当長期間にわたって利益が上がらないようなこともありえます。

これが裁量性が高いトレード方法の落とし穴なんです。

とらじさん、脅すわけではありませんが(笑)、本当にリスクを承知して、そのような上のレベルを目指しますか?

過去検証時のトレードの再現を目指すのであれば、獲得pip数は下がりますが、大きなスランプに陥ることはないですよ。

よく考えて回答くださいね。

投稿者:エコ |2010年4月15日 12:14

仰るとおりだと思います。
天賦の才能の持ち主を除いては、多分、美意識も仕事もトレードも、基礎を積み重ねることによってある程度応用がきくものですが、センスというのは、そう簡単に磨けるものではないからです。
経験を積み重ねれば応用の光が見えてくるのか、基礎からは量り得ない、別の何かをつかまなければいけないのか。
この点に関しては、まだ、気持ちが固まっていません。私は今回の検証で、
エコさんのライントレードに関してはもちろん、キャンドルの威力にも感心しましたし、難しい相場でうまくこらえて、利益が乗ったらしっかり利確するという、今回の検証結果にも非常に満足しています。
ただそこに、もう少し裁量という肉付けができたら…というのが本音ではあります。
ただ、まずは実践でルールどおりのことができなければ、応用力は育たないだろうな、とは思っていました。
もう少し、考えさせてくださいね。

投稿者:とらじ。 |2010年4月15日 17:27

ちゃらら~ら~ら~ちゃらら~ちゃらら~♪
※ネスカフェゴールドブレンドのCMソングお願いします

歩きニスト とらじ。

……野口健のCM、分かる人いるかな~(○^▽^○)

 駄ネタスタートですみません。
 前にも書いたかもしれませんが、実は私、登山だーい好きの岳人のはしくれでして、今、シーズン前のカラダづくりのために、毎朝走りこみをしております。体力的な不安を払拭し、確実にピークを取るためです。
 今回、自分の考えがグルグルして収拾がつかなくなってしまったのですが、以前トレードで思考がつっかえたとき、エコさんに山の例えを出していただいて、非常にクリアに理解できたことがあったことを思い出し、今回も、自分の状況を山に例えてみることにしました。
 登山では必ず、地図でルートを確認して進みます。もし道に迷ったら、もと来た道を戻り、マップ上で確認できる場所まで戻るのが鉄則です。登山道を外れることは、遭難につながりかねません。
 もう何年も前になりますが、ソロで古い登山道をアタックしていた時のことです。隣の峰に入るポイントを間違え、目の前に「登山道にはないはずの」絶崖が現われました。すぐに地図で確認すると、来た道を戻ってぐるりと回り道をすればもとの登山道に戻れるのですが、その崖を上りきれば、登山道のそばに出ることができそうでした。長いルートでしたし、下山までの時間も計算していたので、「思い切ってショートカットだ!」とばかりに、その崖に取り付いたのです。その崖は岩盤がゆるく、手を掛け、足を掛けるとガラガラと崩れる最悪のコンディションでしたが、私はただ無謀に頂上を目指して熱くなっていて、ひたすら上りました。
 そして、崖を3分の2ほど、10mも上ったときです。慎重に手を掛けたはずの大岩が崩れ、ガラガラと崖下に落ちていくのを見て、私は突然恐ろしくなりました。今でもよく覚えていますが、「落ちたら死ぬ」と意識した途端、動悸が激しくなり、脂汗をかき、その崖をそれ以上上ることが、どうしてもできなかった。私はあと少しというところで、ようやく危険性を察知し「戻る」を選択したのでした。
 あとから、山仲間と同じルートを歩いたときにその話をすると、普段はやさしい先輩にずいぶん叱られました。「とらちゃん、死ぬよ!」と。そもそも、クライミングの確かな知識があれば、そんな危険な崖には絶対にトライしないのです。
 その後も、山で何度か恐い目に遭いましたが、そのたびに、いっそう安全な山登りを誓い、それを遵守してきました。装備と体力に万全を期すのも、山が好きだから、また山に上りたいから、そして自分を守るために他なりません。
 話をトレードに戻します。
 今の私の不確かな力量で、裁量性の高いトレードを目指すということは、安全なルートを外れて、懸崖を上ろうとする行為とよく似ているような気がします。うまくいけばショートカットもでき、より早く登頂することもできるかもしれませんが、一度足を踏み外せば、滑落、遭難の危険と隣り合せなのでしょう。
 気質のことを仰っていましたが、私には「危険なルートを極力排除する」という志向もあるようです。熱くなって過度のリスクテイクをするところを、ブレーキをかけてくださってありがとうございます。
 トレードレベル中級を目指す前に、このTP期間中に、まずは初級Ⅲを確実にしていきたいと思います。
 よろしくお願いします。

また長くなってしまいました…最後まで読んでいただいてありがとうございました。
 

投稿者:とらじ。 |2010年4月18日 07:36

とらじさんこんにちは~。

今回の話、とても共感したのでついコメントしに来ちゃいました。

僕もつい最近同じような体験をしました。

自分の成長を過信し、「欲」にかられて行動してしまったのです。

そのおかげでここ2ヶ月間はとても疲れました。笑

しばらく自分のトレード手法がわけわからなくなったり、精神的に辛くなったり、ラジバンダリ・・・(このネタ古い?)

そんな折、ある経済誌を立ち読みしていたら「勉強法」について書かれていました。

「記憶が完全に定着していない状態で、新たな知識を得ようとすると、それまでやっていたことをきれいに忘れてしまう」そうですよ。

脳の特徴の一つとして「ひとつの情報を完結させないうちに次の情報を取り入れてしまうと、前の情報を失ってしまう」ということがあるそうです。

これって・・・トレーダーにも通じてきそうですよね。

今自分がすべきことを明確にして、それが完全に達成できた時に次のステップへ進む・・・

この繰り返しが一番の近道なのかもしれませんね。

あ、ごめんなさい。長々と書いてしまいました

では、TP頑張ってください。

投稿者:大学生 |2010年4月19日 12:05

とらじさん

自分自身で取り組み方について結論が出せましたね。

やはり、まずは訓練でやってきたことを実践でもできるようになることを目指すのが良いでしょうね。

また、次の点を継続課題としていくことにしましょう。

・持ち合い相場や現在のトレード法では対応しにくい相場付きの見分け方を考えてください。

・キャンドルシグナルが出現していないが、ライン面から有利だと考えられるケースでは、キャンドルがシグナルよりかなり崩れていてもエントリーできるのかどうか、見極めてください。


さあ、これからTPの後半に入ります。

ライントレードではライン重視という前提はありますが、これから3カ月はキャンドルの出方に今まで以上に敏感になるようにしましょう。せっかくですから、キャンドルだけを見てもトレードできるレベルを目指してください。

それ以外に、とらじさんが今後3カ月で取り組みたいと考えている課題があれば、自己申告してください。


今後のリアルトレード報告は、今まで通りにエコのブログにコメントしてください。そして、TPのコメント欄には、1週間に1回(以上)、直近のトレードを振り返っての感想や学習した事項、今後の課題などを書いてください。

エコからは1週間に1回(以上)フィードバックを返しますね。

投稿者:エコ |2010年4月19日 13:14

エコさん

 今戻りました。
 ありがとうございます。
 引き続き、よろしくお願いします。
 
 今後取り組みたい課題は、トレードシナリオの立案です。ライン引き同様、染み込ませたいと思っています。

大学生さん

 応援ありがとうございます。
 一歩一歩着実に進んでいきたいと思います。

投稿者:とらじ。 |2010年4月19日 17:11

とらじさん

了解です。

これからは実践学習です。

ポン円くんの気持ちをくんだトレードシナリオを立案することを目指していきましょう。

今後のトレード報告はエコのブログで、学習の進ちょくは週1ペースで(もしくは逐一)TPで報告ください。

投稿者:エコ |2010年4月20日 10:18

とらじ。さん、
いよいよTP後半戦にはいるんですね。
とらじ。さんはすごいです。
本当は、「FX担当のとらじ。さん」「ママ担当のとらじ。さん」
「本職担当のとらじ。さん」「山登り担当のとらじ。さん」
何人のとらじ。さんがいるんだろう?と考えています。(笑)
ホントーすごいです。

Ryuさんや、とらじ。さんの進ちょくも
いつも楽しみにしています。
でも、Ryuさんのところへは、余談をゆるさない?
真剣なやりとりでなかなかお邪魔することはしていませんが
とらじ。さんはいっつも笑いあり涙あり?なので楽しいです。
またお邪魔します。とらじ。さん実践学習がんばってね☆

投稿者:匿名 |2010年4月20日 15:21

名前入れ忘れたっ!(>_<)

Chocoでした。

投稿者:Choco |2010年4月20日 15:22

Chocoさ~ん♪

いよいよ後半です…ガルル~。
昨日の最初のトレードは、負けました。
検証どおりのトレードで、検証どおりに負けたので、ナイス負けでした。
今日も明日も検証どおりに頑張りまーす。

一体とらじは何人いるんでしょうね~。
ポチ部のとらじとか、町内会のアイドル(笑)とらじとか、男とらじとか焼肉トラジとか? 
あ、いい加減なヤツだと思わないでくださいね~。どれも本気ですから!

投稿者:とらじ。 |2010年4月21日 15:44

もちろんです♪
いろんな「とらじ。さん」尊敬☆彡していま~す。
テキトーなヤツだと思わないでくださいね~。私も本気ですから!(笑)


投稿者:Choco |2010年4月21日 18:55

とらじさん

業務連絡です。

エコのブログで毎日のトレード報告は確認済みです。

週末の報告は、1週間の収支(勝敗数、獲得pips数)と感想などを月曜日の午前中までにアップしてもらえますか。

投稿者:エコ |2010年4月22日 20:44

エコさん

お世話になっております。
報告の件、了解です。

投稿者:とらじ。 |2010年4月23日 01:26

エコさん

お世話になっております。

《トレード報告》
7トレード5勝2敗 163pips 勝率71%

所用で検証どおりにドテンできなかったこともありましたが、まずまずの結果が残せました。

《感想》
検証をする前は、暗記したロジックどおりの実践は難しいと感じていましたが、検証後の実践は「これで負けたら仕方ない」というところで、自信を持ってエントリーできました。
2度の負けも、「これは経費(笑)」くらいのもので、ライン+キャンドルへの信頼を揺るがすような負け方ではありませんでしたし、自分としてはナイス負けです。
ふたつの仮説(仮説1:Qシグナルの○MA/TL逆張りフィルター・仮説2:ダブルシグナル)が出現している場面もあって、優位性の高いキャンドルシグナルとまではいかなくても、機能していることが確認できました。特に金曜の最後のポジションのように、強いラインで反発したQシグナルで、さらに○MA逆張りを意識してのエントリーというのは、検証前にはなかったことなので、シグナルを有効活用できたことは成果だったと思います。

投稿者:とらじ。 |2010年4月24日 06:17

反省点がひとつありました。
金曜14時30分~15時15分の下落、特に指標やニュースもないのにスルスルと下がっていったので、
「あ、この時間だし、きっとふるい落としだな」
「雲の下限で止まるかな、それともTLにタッチしに行くつもりかな」
と考えながら、建値での防御的決済を「忘れて」いました。
検証では、ひとつめの指値が約定されてからロスカット値を建値にスライドしていたのですが、ふるい落としの際には建値での防御的決済を採用していたのを、すーっかり忘れていて、「これも経費」くらいに考えながら30pipsを無駄にしてしまいました。
そういえば最近、ふるい落としって見てないな…なんてつい数日前に考えていて、相場に入っていても「ああ、きっと」と考えるくらい余裕だったのに、対処を忘れていたのが残念でした。

投稿者:とらじ。 |2010年4月24日 13:11

とらじさん

自己分析、OKです。

リアルトレードでも結果が出ていますね。

現時点では、特に助言することはありません。その調子で今週も相場と対峙してください。

投稿者:エコ |2010年4月26日 13:24

エコさん

お世話になっております。
4月26日(月)~28日(水)の3日間のデイトレの成績を報告します。

5トレード 4勝1敗 58.4pips 勝率80%

でした。

先週最大のチャンス、27日(火)の暴落は、仕事のためにチャートを離れていて確認できませんでしたが、勝率から見ればまずまずだったと思います。

投稿者:とらじ。 |2010年5月 6日 09:02

とらじさん

先週の1敗時のとらじさんの心の揺れ方が大きかったのが、非常に気に掛かっています。

リアルトレードでも検証時と同じようなパフォーマンスで推移していますから、この程度の負けで心が動かされるというのは、何らかの問題があります。

とらじさんの資金管理について見直したいと思います。

現在のトレードの資金管理はどのようにしていますか?

各回のトレードで、自己資金に対してどのような比率でポジションを立てていますか?

教本に沿ってやっているものと思っていましたので、トレード開始時には確認していませんでしが、問題があれば修正が必要かと思います。


投稿者:エコ |2010年5月 6日 16:11

エコさん

>心の揺れ方が大きかった

うっ…見抜かれてしまいました。

まず資金管理については、自己資金○○○万円、○万通貨でのトレードですので、教本で推奨されていた比率より若干低いレバレッジでトレードしていることになります。検証の勝率を考えても、ゆとりを持ってトレードできる範囲だと考えています。

ただ先週の1敗については、大きな反省点がありました。
あの時の相場はキャンドルが大きすぎたので、エントリーは見送るべきでした。検証では、長大ローソクは(ロスカット値が大きすぎるので)排除していましたので、ラインとキャンドルの形状だけを見てポジションを取ってから「失敗した!!」と思いました。エントリー前にロスカット値をきちんと計算していれば、(その前に出たロングのシグナル同様)入っていなかったポジションでした。いつも必ず、エントリーするまえにロスカット値を出しているのに…ついうっかり、です。
ライン+キャンドルに則っているとはいえ、自分的に、失敗のエントリーで黒星をつけたことが、とてもショックだったのです。
この反省は、次に生かします。

投稿者:とらじ。 |2010年5月 6日 17:31

とらじさん

なるほど、レバレッジが高いのではないかと思いましたが、そういうわけではありませんでしたね。

自分のルールが守らなかったことで、矛先を自分の心に向けたわけですか。

メンタルですね。

TP中に、自分とのより良い付き合い方を探していってください。

投稿者:エコ |2010年5月 6日 17:44

ハイレバのトレードでは、何度も痛い目を見てますので(笑)。
TP期間中は、現状程度のレバを守りたいと思っています。

投稿者:とらじ。 |2010年5月 6日 19:12

2010年5月7日(金)
昨日、1日の値幅12円超という大暴落を演じきったポン円くんは、今日も疲れ知らず、ダイナミックな値動きを展開しています。
先週の大きな1敗を反省していた私ですが、なんであんなに「痛い」負け方だったのか、今日の相場を見ていてよく分かりました。
やはり、エントリー前にロスカット値を吟味しておくことが、メンタル的な不安を払拭する良薬のようです。
今日は、FXDDチャートのストップという災難もあり、複数の口座のチャートを開いて確認作業をしてみました。キャンドルの確認やTLの引き方は、どんな口座でも「なんとかなる」ということがわかりましたし、要は、リスク管理の問題に尽きるようです。
今日のような「オール特大ローソク」の日に、どう対処したらいいのかと考えてみたら、答えは意外とシンプルでした。
「基準としたラインに値が戻ったら、迷わずロスカット」「マイナス○pipsで迷わずロスカット」と、最初に設定してみたら、気負わずエントリーすることができました。
よくよく考えてみたら、「ラインに値が戻ったらLC」って、ライントレードの基本のキでしたよね。
ラインが主、キャンドルが従。
またひとつ、悩みがそぎ落とせた気がします。
ありがとうございました。

投稿者:とらじ。 |2010年5月 7日 14:32

とらじさん

当たり前のことを当たり前にやればいいと体感できたのですね。

大きな前進だと思います。

投稿者:エコ |2010年5月 7日 15:05

エコさん

はい。
「知っている」と「できる」は全く別物ですね。
体感する、体得することの大切さを痛感している今日この頃です。

GW明けの成績は、1週間として数えるにはあまりに少ないのですが、結果は2トレード2勝 224pipsでした。

GW前の週が3日間のトレードですので、合算すれば1週間分の成績に近くなるでしょうか。

4月26日(月)~28日(水)、5月6日(木)・7日(金)(5営業日)で、

7トレード 6勝1敗 282.5pips獲得 勝率85%

でした。
今週も基本に忠実にトレードしていきたいと思います。

投稿者:とらじ。 |2010年5月10日 06:10

エコさん

お世話になっております。
5月10日(月)~14日(金)のデイトレの成績を報告します。

8トレード 5勝3敗 +181pips 勝率62%

でした。
勝てるトレードを大きな損切りで終わらせたり、シナリオに反した向きに入ってしまったりと、反省トレードの多い週でした。
今週は、内容の充実を考えたいと思います。

投稿者:とらじ。 |2010年5月17日 08:43

エコさん

お世話になっております。
今週は、シナリオメイクに沿ったトレードをすることと、ポン円くんとの対話を重視しながら相場に臨んでいます。

最近、何冊か本を読みました。
以前はトレードの本といえば、ローソク足やサイクル理論など、手法的な解説書などが多かったのですが、このところ、メンタルの本を選んで読んでいます。
松田哲さん「FXで稼ぐ人はなぜ1勝9敗でも勝つのか」
山口祐介さん「元プロ・ディーラーが明かすFX勝者の条件」
など、なるほどな~と思って読み耽りました。

エコさんおすすめの「メンタル強化ブック」があれば、
ぜひ教えていただければと思います。

それとも、エコさん、
「エコのライントレードマスタープログラム メンタル編」
を執筆してくださいませんか?(笑)

投稿者:とらじ。 |2010年5月19日 08:54

とらじさん。TPお疲れ様です^^

メンタル系の本なら「デイトレード~マーケットで勝ち続けるための発想術~」って本がおすすめですよ~。

数年前に読んだ株の本ですが、いまでもたまに読み返しています^^

エコさんではなくkeiのおすすめですが・・・(笑)

投稿者:kei |2010年5月21日 12:40

keiさん

お疲れ様です~。
ありがとうございます! さっそくネットで注文しますね。

keiさんは株もやるんですか? 年齢は○まわりも違うけど(笑)、トレードでは先輩って感じがします(笑)。
また、オススメの本があったら教えてくださ~い。

メンタルね~。
最近では、水晶塊をネックレスにして身につけています。
パワーストーンとか詳しくないんだけど。
占いは全く信じない私ですが、おまじないは好きなのです。
おまじないは、イメージトレーニングみたいなもん、だと思いません?(笑)

投稿者:とらじ。 |2010年5月25日 08:56

エコさん

お世話様でございます。
報告が遅くなりまして失礼いたしました。
毎年、梅雨の前後は体調を崩すことがあって、今年も用心しなくてはと思っていた矢先でした。
エコさんも、どうかご自愛くださいね。

では、先週のトレード結果を報告します。

5トレード5勝182.8pips

でした。
月曜、木曜の大きな、そして(後から見れば)なんとも分かりやすい場面を、見逃し・見送りしてしまったのが、残念といえば残念…。
ですが、余計な相場に手出しをしなくなったことで、負けずに済んだというのが驚きです。

21日(金)は2トレード参戦しましたが、ひとつめの指値が約定されたあと、すぐに建値まで値が切り返され、結果的に、いずれも薄利決済となりました。
決済の難しさを改めて考えさせられ、検証の結果を見直してみました。

6ヶ月間の検証では、平均ロスカット値31pips、勝ちトレードの獲得平均54.48pips(勝率73%)でした。日中のデイトレでは、1方向にトレンドが出続けることは珍しいことですので、もみ合いの後のトレンド転換など、相場に分かりやすいサインが現われたときなどは、建値まで待たずに決済を考えてもいいのかもしれない、とも思いました。
検証をもう少し見直しながら、考えてみたいと思います。

投稿者:とらじ。 |2010年5月25日 09:14

エコさんお疲れ様です。

最近つくづく思うのですが、相場は、暗闇の中を渡る丸木橋のようなものですね。命綱をつけて、よくよく目を凝らして歩いていかなければ、谷底に真っ逆さまの世界です。

以前は「この値動きについて行かなければ取り残されてしまう!」とばかりに、小さな揺れや大きな動きに動揺して、結局振り回されていましたが、この頃は「分かるところだけ取ろう」という気持ちでポン円くんとお付き合いできればいいなと思っています。

投稿者:とらじ。 |2010年5月27日 10:47

とらじ。さん、こんばんは。
やっぱりとらじ。さんが居ると
ニヤニヤしてしまいました。

エコさんもタジタジィですね?!(笑)

とらじ。さん、私もとらじさんが歩んでいるように
ロスカットの吟味と決済の仕方について悩んでいます。
いつもとらじ。さんの真似っ子をさせてもらっていますが
私も今は「分かるところだけ取ろう」と思います。
そして口座資産が億!
いつしか億万長者になりたいですね。
今日は、ノートレードですが、
明日からまた一緒によろしくお願いします。

それはそうと、日頃のとらじ。さんパワーもすごいけど
回復力もすごいですね!(笑)
早く、もりもりでよかったです♪


投稿者:Choco |2010年5月27日 18:13

エコさん

お世話になっております。
先週のトレード結果を報告します。
4トレード 4勝 299.1pips
でした。
体調もあり、トレードしない日もありましたが、
検証時を上回るラッキーな結果でした。

確率的には、そろそろ負けると思います(笑)。

投稿者:とらじ。 |2010年5月31日 05:53

ここにコメントを記入してください。エコさん

お疲れ様です。
最近、思うことがあるのです。
ラインを引いて注意深く相場を見ていると、キャンドルのシグナルは全く関係なく、時々、
「ここで超~売りたい!」
とか、
「ここではじかれたら買い」
とか、
「ここらへんで折り返すかな」とか、
直感で思い浮かぶことがあるのです。
いえ、直感ではなく、ラインのヒントやフォーメーションとか、相場からのサインがあるのだと思います。それを、ライン上で感じられるというか、それだけなのですが。
キャンドルのシグナルが出るのは数十pipsも動いてからなので、特にLDN~NYは、リスクが大きくなりすぎて見逃し、ということも多いのですが。
しかも、そういう風に思った時は大抵、その方向に動くんです。

これがライントレードなんだろうな、と、最近思います。


投稿者:とらじ。 |2010年6月 2日 18:46

エコさん

お疲れ様です。
先週のトレードを報告します。

3トレード 2勝1敗 -6pips

でした。

今週はもっと参戦したいと思います。

投稿者:とらじ。 |2010年6月 7日 04:38

第1期トレード・プラクティカムの当初期間が間もなく終了しますので、終了試問を行います。まずはとらじさんからです。

終了試問は以下の4問です。

試問は、落とすための試験ではなく、TPで学習した事項を活かして、今後自立したトレーダーとして活躍できるかどうかを確認するためのものです。

頂いた回答を基に、エコからのフィードバックおよび終了判定を行います。

TPの正式終了時には、TPおよび対象商材の感想や今後の抱負といったクロージングコメントももらいますので、まだTPを締めくくるコメントはしないでくださいね(笑)。


1)成果確認
トレードプラクティカムを始める前と現在の自分を比較して、何が変わりましたか。この期間の学習を通じて、勝つための土台ができたと思いますか?

2)自己評価および分析
現在の自分のトレードの強みと弱みを自己分析してください。

3)自己解決
自分の弱みを克服するために何が必要だと思いますか。

4)自己計画
今後はどのようなトレーダーになっていきたいですか。自分のなりたいトレーダーになるために、どのようにして研鑚を続けて行きますか。今後6カ月から1年程度の学習計画を具体的に書いてください。


回答は、6月15日(火)までにお願いしますね。

投稿者:エコ |2010年6月10日 11:40

エコさん

お世話になっております。以下に終了試問の回答を掲載します。
よろしくご査収ください。

1)成果確認

 まず技術面では、8割がた、主要なトレンドラインを引けるようになったと思います。毎朝、チャートに何種類ものラインを引いて、相場に意識されていると見られるラインを取捨選択できるようになったと感じています。以前は、エコさんのブログを見て引き直しすることが多かったのですが、実は最近はほぼ毎日、同様のラインが引けています。
クリック証券のチャートを使い始めたのも大きかったかもしれません。平行のラインを引いたり、ラインを消したりするのも早いうえ、毎朝まっさらな状態からラインを引くので、前日のラインや値動きを反芻し、その日の相場に合うラインを今一度考えるという頻度が高くなり、練習が強化されたと思います。回数を重ねることで、ライン引きを自分のものにできたというのは大きな成果でした。時間足ごとにラインを毎日引くたびに、フォーメーションも意識するようになり、大きな時間軸でのフォーメーション、日足での目標(目安)なども、ざっくりとイメージできるようになってきました。
 キャンドルシグナルについても、以前は「誤認」がけっこうあったのです。Vシグナルと認識してロングしたが、実は終値が一本前の安値を下回っていたので不成立、ということもあり、あとからチャートを見直して反省…ということもありました。また、「強い(長い)ラインのブレイクだから、キャンドルのシグナルなしでも大丈夫だろう」と、シグナル抜きでエントリーし、損失を重ねたことも過去には何度もありました。しかし今では、キャンドルシグナルがないとロスカットポイントがハッキリ分からず、エントリーが不安…というくらい、シグナルを信頼しています。
 メンタルの大きな変化は、まず検証によって自分が信頼できるルールが生まれたことで、ルールを守る意識がハッキリと芽生えたことでした。そこからさらに実践で学んだのは、実践では検証どおりには行かない、ということでした。小さな勝ちを重ねて、大きな流れに素直に乗って利益を重ねるのが検証結果でしたが、実際は、タイミングが合わず大きな波の入り口に入り損ねたり、余計な思惑がエントリーを制御し、みすみす利益を逃したりする場面もありました。そのたびに、結果的に利益を残せるトレードはどういうものなのかを考えてみました。
 たどり着いた答えは、単純ではあり、エコさんも常々指導なさっていることでもありますが、「大きく負けない」ということです。これを意識するようになって、負け方が大きく変わりました。ラインが明確に意識され、キャンドルのシグナルが出れば、次の1~2本で押し(戻り)が出ることもありますが、その後数十pipsは安定してエントリー方向に動く確立が高いです。ここで次のサポ/レジに入れた最初の指値が成立すれば、(自分のルールでは)建値に逆指値を入れるので、薄利は確実です。しかし、指値が成立せずに値が戻るような場合、はじめに設定していたロスカット値まで値が戻る場合が多く、デイトレードとしては手痛いロスカットを強いられます。こういったケースでは、正しい反発やブレイクアウトではなかった、あるいは、明確なトレンドではない、強い抵抗帯で値がもがいている、レンジ圏内である、など、いずれも、15分足のライントレードでは利益を上げにくい相場付きが多いようです。このように、ひとつめの指値が成立せず値が戻った時は、「さくっと」建値で撤退するようにしています。もちろん、その後、利益の方向に値が伸びる場合もありますが、それは自分の獲物ではなかったと思うようにしています。難しい相場で大きく負けないように細心の注意を払い、あとは、分かりやすいポイントでのヒットなりホームランなりを取れば、利益が積みあがっていくと実感できています。
 つまり、守りを重視するようになりました。両脇を固めて防御している姿勢は鈍重かもしれませんが、以前より確実に倒れなくなりました。
 トレードを始めて2年近くになりますが、トレードプラクティカムの期間は、勝つための基礎を作るうえで、大きな成果を実感できる貴重な体験でした。

2)自己評価および分析
 現在の自分の強みは、自分に合ったトレードスタイルを発見することができたことだと思っています。トレードスタイルは、15分足でのライン+キャンドル、というだけでなく、できるだけリスクを少なく、確実に勝ちを重ねていく、という決済までの一連の姿勢であると考えています。また、サブチャンネルや抵抗線(帯)などの認識は、このTP期間中に、かなり早くなったと自負しています。
 自分の弱みは、今のところ「これしかできない」ことです。60~100pipsのレンジで終始する日は、この手法では対応しきれない場合があります。ただ、ラインを引きながら注意深く相場観察を続けてきたことで、フォーメーションや「3度目の正直」の反発ポイントなど、キャンドルシグナルなど皆無の位置でも、半ば確信を持って見ているときがあり、また、そういう時はほぼ「当たる」ので、実弾を投入できるくらい精度を高めたいと思っています。多分、これがいわゆるSMポイントなんだろうなと思います。

3)自己解決
 レンジ相場で、またSMポイントで確実に振る舞えるよう、1分足・5分足のチャートの必要性を感じています。スキャルピングのためではなく、15分足チャートでの見え方に対応する補助材料として、1分・5分も見なければ、と思っています。

4)自己計画

まずは、15分足チャートを基本としたデイトレードの精度を高めていくことが重要だと思っています。TPの自己紹介にも書いたとおり、以前から負け方がヘタだと痛感しておりまして、反省材料として「1日で50~100pips超の大敗」を喫した日のチャート集を作っているくらいなのですが、大抵、ノートレンドか拡大トライアングル、またはレンジ相場のようです。このような神経質な相場付きでも「大負けしない」→「利益を残せる」トレーダーになりたいです。5分足などのチャートも参考にしながら、過去の、そして今後の負けトレードを精査し、失敗を繰り返さないように反省を重ねていきたいと思っています。
 今後の学習としては、スイングトレードとデイトレードの併行運用です。毎日デイトレードに参戦できるわけでもないので、スイングの技術も磨いていきたいと思っています。日々のトレンドが形成されていくなかで、毎日、週足・日足・4時間足…とラインを引いているうちに、「今週は○円あたりまで上がるかも」「○円までの押しもあるな」など、値動きのイメージができることがあり、そのような大きな時間足でのフォーメーションでは、大きな値幅を狙っていきたいと思っています。以前MAXシステムFXでポンド円4時間足を運用していたときは、ライントレードや裁量トレードということをまったく考えていませんでしたが、15分足でライントレードの基本を学んだ今では、スイングでもトレンドラインがしっかりと意識され、ライントレードが機能しているということを肌で感じています。4時間足と15分足の過去チャートの検証をすすめながら、今後の相場に生かしたいと思っています。4時間足での方向性を見ることは、15分足のデイトレでも非常に有効なので、デイトレの精度をアップする上でも役立つのではと考えています。

 長くなってしまいました。通読ありがとうございました。

投稿者:とらじ。 |2010年6月12日 15:03

とらじさん

報告お疲れさまでした。

1-4までの報告内容を吟味した後、終了判定を出させて頂きますね。


1)成果確認

わずか5カ月の期間で、著しい成果が得られましたね。

検証の重要性や大きく負けないことの重要性が腑に落ちたことも今後のトレードの拠り所になると思います。

2)自己評価および分析

TP中に身に付けた自分自身のトレードスタイルを強みと感じられること、そして、実践ですでに成果が出ていることは、非常に心強いですね。

これしかできないことは、レトリックとしては「弱み」とも言えますが、エコはそうは思いません。

現在のラインとキャンドルのアプローチだけでも、勝てます。

それ以外のことは、単にまだ習得していないだけのことです。

3、4)自己解決および自己計画

 今後の学習課題として、とらじさんはスイングトレードとデイトレードの併行運用を挙げていますね。

1分足・5分足を加味したトレードによって、現在のアプローチでは取りにくい相場でも取れるようになることも残された課題ということですね。

本業も忙しいときが多いようですから、まずはスイングトレードへの応用ができるようになるのが良いでしょうね。現在のアプローチにライントレード教本の基本をしっかり適用すれば、スイングトレードはさほど難しく感じないだろうと思います。

ただし、十分な期間の検証は絶対にしてください。ポンド円なら少なくとも2006年から検証し、勝てることが分かってからリアルトレードに入るべきです。

それでは、いよいよとらじさんのTP終了判定になります。

○TP終了判定 → 終了

おめでとうございます!

6月末でTPを終了して頂きます。

とらじさんは、検証課題にじっくり取り組んだことで、現在の相場の値動きパターンに習熟し、ラインとキャンドルの適用方法をしっかり学びとったと思います。

TP開始時にとらじさんを初級者Iの後半と評価しましたが、現在はトータルの相場力では初級者IIIの中頃に達してます。

ライン+キャンドルの手法だけに限れば、常勝トレーダーの仲間入りをする中級の入口にまで差し掛かっていると見ています。

TP期間中に、一気に2段階の実力向上を遂げたことになりますね。

現在のとらじさんの稼ぎ力を評価すると、検証時に学んだアプローチでトレードするのであれば、ポンド円相場では1年のうち10ヶ月以上はプラスにできる実力は身についていると思います。

ライン+キャンドルのアプローチで通すのであれば、今後難しい相場がやってきても、どのように対応すればよいかアイデアも出るでしょう。

従って、今後もライン+キャンドルでやっていくなら、勝てます。

ただし、それ以外のアプローチを取るようになると、成績にブレが生じる余地があります。

自分が身に付けたトレードが何なのかを忘れずに、+αのトレードをするときは、自分が今何をやっているのかはっきり区別することが大事です。


○今後のアドバイス

デイトレードの力をつけながら、スイングトレードへの応用を学習するので良いと思います。

SMトレードに進む場合は、15分足と同じくらいの量の過去検証をしましょう。

十分な用意なしに超短期トレードに進むと、リズムが崩れて15分足トレードの調子も崩す恐れがありますから、必ず十分な量の検証をしましょう。

その時間が取れない場合は、デイトレード+スイングトレードを極める方が無難です。

さて、とらじさん

前述したように、すでにとらじさんは技術的にはライン+キャンドルで勝ち続けられるレベルにありますが、今後用心しなければならないのはメンタル面です。

TP期間中およびその前からのトレード報告を通じて、とらじさんは、目の前の物事が思い通りに行かないときにモチベーションが著しく下がることがときとしてあったと思います。

おそらく、トレードだけではなく、体調的なことやその他のことの不調も重なってのことだと思いますが、そのようなときは、非常に近視眼的なものの見方をしがちになっていますので要注意です。

現在のライン+キャンドルのトレード力は、10人に1人程度のレベルに達していますので、何ら悲観的に考えるような要素はありません。

不調な時期がやってきても、検証を通じて対応法を考えられるレベルにありますので、感情に左右されずに、培った実力を信じて、今後の難しい局面も乗り切っていって欲しいと思います。

なお、先に言っておきますが、これから多少の連敗等はあるかもしれませんが、本物の「スランプ」が来るのはまだ先です(笑)。

まだまだ今までと同じ学習方法で実力を向上できますので、さらに上を目指していきましょう。


エコからの現時点でのアドバイスは以上です。

とらじさんからその他の感想や言っておきたいこと、聞いておきたいことなどがあれば、自由に書いてくださいね。

6月末には、ブログ上で終了証を出しますね。

投稿者:エコ |2010年6月14日 10:45

エコさん

本当にありがとうございます。

まだまだ未熟な部分だらけで、自分の不器用さを再確認しつつ日々の相場と向き合ってきたのですが、それでも不思議と、チャートの流れを感じることができるようになってきたのは、エコさんの毎日の指導と、応援くださった皆さんのおかげだと思っています。

今後も日々努力し、たくさんの失敗をくり返しながら、相場に相対していきたいと思います。

これからも、よろしくお願いします。

投稿者:匿名 |2010年6月14日 17:03

とらじ。さん

お隣に居りながら、ご無沙汰してました。
こちらも無事終了判定をいただきました。まあ、やっと最低限の道具を自作して、山のとば口に立てたといったところでしょうか。

終了試問の順番がとらじ。さんの方が早かったのは、僕に対するエコさんの気遣いだったのかもしれないと最初に思いました。とらじ。さんのよく見て、不足なく書けよ、と。しかし、それでも再提出させられちゃいました(苦笑)。

お、今新幹線の窓から巨大なガンダムが見えました。10M以上の高さです。ガンダムといえば、あの人を思い出しますね。今も高速をぶっとぶっ飛ばしているのでしょうか。

伝説のあの人も面白かったけど、とらじ。さんとエコさんのコミュニケーション、いい感じにメインのブログを活気づけていますね。これからも楽しませてください。

とりいそぎ、ご挨拶まで。

投稿者:Ryu |2010年6月21日 15:55

コメントを投稿する





 

エコのライントレードマスタープログラム+キャンドルスティックFX とらじさんのTP 2月第2-3週 | JunのI Love FX情報商材

エコのライントレードマスタープログラム+キャンドルスティックFX とらじさんのTP 2月第2-3週

エコのライントレードマスタープログラム+キャンドルスティックFX とらじさんのTP 2月第2-3週

プロトレーダーエコのFXライントレードマスタープログラム

キャンドルスティックFX

エコのライントレードマスタープログラム+キャンドルスティックFXのトレード・プラクティカム(以下ではTPといいます)をスタートします。

初回は訓練生の1人目、とらじさんからの自己紹介文を掲載します。

・・・・

FX歴1年半のとらじ。です。
北国でフリーライターを営む「年女(←ご想像におまかせ)」です。
時々、エコさんのブログ内で、愛犬「ポチ」とお散歩しています(笑)。

・トレードレベル

ライン教本は初級者Ⅰ~Ⅱレベル、キャンドルスティックは、ローソクのサインは理解しており、ライン際での判断に使っています。フィルターは今まで意識してきませんでしたが、一応「見て分かる」程度までのブラッシュアップを済ませました。この1年半の月ベースでの成績は+300~-900pips。負け方がヘタだと痛感しています。

・意気込み

最初の頃は「必勝システムトレード」や「必勝シグナル配信」を血眼になって探していましたが、エコさんのブログに出合い、裁量の実力を養うことが相場で生き残る最善策だと気付きました。今回のトレード・プラクティカムに参加できたことは、千載一遇のチャンス! 「人生を変える」半年間にしたいと思っています。よろしくお願いします。

とらじ


・・・・

自己紹介ありがとうございました。

とらじさんは、コメント欄にもかなりのトレード報告をしてくれていますので、エコも現時点でのトレードレベルを把握できています。

現在の実力は、自己分析の通り、ライントレードのレベルで言えば、教本に書いてある初級者Iの後半あたりと見ています。上手に1日を切り抜けられる日もありますが、まだトータルの力では初級者IIに届きそうで届かないレベルです。

ここから初級者IIレベルにしっかり乗るためには、トレードの基本の「型」を身につけ、予想外の動きがあってもとりあえず対応できる安定性が望まれます。

そして、今回はキャンドルスティックFXのロジックも積極的に取り入れることでライントレードの判断の精度を高めていきますので、キャンドルの出方にも敏感になってもらいます。

主要なトレードポイントで出現したキャンドルスティックのシグナルおよびシグナル崩れをどうすれば効率良くライントレードで利用できるか極めてもらいたいと思います。

さて、これから当面の学習計画を立てたいと思います。

とらじさんは、今はどのようにしてトレードの「学習」をしていますか。あるいは、今後どのように学習をしていけばよいかアイデアはありますか。なければないでOKですので、まずここまでを回答してもらえますか。

今後のやりとりは、基本的にすべてコメント欄を通じて行います。

エコのライントレードマスタープログラムのレビューへ
本邦初の総合的なライントレード教本


エコのキャンドルスティックFXのレビューへ
エントリー/決済の判断に使える強いキャンドルを学習できる総合商材

  皆さんの応援がモチベーションの源です!! ⇒FX情報商材

コメント (109)

こっちにも初コメントしちゃいます。

とらじさん、いろいろなプレッシャーがあるかと思いますが、私も含めてみんな応援してます!頑張ってくださいね!

わたしもここでいっぱい勉強させていたただきますので・・

ファイトー・・いっぱーつっ

投稿者:ギャオス |2010年2月 8日 16:07

こんにちは。お待たせしまして申し訳ございませんでした。さっそくですが、宜しくお願いいたします。

★学習の報告
では、現時点におけるトレードの「学習」の報告をいたします。
まずはロジックの暗記ですが、エコさんのライントレード教本、MAXさんのキャンドルスティックFXをそれぞれ要約、チャート形状、ローソク形状などの書き写しをA6サイズのノートにまとめ、常に持ち歩いては空き時間に読み返しています。ラインを引く練習はここ3ヵ月の平日はほぼ毎日繰り返し、日足ローソク足の手書きの課題は、購入後に終了しています。
毎日のトレードでは、毎朝6時前後のチャートをプリントアウトしてラインを引き、エコさんのブログ更新をチェックしたところで「答え合わせ」、1日が終わると、ふたたびチャートをプリントアウトしてトレードのトレードのエントリ・エグジットの反省点・改善点を洗い出してメモする、という状況です。

★今後の学習方法
現状では15分足のラインを見ながら、15分足のキャンドルを検証していませんでしたので、エコさんの1年分の過去ログで拾えるラインとの絡みを拾いながら、過去の15分足のローソク足のサイン、また、フィルターの機能をチェックしてみたいと思います。

投稿者:とらじ。 |2010年2月 8日 17:35

はい。報告を読むと、スタンダードな学習プロセスを踏んできたと思います。

>15分足のラインを見ながら、15分足のキャンドルを検証していませんでしたので、エコさんの1年分の過去ログで拾えるラインとの絡みを拾いながら、過去の15分足のローソク足のサイン、また、フィルターの機能をチェックしてみたいと思います。

OKです。この検証をまずはやっていきましょう。

キャンドルスティックのフィルター付近でシグナルが出現すると同時に、ラインとキャンドルが絡んだとき、どのような作用があるのか、15分足で見極めていきましょう。

重視する順番は、

1)ラインとの絡み
2)シグナルを始めとするキャンドル形状
3)キャンドルスティックのフィルター

ライントレードは、あくまでもキャンドルは補足的な役割になります。しかし、極めれば、相当な精度アップが図れます。

1)と2)のコンビネーションを極めるだけでも十分戦えますが、3)「フィルター」をトレード判断に加えた方がいい場合がときにはあります。そのようなケースが1年間だけの検証で見つかるかどうかは分かりませんが、1つでもフィルターの使い方が見つかればしめたものです。

なお、キャンドルのシグナルは、どのような局面で出現したかを理解することが大事です。

ラインとの絡み方
ラインとの距離
直近の相場の値動きや値幅

などから、局面の違いを見る癖をつけてください。

この検証を1年間やるだけでも、かなり見る目ができてきますので、知らず知らずのうちに基礎力はつくでしょう。

そして、この学習をしながら、毎日の相場での実践学習をしていきましょう。

まだ初級IからIIへ上がる段階ですから、とらじさんのリアルトレードはかなりおおらかに見ていくつもりです。

これからは1つ1つの失敗が糧となっていきますが、負けトレードが発生したら、その負けが回避可能であったかどうかは必ず復習しましょう。

あまり同じ所で何度もつまづくようなら具体的な助言をしますが、自分で間違いを直していくことが大事ですので、軽い怪我ならエコは放っておくつもりです(笑)。

このプロセスの繰り返しで、初級IIまでは余裕で上がれるはずです。

頑張ってください。


さて、初期アドバイスは以上ですが、早速確認です。。。エコブログのコメントにある今日の16:45はQシグナルということでショートしたのでしょうか。。。と書いたところで、とらじさんが先回りして言い訳を書いてくれましたね(笑)。

はい。そのようにして自己分析して、学んでいくことが大事です。今の適度な緊張感とモチベーションを維持してやっていきましょう。

投稿者:エコ |2010年2月 8日 18:10

ありがとうございます。さっそく検証をしていきたいと思います。

ちなみに、Qシグナルは、決済の目安、あるいは、ラインやオシレーターをチェックしつつ、ドテンの要素のひとつとして数えることはありますが、Qシグナルオンリーでエントリーすることはまずないです。
…ということに、指摘されて気付きました。
「あぁ、そういえば…」という感じです。

投稿者:とらじ。 |2010年2月 8日 20:35

>ギャオスさん

UTェTU ウルウル
ありがとうございます~~。
ポチ部の部活は、ギャオスさんにお任せしますから!

リポDのCM、勝野洋さん出てましたねぇ…って、知ってる人います~?

投稿者:とらじ。 |2010年2月 8日 20:47

おはようございます。

検証を始めるにあたって、自分でラインを引くと、ライン引きの精度が問題になるので、エコさんの引いたラインを参考にしていきたいと思います。

まずはエコさんのブログに貼られた最初のチャート、2009年2月2日のチャートをチェックし、FXDDの同日のチャートをプリントアウトしました。FXDDのチャートはスミ一色(モノクロ)でプリントされるので、MAが分かりやすいように蛍光ペンで色分けし、エコさんのラインを手書きで入れ、この日出現したキャンドルが、ラインと、またフィルターと、どのように
絡んでいるかを見ながら書き込んでいきます。
これで、ライン引きの練習にもなります(o^-^o)

と、手探りでここまで準備したんですが、これをざっと1年分、土日祝・年末年始を除くチャート(230日程度?)を、仕事の合間、または夜間に時間を作って総チェックとなると、1日2枚のペースで約4ヵ月、1日3枚のペースで2ヵ月半かかる計算になります。
随時報告を入れていきますね。


投稿者:とらじ。 |2010年2月 9日 11:00

はい。理想は1年間の検証ですが、今回は去年の7月からの検証にしましょう。15分足なら、この程度の期間のライン確認でも、大抵の値動き特性は掴めるはずですから。

このチャート集はとらじさんの宝物になりますよ。

投稿者:エコ |2010年2月 9日 11:29

半年間ですね。了解です。

宝物…そうですよねっ!

チャートをプリントする紙を、「裏紙」リサイクルでエコしようと思ってたんですが、真新しいコピー用紙を使うことにします(笑)。

投稿者:とらじ。 |2010年2月 9日 13:06

検証は、ラインとキャンドルがよく機能する時間帯として、日本時間7時~25時(夏時間は6時~24時)でいいでしょうか。
深夜~早朝も見てみるほうがいいですか? 

投稿者:とらじ。 |2010年2月 9日 15:00

はい。7-25を最長時間と考えて、検証は自分が実際にトレードする時間帯に絞って良いと思います。

投稿者:エコ |2010年2月 9日 15:31

今日は久々の?トレード終了なのでとらじさぁん・・・
にあいにきたエコラー。。です。

検証作業お疲れ様です。
自分も負けずに頑張ります。

とらじさんの頑張ってる姿は
とても励みになります。
よって私もここで勉強させていただきます(笑)

えっ?ポチですか?ちゃぁんと
忙しいとらじさんの
分まで(笑)可愛がってきましたよ!

投稿者:エコラー。。 |2010年2月 9日 19:41

おはようございます。
検証は、昨日の午後でやっと2日分…ラインとの絡みを中心に足の動きを見ていこうと思っていたんですが、結局、決済のポイントや収支まで見ていこうとすると、数字まで丹念に拾っていくことになってしまっています。慣れればもう少しスピードアップできるかしら…。

>エコラー。。さん
U◕ฺܫฺ◕ฺUキューン
いつもポチがお世話になってまーす♪
さっき、ポチは元気かしらと様子を見に行ったら、31位までランクアップしてました。
よーしよしよし!(←ムツゴロウ風) 

投稿者:とらじ。 |2010年2月10日 06:01

とらじ。さんはじめまして、junです(*^-^*)
よろしくお願いします!


TP、お疲れ様です゚☆.。.:*・
何度読んでも、とらじさんの学ばれる姿勢、素晴らしいですね(*^ー゚)b
検証、がんばってください!かげながら応援しています!


エコさんは今日、明日とお休みなのですが、
いただいたコメント、UPさせてもらいました。

エコさんが帰ってきたら
またビシビシッと、チェックが入ると思いますのでヾ(*^▽^*)o

投稿者:匿名 |2010年2月10日 17:00

>Junさん

はじめましてと言いますかいつもお世話になっておりますと言いますか。応援ありがとうございますm(_ _)m

皆さんからありがたい声をいただいて、本当に心強いです。
こんな検証も、ひとりではできなかったと思います。今回、TPという大きな機会をいただいて、怖いもの知らずで飛びこんでしまいましたが…実は怖いです(あれ?)。

近道をしようとして道に迷っていたので、今は「急がば回れ」と唱えつつ、やれるだけのことをしてみようという気持ちです。これからも宜しくお願いいたします♪

今日は7月上旬、9日まで検証をしたのですが、すごい数字が出ています~。日足を見ると、確かに、トレンドが分かりやすい時期ではあるようですが…私の苦手な持合いでどうなっていくのか、これからまたじっくり時間をかけたいと思います。

投稿者:とらじ。 |2010年2月10日 17:26

とらじさん

中間報告ありがとうございます。

近道をしようとして、じっくりTPの遠回りを選んだわけですね(笑)。

相当いい数字がでていそうですね。週明けまでに具体的な数字込みの中間報告をお待ちしてますね。

投稿者:エコ |2010年2月12日 16:13

はじめまして オラウータンです

MAの太さを変えてからプリントアウトすると
少しだけラクになるかもしれませんよ

とらじさん ファイト!

投稿者:オラウータン |2010年2月14日 16:08

エコさん、皆さん、おガオーございます。
実はこの不肖・寅次め、鬼の霍乱が如く、風邪など引いておりました。
先週に進捗状況を報告した時点からたいして前進していないのですが、とりあえず7月1日~14日までの半月(実質10日間)の検証結果を報告いたしますね。
ちなみにこの10日間の相場は、160円から148円台までガッツリ下落し、ダブルボトムをつけて戻ろうかという顔つきです。


検証したのは日本時間の6時~24時。条件としては、デイトレードとして8時~18時の10時間を観察時間とし、ライントレード+キャンドルの基本ルールでのトレードを検証。ライン越えとキャンドルのサインが同時に成立しなかった場合は、ローソク2本までのズレを許容しています。18時以降は新規のエントリーをせず、決済のみ行うこととしています。
決済ですが、利益確定は支持線・抵抗線を基準とした3分割決済を採用(獲得pips数は、ワントレード分割決済における平均値を算出)。損益確定はキャンドルのロスカット値ではなく、エントリーを判断したライン割れの確定でのロスカットとしています。


さて、その検証結果ですが…

  19戦15勝4敗 +827pips

>ぅぇぇえ~~っ! マジッ!?
と叫びたくなるような数字ですね(笑)。
10日間で、デイトレードをトータルで負けた日はわずか1日でした。

ラインを越え、キャンドルのサインが確定しても、キャンドルのフィルターにかからないことが期間内に2度あり、そこはエントリーをスルーしましたが、いずれもロスカットに終わっていますので、無駄な損失を回避できたことになります。

また、ロンドン時間のふるい落としなど、相場の急変に関しては(実際この10日間にも、ふるい落としらしいローソクが観察できました)、●●での防御的決済を行っています。ので、中・上級者の皆さんで、相場の勢いを読みつつイロイロ(即時決済+即ドテンなど)デキル方、キャンドルのサインが崩れていてもオシレーターでエントリーを判断できる方(ライン越えキャンドルサインなしで大きな値動きになったことが1回ありました)、ニューヨーク時間まで粘れる方などは、あと200pips以上は取れるのではないかと思われます♪

「とらじーっ! 早よ終わらせんかい!!」とご立腹の皆さんも、今しばらくお待ちくださいませ。


>オラウータンさん

はじめまして!
応援&アドバイス、ありがとうございます φUo・ェ・oUφポッ!
皆さんにこうして気にしていただけるだけで、元気が出てきます。

MT4のチャート、やっと「蛍光ペン」から脱出できそうです。
「MAXシステムFX」のテンプレートに一目均衡表などを表示しているため、●●MA(太線)、●MA(中太線)はいいのですが、●MAと雲の基準線やら転換線やら(画面では非表示にしていても印刷には出るのです…)BBMAやらの「細実線」が区別しにくかったのです。
が、だいーぶ慣れてきました。徐々にスピードアップしていきまーす♪

投稿者:とらじ。 |2010年2月15日 10:08

>オラウータンさん

MAXのテンプレートをいじって、MAの太さを極太線から使ってみたら、モノクロ印刷でもすっごーく見やすくなりました!
ありがとうございますm(_ _)m 

投稿者:とらじ。 |2010年2月15日 11:11

とらじさん、お疲れさま

オラウータンさん、情報提供ありがとうございます。


半月だけの検証ですが、目を見張るような数字が出ていますね。

実はこれは想定されていたことなんです。

ラインとキャンドルシグナルの組み合わせで一貫してトレードを継続すれば、ボラがある時期は、たとえ腕がなくても!、怖くなるほど利益がでます。

しかし、ボラが低くなったとき、および、直近相場と動きが変わったときの対応で、利益をさらに伸ばすか、利益を減らすかが分かれてきます。

10月から12月の相場をどう逃げ切るかが検証後半での課題にはなるでしょう。

まだまだ事例数が少ないので、今の時点では実際に運用する際の確定ルールを作る段階ではありません。

今の時点では、勝ちやすいパターンをしっかり頭に入れることが大事です。

それと、より良いトレードをするにはどうしたらいいかも考えながら、このまま検証を続けてください。

この調子で、1週間後までにまたパフォーマンスの報告をお願いしますね。


投稿者:エコ |2010年2月15日 13:44

エコさん、おはようございます。

その後7営業日を観察し、いずれも50~100pips程度という結果が出てますが、その検証の基本的な作法にちょっと疑問が湧いてきたのです。
今回はあくまでも「ラインが主、キャンドルが従」という検証ですので、これまで、ラインを抜けても、キャンドルのサインが成立しない場合はスルーしてきました。
ところが、ある日の相場で、早朝にキャンドルの買いサインが出たあと数本後に、キャンドルサインが崩れたままトレンドラインを突破し、そのままラインと絡むことなく100pips以上の上昇を描いているという日がありました。トライアングル、フラッグなどのフォーメーションは出ていますが、ところどころに絡むキャンドルがみな崩れているので、今回の「ライン+キャンドル」(8時~18時)という条件であれば0戦0勝になってしまうのです。さあ、どうしたものでしょう…と。
今回の検証の場合、これは「0戦0勝」という数え方でいいんですよね。
もったいない…(笑)実戦ルールを考える際に、ポイントのひとつにしたいと思います。

それから、あのぅ…もうひとつ微妙な質問なんですが。
Chocoさん=「うら若き女性」というのは、裏を返せば、

とらじ。=「中年女性」

…という対比を持ち出したかったのでしょーかっ!?
ヽ(*≧ε≦*)φ
あ、他意はないです。自主ツッコミ入れておきたくて(笑)
これからは、リポDネタを振られたらケインって答えよう。
でも中年は響きが悪いなー。熟女ってことにしておこうかなっ。

投稿者:とらじ |2010年2月16日 09:54

>ある日の相場で、早朝にキャンドルの買いサインが出たあと数本後に、キャンドルサインが崩れたままトレンドラインを突破し、そのままラインと絡むことなく100pips以上の上昇を描いているという日がありました。トライアングル、フラッグなどのフォーメーションは出ていますが、ところどころに絡むキャンドルがみな崩れているので、今回の「ライン+キャンドル」(8時~18時)という条件であれば0戦0勝になってしまうのです。

はい、基本的にこうなります。

現在のトレード方法で取りこぼすケースや憤死するケースをどのように修正するかも重要ですが、十分な事例数がなければ対応法を決めてはいけません。

今の段階では、このようなケースがあった。。。これに対して、このように対処すれば、このようになった。。。というように、「後日ルールを追加する可能性がある事例」として書き出しておいてください。

同様のケースが幾つか集まった時点で、とらじさんの対応法を決めることにしましょう。


さて、さすが北国のライター、うら若き女性という言葉を深読みしましたね!

これはねえ、前回のメルマガでも似たような事例を書きましたが、比較対称ではなく、絶対評価で書いているんですよね(笑)。

とらじさんの自爆・自白はこれからも大歓迎ですよ(笑)。

投稿者:エコ |2010年2月16日 13:12

エコさんおはようございます。

キャンドルスティックFX改訂版を、取り急ぎ流し読みしました。
で、119ページ「特殊な準●シグナル」を見て、思わず「これやわぁ!」
もしかすると、ライン際キャンドル崩れの問題が、少し解決するかもしれません。

それから、自爆・自白って…(笑)。
ライターとして芸歴長いので、いろいろ見たり読んだり、人よりはちょっと昔のことも知ってはいるかなという程度なんですけど…。

…んもう。まあ、いいです。
真実は闇に葬り去ってしまうほうがいいときもありますものね。

投稿者:とらじ。 |2010年2月17日 11:01

エコさん、ギャラリーの皆さん、お疲れ様です。
2009年7月の検証を終了しましたのでご報告いたしますね。

検証ルールは上記の通り。

結果は、39戦30勝9敗(勝率76.9%)1484Pips 
プロフィットファクター6.006

w(°0°)w オォー

ラインは、エコさんがブログで毎朝更新したラインを基本に、日中のトレンドに合わせて適宜引いています。
フォーメーションも参考にはしていますが、基本的には、「ライン越え・ライン割れ」で正規のキャンドルサインが出た場合のみのエントリーとなります。

次は8月に行きまーす。

投稿者:とらじ。 |2010年2月17日 15:16

いい数字が出ましたね。

これからは取りこぼしと思えるようなケースも目立ってくると思います。

まだまだ始まったばかりです。

問題意識を持ちつつ、検証事例数を増やしていきましょう。

投稿者:エコ |2010年2月17日 20:40

了解です。ありがとうございます。
PF6は、「このままでは済まされまいぞ」というオーラさえ放っているように見えますので、これからどうなるか、丹念に検証していきたいと思います。

投稿者:とらじ。 |2010年2月17日 23:55

冒頭の自己紹介、イージーにもほどがある。と反省しておりまして。

だって、Ryuさんはカッコいいし、Chocoさんは清純そのものだし、とらじ、ライターって割にイケてないなぁ~と。

今夜は本職で残業中なので、気分転換にひとりごちてみたいと思います。

2009年7月30日のコメント欄を読んで、本当に「私が本職で1人前になったのはいつだったかしら」と考えてしまいました。
若さと体力と勘違いで、バリバリと仕事をこなしていた20代。でもある日、苦手な分野の仕事(たしか、地元の歴史的建造物の浮き沈みをドラマティックに紹介するような原稿)を、それこそウンウンうなりながら、頭を掻きむしりながら仕上げたんですね。そしたらその数ヵ月後、敏腕編集長と出かけた地酒バーのカウンターで、升酒に酔ったついでに、初めてお褒めの言葉をいただいて。今思えば、ワンフレーズまで悩み抜いたあの「産みの苦しみ」があったからこそ、今まで踏ん張ってこれたのかもしれないなと思うのです。
改めて、こうしてTPに参加させていただいている意味を考えつつ。
数年後に、「あのときがターニングポイントだった」と思い起こすことができるよう。
エコさんの温かい叱咤激励、そして皆さんの声を励みに、滋味豊かな6ヶ月間にしたいと思っております。

投稿者:とらじ。 |2010年2月18日 01:17

ツイッター風に~

ライン+キャンドルで相場を観察するようになったら、リアルトレードで「指値してお出かけ」が怖くてできません。たとえばライン際でもみ合っていて、オシレーターも上向いてきているとして、「えーい、ロングして仕事行こう!」(注:それは以前の私)なんてことが「ありえない!」ということに気付きました。これも進歩かしら。

投稿者:とらじ。 |2010年2月19日 12:15

とらじさん

はい、それは明らかな進歩です。

OCOを入れて外出できるのはシステムトレードだけです。

例外的に1日の最終トレードや、利益が十分に乗っているときなどは、エコもOCOを使いますが、OCO放置プレーをやっているうちは裁量ではまず勝てるようにならないと思った方がいいです。

投稿者:匿名 |2010年2月19日 13:15

以前はこの「PC釘付け」になってしまう状況が辛かったのですが、今は、気まぐれなポン君の姿をじっと見つめて♡トレードしていきたいと思います♪

投稿者:とらじ。 |2010年2月19日 15:32

エコさんおはようございます。
まずは、8月3日(月)~7日(金)1週間の検証結果をご報告します。
この週を日足で見ると、160円台の高値から下降トレンドラインを形成していく過程で、すでに週後半は日中のボラが低いです。

5営業日の結果は
11戦9勝2敗 +362pips

です。深夜に大きな動きが多いのですが、日中も丁寧にトレードすればプラスに終われています。

ところで、翌週はエコさんが夏休みなんですね。
エコさんが朝に更新したチャートのラインを元に検証しているので、8月の検証は、翌週17日(月)からにします。

ライン+キャンドルのサインにしたがって検証した後の、エコさんのコメント欄でのトレード報告をじっくり読んで、またまた参考になってしまうのです。
一粒で2度おいしい検証です♪

投稿者:とらじ。 |2010年2月22日 10:57

お疲れ様です。続いて、8月17日(月)~21日(金)の5営業日です。

8戦6勝1敗1分
+509pips

です。

検証のスピードが上ってきたところで、エコさんの「サポ/レジ」の引き方が見えてきました。テキストでは当然説明されていましたが、自分で手を動かして確認すると「身につく」という感じがしています。
今まで、ちょっと迷う日があったので、うれしい~♡

3分割決済ですが、ロング/ショートそれぞれの方向のサポ/レジにひとつずつ指値をしていき(次のサポ/レジが100pips以上離れている場合は心理的節目を採用)、ひとつめの指値が約定したら、逆指値を建値にスライドしています。

投稿者:とらじ。 |2010年2月22日 15:15

とらじ。さん、おはようございます。
Chocoです、はじめてお邪魔します。

とらじ。さんのページを覗くと
検証作業もどんどん進んでいるので
私も、やらなくちゃ!といった感じです。

とらじ。さん、
私もこの手法↓まねさせてください!

まずはエコさんのブログに貼られた最初のチャートをチェックし
FXDDの同日のチャートをプリントアウトする。
それから、エコさんのラインを手書きでいれる。


ぜひ、私もやってみたいと思います。
昨日、とらじ。さんが


>エコさんの「サポ/レジ」の引き方が見えてきました。
>テキストでは当然説明されていましたが、
>自分で手を動かして確認すると「身につく」という感じがしています。

こんなことを言ってたので
私も、体得したいと思いました。
やっぱり、エコさんのチャートを参考にしながら・・・と
思っていたんですが、頼りにしすぎてしまって
いざ、一人で引こう!と思ってもなかなか
手が動きません。


実は、了解を得る前に
すでに昨日から実践していま~す。(>_<)

それから、私のこと「中年女性」と噂されてました~(笑)
たしかに、「うら若き女性」ではないのですが
今だ「中年女性」と呼ばれたことはなかったので新鮮でした!
自覚症状がないって怖いですね。


では、これからもいろいろ
参考にさせてもらいたいと思いますので
よろしくお願いします。


お邪魔しました。

Choco


投稿者:匿名 |2010年2月23日 10:32

>Chocoさん

>私のこと「中年女性」と噂されてました~(笑)

ええっと、それは誤解です(汗)。
例の「微妙な質問」を詳しく解説しますと~。

Chocoさん=「うら若き女性」というのは、裏を返せば(←その真意は)
とらじ。=「中年女性」って言いたいのでしょうか?

という解釈でお願いしたかったのですがー(笑)

「中年女性」と噂されている(というか、私が勝手に皆さんのあげあし取りをして喜んでいる)のは、とらじの方ですよ(笑)。
今のところ満場一致で、Chocoさん=「うら若き女性」という設定ですので、ぜひChocoさんは安心して、その路線でお願いします(((爆)))

ところで…
FXDDのチャートが固まってしまいました
UTェTU クゥーン
復帰させるにはダウンロードしなおすしかないのかしら…。

投稿者:とらじ。 |2010年2月23日 22:46

お世話になっております。とらじです。
取り急ぎ、8月24日(月)~31日(月)までの6営業日の検証結果を報告します。

10戦7勝3敗 +93pips です。

8月分トータルでの結果は、計算次第書き込みします。

投稿者:とらじ。 |2010年2月26日 16:52

お疲れ様です。
電卓をたたくとミスがでそうなのと、計算値を後から見やすく比較したいと思い、Excelでシートを作って、7月・8月分の数値を計算しなおしてみました。
それから、検証を始めてすぐ(7月上旬)の分について、検証のルールが揺れている部分があったので、一部見直しました。

するとどうなったかというと

7月 38戦29勝9敗   獲得1452pips PF=6.78 勝率76%
8月 29戦22勝5敗2分 獲得964pips  PF=4.61 勝率75%

となりました。

8月も、「ライン+キャンドル(8時~18時)」では入れないトレンドがいくつかあるので、とりあえず付箋を貼っています。

毎日の相場では、検証どおりにいかないことも多く、自分の未熟さに歯がゆい思いです。一日の相場を見直したとき、たとえライン+キャンドルのサインを満たしていても「これは回避できた」と思うエントリーがあると、もっと広角のレンズが欲しいと思えてきます。

投稿者:とらじ。 |2010年2月27日 04:05

(エコのブログの金曜日のコメント欄でのとらじさんの報告に対するフィードバックです)

とらじさん

月曜から木曜までの利益を金曜日で吹っ飛ばして、相当落胆されたようですね。

週末はリフレッシュして帰ってきたとの報告もこっそり受けていますので、ひと安心ではありますが、この時点で1つエコからアドバイスをしておかないといけませんね。

FXの向き不向きということについて私信で書かれていましたので、そのようなものがあるのかどうかをお答えるすると、あるにはあります。

FXに向かない人、というかなかなか勝てるようにならない人は、努力ができない人、依存心が強い人、プライドが高い(高すぎる)人などです。

このような性質は、厳しく自己評価すれば、多くの人が持っているものと思いますが、これらの性質が強すぎると、なかなか勝てるようになりません。

とらじさんの場合、どの性質も特段に強いわけではないと思います。

従って、資質的には、FXに向いていないということはありません。

しかし、現時点で認識を新たにしておかなければならないことは、とらじさんは自己イメージと実際の実力とが一致していないということです。

とらじさんの実力は初級Iレベルです。まだはっきりと初級IIレベルには乗っていないのです。

このレベルでは、勝てる日もあれば負ける日もあるのが普通です。

従って、金曜日に大きく負けたのも、今の実力ではごく自然なことですから、起こったことをありのままに受け入れる必要があります。

その際に、自分の普段の実力なら回避できた負けトレードがあったのなら、それを学習機会として次回から負けないようにすればいいことです。

負けトレードから学習することができるのであれば、それ以上の感情(落ち込む、嘆く、悔いる、自信を無くす)を持つ必要はまったくありません。

まして、今はまだ精密な過去チャート検証を2カ月ほどやったばかりですから、自分の型が固まっているわけでもありません。初級Iレベルのトレーダーは、リアルトレードをまだ「しなくてもいい」段階なのですから(ライン教本に書いたとおり)、とらじさんは少しばかり背伸びをしていることが分かりますか。

少しでも上を見て歩んで行くことは大事ですが、自分の立ち位置がどこにあるのかを見失ってはいけません。

今とらじさんに起こっていることは、その実力のトレーダーとしてごく普通のことです。あるがままの自分を受け入れた上で、また今週の学習を張り切って始めていきませんか。

以上が現時点でのエコからのアドバイスです。

投稿者:エコ |2010年3月 1日 10:06

エコさん

厳しくも温かい言葉を尽くしていただいて、大変感謝しています。

年末から月単位でチョットずつ利益を残せていた私は、相場に対して甘い気持ちで構えていたのだと思います。
しかし現状はといえば、エコさんの仰るとおり、いまだに初級Ⅰレベル。トレンドとタイミングで利益が上ることもあれば、ガタガターッと利益を削る、相変わらずそんなことのくり返しです。

「まだまだ負けて当たり前」と言われて、逆にとても気が楽になりました。
伸びしろのある生徒だと思って、見守っていただければ幸いです。

投稿者:とらじ。 |2010年3月 1日 13:40

エコさんおはようございます。

週末は弱音をはいていた私ですが、メンタル的にはバッチリ☆ドテンできました♪
こうして的確な指摘とアドバイスをいただけることが、今の私の支えです。
しばらくは検証に専念しまーす。

ということで、経過報告です。
キャンドルスティックFXの第二章にあったように、キャンドルのシグナルポンド円15分足を検証しながら、「もし~であれば~ではないか?」という一定の決まりがないかどうか見ていたんですが、ここまでの検証で気付いた、ふたつの見立て(仮定)を報告したいと思います。

・仮説1:Qシグナルの○MA/TL逆張りフィルター
キャンドルスティックFXで採用している最も急なMAより外で出現したQシグナルのうち、トレンドラインに絡んで反発が見られる(これまでのトレンドと逆行する方向にサインが成立する)ローソクは、相場反転のシグナルとしてエントリーの根拠にできるか(エントリー除外条件は除く)
→これまでQシグナルは「決済の目安」程度にしか見ていなかったのですが、積極的にエントリーの根拠に使えるかどうかを確認する

・仮説2:ダブルシグナル
ロングあるいはショートのキャンドルサインが、同方向に2回続けて出現すると、強いサインになるか
→MAXのデュアルサイン同様、優位性の高いキャンドルサインが成立するのかを見てみたいと思います。

いずれも、課題として気付いた点を列挙しているのみですので、個々の仮説は、ある程度の期間の検証が済んでから確認作業に入りたいと思います。

投稿者:とらじ。 |2010年3月 2日 08:57

とらじさん

結構です。TPはまだこれからです。山の頂上はまだ見えていません。ペース配分を考えながら、登って行きましょう。

2つの仮説は、良いと思います。ロジカルな仮説でもありますから、機能することが分かれば、自信をもって実行できると思います。


投稿者:匿名 |2010年3月 2日 13:10

エコさん

岳人の私…
山の例えを出されたら、今自分がどこを歩いているのか非常にクリアにイメージできました。
私はまだ、山裾の森の中にいたんですね。
高性能のナビがあっても、自分の足で歩くしかない。
ありがとうございます。
一歩一歩、前進したいと思います。

投稿者:とらじ。 |2010年3月 3日 09:18

Σ( ̄ロ ̄lll)…あらっ…
昨日はシリアスとらじ。が顔を出してましたねっ!
今日はアゲアゲとらじ。で行きますよ~!!

チャートの結末が見えちゃうと、自分の都合のいいように検証をすすめちゃうんじゃないかって、皆さん同様、私も考えましたよ。
それでどうしているかというと、「見ない」ようにしています。
当日朝までのチャートにラインを引いたら、PCの画面のローソク部分だけをパッと隠して、時間軸を当日の深夜24時が見えるあたりまでスライドしたら、プリントボタンを押してエンターキーを押して、またチャートの時間軸を当日の朝まで戻す。プリントアウトしたチャートもほかの紙で目隠しをして、値動きを1本ずつ見ながら検証を進める…。数値を見たいときだけ画面を確認しますが、基本、動いているチャートを見ながらのエントリー&エグジットを擬似的に検証しています。
「キャー、いや~ん、見えちゃう~」なんて言いながら検証している自分は、やっぱりアホだと思いつつ、けっこう楽しんでますよ(((爆)))


それでは途中経過の報告です。

9月前半の10営業日
17戦11勝6敗 163pips

です。
日足を見ても、9月前半は下落途中のもみ合いにあり、日中はレンジを形成することが多く、非常に勉強になります。
この期間のレンジ相場は、ライントレード重視ならコツコツ勝つこともできそうですが、
ライン抜けとキャンドルの両方を待ち、3分割決済採用となると、「入れない」「薄利決済」「ロスカット」が多いです。
レンジ相場を疑う基準と、こらえる作法(ex.「入らない」、「一手待ち」、「レンジ内で負けたら次のトレードでは全決済を採用」など?)のマイルールを考えておこうと思います。

投稿者:とらじ。 |2010年3月 4日 11:48

はい。とらじさんもひと工夫が必要な時期まで検証が進みましたね。

>レンジ相場を疑う基準と、こらえる作法(ex.「入らない」、「一手待ち」、「レンジ内で負けたら次のトレードでは全決済を採用」など?)のマイルールを考えておこうと思います。

そうですね。まずはこのようなルールを基本に見ていくのでもよいでしょう。

しかし、最終的には、総合的な裁量判断ができることを目指しますので、1つのルールに捉われるようなことはないようにしてください。

柔軟な心をもって、検証を継続していきましょう。

投稿者:エコ |2010年3月 4日 22:08

エコさん

お疲れ様です。

2009年9月後半は、シルバーウィークの5連休があり日本休場&エコさんのブログもお休み、さらに、なぜか9月28日(月)15時~30日(水)15時の、FXDDの15分足チャートが表示されず、この3日間の検証は不能でした。
9月の検証は、合計16日分ということになりますがご了承ください。

では、9月の検証結果です。

24戦18勝7敗 獲得502pips PF=2.37 勝率75%

でした。

7月・8月があまりに良すぎたので、9月は取りにくいのかなと思っていましたが、終わってみれば「よくできた」数字だと思います。

レンジ相場でのふるまい方など、自分なりに課題も考えましたが、基本に忠実なトレードで9月をやり過ごすことができています。
エコさんのおっしゃる「総合的な裁量判断」には到底及びませんが、とりあえず新規のルールを加えず、このまま10月以降も検証を続けていこうと思います。


投稿者:とらじ。 |2010年3月 8日 17:29

エコさん

お疲れ様です。

エコさんの指導を先読みしたわけではないのですが(笑)、10月の検証も基本ルールどおり行っています。

10月前半10月1日~15日(10営業日)

10戦7勝3敗271pips

10月上旬は日中のレンジが続き、取りにくい時期でした。
が、これくらいに収まってしまうのが不思議です(笑)。
偶然、今日の午前中のような(上昇TLに頭を抑えられる)チャート形状も見受けられ、「おお~~、コレですよコレ!」なんて感動してしまいました。

投稿者:とらじ。 |2010年3月10日 20:03

とっらじさぁ~ん!
ご無沙汰しております。無事に確定申告も
終わり、エコラー。。が戻ってまいりました。

とらじさんの頑張ってる姿は未だ健在。
尊敬します。

チョコチョコと見には来ていたのですが、
なぜ今ここにコメントを書き込んだかというと、
私は・・・・隠された真実byフック、その1からその6まで全て当て
はまった愚か者なのですが、(しかもコーヒー噴き出したし)
ん?誰か他にも引っかかった
人がいるぞ!?どれどれ・・・

あぁ~・・・とらじさんだぁ!
とらじさん!今まで一人で寂しかったでしょう!?
でも安心してください!
もうこれからは一人じゃない(笑)
ここに、仲間がいるじゃありませんか!!
ちょっとかなり親近感を覚えたエコラー。。でした。


投稿者:エコラー。。 |2010年3月11日 14:44

>エコラー。。さん

オッス、オラ、とらじ。
(↑フックさんのこの話も絶品です)
そうそう、「隠された真実」ねー! 
でしょっ!! 絶対みんなひっかかってるよね!

確定申告、税源移譲による減税とかいろいろあったから、私も税務署に確認したりして、やーっと出したと思ったら…多分、ハンコ押し忘れた。
ぷぷっ…相変わらずツメが甘い。

ひとりで悶々と検証をしていると、肩が凝ってしょうがないんですが、
エコさんのブログには、トレードの仲間がいる!
そして、楽しい愚か者仲間もいたのねー(((爆)))

子育てにもちゃんと参加しているエコラー。。さん。
きっと、ナイスなパパなんでしょうね! 
私も2児のママなんですよ。
夜はまさに、お風呂やご飯の合間を縫ってチャートチェックしてる状況。
エコラー。。さんと、ちょっと似てるかも?
これからも、トレードや楽しい話で盛り上がっていきましょうね~♪ 

投稿者:とらじ。 |2010年3月12日 10:19

とらじ。さんと話すと元気になるな~。


うん、とても驚きましたよっ!


私のまわりには
フリーライターさんというおしゃれな肩書きは
いなくて、勝手に一人暮らしのマンション住まい
朝食は必ずコーヒーを飲み干す!と
妄想していました(笑)


しかも、冗談だといわれても
とらじ。さんには、
フランス人の血が流れていそうです。(笑)
ますますおしゃれな匂いがしていますよ。

私も今はわけあって
在宅で医療事務の仕事をしながら
FXに取り組んでいます。


私もがんばりまーす。

投稿者:Choco |2010年3月15日 15:41

Chocoさん

「半分フランス人」の元ネタは、エコさんですよ~。
とらじ。のはパ・ク・リ♪

もうひとつ、「オッス、オラ、とらじ。」は、フックさんのパクリですから(笑)
検証中のコーヒーブレイクに、6月22日のフックさんの記事も読んでみてください。
勉強も息抜きもエコさんのブログでできちゃうなんて、お得ですね~。

投稿者:とらじ。 |2010年3月16日 09:21

は~い♪ホントお得ですね。
これから、お茶ですけどブレイクしながら
フックさんのネタを読みあさってみます。


フックさんといると
1日1度は、楽しいハプニングに出会いそうですね。
相場観察?!じゃないけど
今度、日常をこっそり観察してみたいです(笑)


投稿者:Choco |2010年3月16日 12:19

エコさん

お世話になっております。
10月は、キャンドルのシグナルが確定しないまま相場の転換点を通過することが多く、「エントリーできない」まま値幅が出る場合も見受けられます。
また、7~9月の検証では、ひとつめの決済が約定したあとは、ロスカット値を建値にスライドしても、うまい具合に「利益を削らず、損もせず」ほどよく勝てていたのですが、10月の相場付きでは、すぐに建値で約定されてしまうことが多く、利幅を削ってしまうことがたびたびです。
神経質な時期だったのでしょうか。

ただし今のところの検証結果は、先日の報告から6日間プラスして16営業日分ですが、
17戦14勝3敗、635pips
と、順調に利益を伸ばしつつあります。
これは、「1日の平均利益、6pips、1勝」とか、「(相場が大きく動いても)その日は0戦」も含み、1勝としている数字です。

検証ですから、冷静にすすめることもできますが…マウス投げそう!!
検証どおり、自分のルールどおりに日々の相場と向き合うことは、メンタルトレーニングになりそうですね。。。

ところでエコさん。

私は検証中、エコさんブログの懐かしネタを発掘して秘かに楽しんでいますが、実は、さくらさんと私が同じ病気だったことに驚きました…。

それは…

「1回負けるとすぐ取り返したい病」

です(笑)。

治さないと(((爆)))

投稿者:とらじ。 |2010年3月19日 12:30

【お詫びと訂正】

上記「(相場が大きく動いても)その日は0戦」の日は、当然0勝です…

投資のロジックを淡々と続けて、勝てない、できない日は見送り、ロスカットは経費として受入れ、確立上有利な投資を積み重ねる

というトレードも、美しいと思えるようになりました。
自分はシステムトレードではなく、裁量トレードを目指していますが、相場付に対応できるのは中級以上、ということでしたので、とりあえず決済も今のルールのまま、検証を続けていきます。

これからまた遠出です。ガルル~~。


投稿者:とらじ。 |2010年3月19日 14:20

エコさん

お世話になっております。
遅くなりました。
3連休は遊び呆けて…いたわけではなく、締切りと格闘しており、検証は先日ご報告した以上進んでおりません。
が、検証数も100を超えましたし、期間的にも折り返し地点を過ぎましたので、ここまでの検証結果を一度振り返ってみたいと思います。

7月1日~10月23日 109トレード
83勝24敗2分 勝率76% プロフィットファクター=4.9

この109トレードをもう少し詳しく説明します。

109トレード中
獲得100pips以上 13回(約12%)
獲得50~99pis 48回(約44%)
獲得0~49pips 22回(約20%)
負け 24回(約24%)最大ドローダウン-96pips

9月・10月は日中の持ち合いも多いのですが、トレードしない、あるいは、手堅くまとめて凌ぎつつ、取れるときにしっかり取る、という感じでしょうか。3連敗は9月の一度きりでした。

打率7割6分、ホームラン1割5分、3塁打4割、1・2塁打2割。
すごいです~♪

投稿者:とらじ。 |2010年3月23日 13:26

とらじ。さん

TP注目してチェックしてます♪

なんですが、、、、

具体的なpipsが「負け 24回(約24%)最大ドローダウン-96pips」
にしか書かれてないので、
それぞれと全体で具体的にどうなったのかが分かりませ~ん( ̄ω ̄;)

投稿者:匿名 |2010年3月23日 18:23

>匿名さん

はじめまして~♪ 
U◕ฺܫฺ◕ฺU

仰るとおりです。数字、落としてますね。

109トレードの検証では、
獲得計 3553pips 損失計 720pips 
でした。
9月上旬、10月上旬は、日足でもヒゲが長い持合期間で、検証でも脂汗が出ました(笑)。最大ドローダウンはその9月8日~11日に喫したものですが、LDN~NYではある程度の値動きも散見されるので、また違った検証結果も出てくると思います。

参考になればうれしいです。では~。

投稿者:とらじ。 |2010年3月24日 10:29

昨日のような値動きを見ていると、エコさんが「世界のトレーダーが意識しているラインを引く」と書いていたことの重要さがよく分かります。真性のブレークアウトが起きたときは、相場は本当に、待ってましたとばかりに勢いがつくんですね。
狭い幅でのキレイすぎるチャンネル、そしてあのヒゲ…もう、どうみても「アヤシイ」。そしてあのブレークアウト。もちろん、16時45分の足で買いました。
検証を進めていたら、挙動不審なポン円くんの様子(笑)にも、ちょっとだけ気付いてあげられるようになったのかなと。こういう「気付き」を、もっと増やしていきたいと思います。

投稿者:とらじ。 |2010年3月25日 06:56

お世話になっております。

大変時間がかかってしまいました…10月分の検証結果をご報告いたします。

10月1日~31日(21営業日)
26戦20勝6敗 勝率76%
利益確定 1056pips  損益計上 -227pips
獲得 829pips
プロフィットファクター=3.6   

検証を始める前に、エコさんが「10月は騙しの多い月」と書かれていましたが、その10月の検証がやっと終わりました。
キャンドルのサインとラインが合致せず、ノートレードで終わった日が3営業日、6~8pipsと辛勝で終了している日が3営業日、トータルで負け越しで終了した日が4営業日。
意識されているトレンドラインの角度が日中のうちに変化したり、ポン円くんらしい派手なパフォーマンスがあったりと、大変参考になる月でした。

ただ、無駄なトレードをしなければ、トレンドラインとキャンドルの絡みでじゅうぶんな結果が得られたので、これも収穫でした。
「マウス投げそう!」は失言でした。
腕白坊主を穏やかに見守る忍耐が、相場力につながるのでしょうか。
…むーん。実生活にも生かさなくては(笑)

ところで、10月後半のコメント欄から突然、さくらさんが消えてしまいました…。
そう、まるで煙のように…
寂しい~。ファイナルでもう一回出てきてくれないかしら。
さくらさんの発見のおかげで、とらじも自分の病気を自覚することができましたし(笑)、あとは治療するだけなんですよ~。

おーーーい。さくらさーーーん。
ありがとうございまーす!
∪o・ェ・o∪きゅ~ん♪

投稿者:とらじ。 |2010年3月25日 12:19

お世話になっております。
11月上旬10営業日の検証結果をご報告します。

13トレード8勝5敗 
利益確定 366pips 損益 116pips 

250pips獲得

です。

10月下旬から11月上旬は、148~151円のレンジを行きつ戻りつで、日中のトレードは非常に厳しいものとなっていますが、本当に、よくこれだけの数字が残っていると思います。

投稿者:とらじ。 |2010年3月26日 16:48

そろそろ12月に入る頃でしょうから、注意事項を書いておきますね。

12月21日から25日までは、相場は動きません。

この期間は、勉強のために検証をしてみるのはいいですが実践ではノートレードになりますので、1カ月の成績からこの期間の検証値は除外してください。

投稿者:エコ |2010年3月29日 11:25

エコさん

お世話になっております。
12月の検証の件、了解いたしました。
引き続き検証を続けたいと思います。

投稿者:とらじ。 |2010年3月29日 17:31

エコさん

お世話になっております。
2009年11月(19営業日)の検証が終わりましたので、報告しますね。
11月前半は狭いレンジのなかで行ったり来たり、後半は「これでもか」というくらい活発な値動きが見られました。

23トレード 15勝8敗 勝率65%
利益確定 933pips 損益 -210pips 
プロフィットファクター 3.4

という結果でした。

7月からの検証を続けてきて、いちばん気を遣ったのは、レンジ内の値動きを見送るルール化でした。

◎深夜からのレンジ内ではエントリーしない
◎レンジ抜けの判断は、直近高値/直近安値を終値で抜けたことを確認する


という2つのフィルターで、無駄なトレードをだいぶ回避できています。

で、これを「レンジフィルター」と名付けようかと思ったんですが…
レンジフード(キッチンの換気扇)のフィルターっぽいのでやめました(笑)

投稿者:とらじ。 |2010年3月31日 17:03

とらじさん、こんにちは。

僕のTPの方にコメントいただきありがとうございます。
31日にこちらにコメントさせていただいたのですが、正しく送られてなかったのかアップされてないようです。

こちらはどうにかポン円を実運用するところまで来ました。もっと先だと思っていたのでちょっと慌てましたが。

そういえばとらじさん、さくらさんにラブコールしてましたね。最初僕はさくらさん女の人だと思ってたんです。騙されました。出会い系などの「さくら」と一緒ですね。

とらじさんもいよいよ12月の検証ですね。結果楽しみにしています。

投稿者:Ryu |2010年4月 3日 00:05

とらじさん

イチゴショートってなんでしたっけ?(笑)完全に忘れてます。

僕は東西線の大学は「文キャン」でした。

年齢ばれちゃいました?
双子素数は結構ありますからね、比較的若い数字でお願いしま〜す。

投稿者:Ryu |2010年4月 6日 10:22

エコさん

12月の検証も半ばというところですが、ある方に、検証方法について
↓こういう方法を使って検証しているんですか? 
と訊ねられました。

MT4 strategy tester 用のツール、LFH Trading Simulator等を使って「仮想トレード」ベースでの検証。

http://www.tradingsystemforex.com/scripts-and-other-tools/94-lfh-trading-simulator.html

今のところ、FXDDの過去チャートで目視検証していますが、こういったツールを使っての検証について、メリットとデメリットがあれば教えていただければと思います。

>Ryuさん

誕生日に、さくらさんから「イチゴショートしても儲かんないからな!」みたいなことを言われてましたよ。
…ああっ、私、やっぱりオタク???

投稿者:とらじ。 |2010年4月 6日 13:15

とらじ。さん

イチゴショート思い出しました!
僕はさくらさんからもらった誕生日のイチゴショートに長期トレンドラインをばっちし刻み込んだのでした。

とらじ。さん、マニアですね(笑)。

投稿者:Ryu |2010年4月 6日 20:39

とらじさん こんばんは。 最近エコさんのブログに登場しましたヨウです。

エコさんのコメント欄では自分の状況をコメントするのにいっぱいで挨拶も出来ずにすみません。

拝見していると、二児の母親でありながらライターの仕事もして・・・と、私は一児の母親で(もうすぐ二児の母親に!)専業主婦をしているので、尊敬しちゃいます。
ブスの(笑)素人でなかなかコメンターさん達の会話やトレードにもついていけませんが、とらじさんみたくなれるよう日々がんばります。

TPがんばってください!

投稿者:ヨウ |2010年4月 9日 20:05

エコさん、皆さん、おはようございます。
今週もよろしくお願いします。

12月の検証、1日~14日(10営業日)分を報告します。

15トレード 11勝3敗1分 利益確定704pips 損失110pips  獲得594pips

でした。
2009年分の検証は、18日(金)の分までで終了となります。
今週中に、半年分の検証結果を集計してご報告しますね。

>ヨウさん

どうもどうもです。応援ありがとうございます。
もうすぐふたりめちゃん誕生ですかぁ~ ♡ 
生まれたてのほわほわちゃんを抱っこしたい~~。なう~~。
今、いちばん手のかかる時期だと思いますが、
今だけの笑顔をいっぱいいっぱい抱きしめてあげてくださいね♪

投稿者:とらじ。 |2010年4月12日 05:56

とらじさん

回答が遅れましたが、検証時にどのようなツールを使うかは任意です。

ただ、自動的に画面がスクロールする機能は、過去検証には特に不要です。あれは、裁量判断を磨くための度胸付けのツールですので。


では、そろそろ通期の検証が終わりそうですので、報告形式を指定しますね。

全体集計を報告するときは、次の数字も出してください。
 最大ドローダウン
 最大連勝数
 最大連敗数
 1カ月ごとの勝ちの日の数
 1カ月ごとの負けの日の数

集計値と共に、次のことも書いてください。

・検証開始前と今の自分で何がどう変わりましたか。

・今の力でリアルタイム相場でどの程度戦えそうですか

・裁量性が高くない形で通期の検証をしたわけですが、リアルタイム相場ではどのように戦うのが良いと思いますか。すなわち、検証時と同じような比較的システマティックなトレード方法を指向していくのか、より柔軟な裁量トレードを指向していくのか、どちらが自分に「合っている」と思いますか?

・リアルタイムで戦っていく際に、過去の検証時と違う対応が必要であろうと思われることがあれば書いてください。

以上の報告を受けて、エコから実践へ向けてのアドバイスをしますね。

投稿者:匿名 |2010年4月12日 22:27

エコさん

お世話になっております。
集計値の件、了解いたしました。

ただ、次の報告は、
自分のなかでも、葛藤があるので…
少し時間を頂戴して、自分の考えを整理してからでよろしいでしょうか。
よろしくご査収ください。

投稿者:とらじ。 |2010年4月13日 09:54

とらじさん

分かります。

存分に悩んだ上で決めてください(笑)。

投稿者:エコ |2010年4月13日 10:13

エコさん、皆さん、大変お待たせいたしました。

ちょっと長くなりますが、
では、行きますよ…←いつぞやのエコさんの真似。分かる人~(≧∇≦)

ライントレード+キャンドルスティックFX
検証結果(2009年7月~12月) by とらじ。

《検証ルール》
●エントリー時間は8時~18時の足の確定まで。観察時間は24時までとする。
●エントリーはトレンドラインでの反転あるいはライン越え・抜け、各種フォーメーション認識、レンジのブレーク時に、キャンドルのシグナルが「確定」した場合にエントリーする。キャンドルのシグナルが出現しない場合は、ラインと絡んでもノートレード。
●ロスカットはキャンドルスティックから算出して逆指値を入れる。ロスカットが50pips以上になる場合は、基本的にラインへの戻り確定でエグジットする。
●決済はサポート/レジスタンスごとの3分割指値決済を採用し、ひとつめの指値が約定されたらロスカット値を建値にスライドする。相場が一方向に強く伸びている場合、最後の3分の1のポジションは伸ばすこともあるが、18時を過ぎた場合、24時までのチャートで、サポート/レジスタンス付近で反転シグナルが示現した場合は決済する。

《通期検証結果》
164トレード 120勝41敗3分 
利益確定6538pips 損失1278pips 
獲得5260pips
勝率73% プロフィットファクター(以下PF)=4.1
最大ドローダウン -97pips
最大連勝数 7連勝
最大連敗数 3連敗

《月次詳細》
7月(検証23日) 
38トレード 29勝9敗 
利益確定1666pips 損失214pips 獲得1452pips
勝率76% PF=7.7
勝ち越し19日 負け越し3日 ノートレード1日

8月(検証16日) 
29トレード 22勝5敗2分 
利益確定1173pips 損失209pips 獲得964pips
勝率75% PF=5.6 
勝ち越し11日 負け越し3日 ノートレード2日

9月(検証16日)
25トレード 18勝7敗 
利益確定713pips 損失211pips 獲得502pips
勝率72% FP=2.3
勝ち越し12日 負け越し3日 ノートレード1日

10月(検証21日)
26トレード 20勝6敗 
利益確定1056pips 損失227pips 獲得829pips
勝率76% PF=3.6
勝ち越し14日 負け越し4日 ノートレード3日

11月(検証19日)
23トレード 15勝8敗 
利益確定933pips 損失210pips 獲得723pips
勝率65% PF=3.4
勝ち越し13日 負け越し3日 ノートレード3日

12月(検証14日)
23トレード 16勝6敗1分 
利益確定997pips 損失207pips 獲得790pips
勝率69% PF=3.8
勝ち越し11日 負け越し2日 ノートレード1日

・検証開始前と今の自分で何がどう変わりましたか。

 メンタルでの大きな変化は、まず、慌てなくなりました。以前の自分は、ちょっとした根動きにもオロオロしてレンジ内で往復の損失をくらったり、ニュースや指標を自分の都合で解釈して「思惑」でポジションを持ったりと、常に相場に振り回されていた気がします。検証をある程度進めてからは、過去~直近のライン、値動き、フォーメーションなどを考慮してシナリオを考えながら、エントリーを「自分で選ぶ」癖をつけるように気をつけています。
 そのようなエントリーを心がけることができるようになったのは、検証の大きな成果だと思っています。茶道や武道などで「型から入って心を知る」ということがありますが、今回の検証はまさに、ラインを引く、キャンドルのシグナルを確認する、という一連の「技法」の習得から、トレードの「作法」を習得する基礎訓練たり得るものでした。

・今の力でリアルタイム相場でどの程度戦えそうですか

 このところ、「負けたらすぐ取り返したい病」は治まってきました(笑)。日中の相場では、ラインやキャンドルに従って検証どおりのトレードができそうな気がしています。

・裁量性が高くない形で通期の検証をしたわけですが、リアルタイム相場ではどのように戦うのが良いと思いますか。すなわち、検証時と同じような比較的システマティックなトレード方法を指向していくのか、より柔軟な裁量トレードを指向していくのか、どちらが自分に「合っている」と思いますか?

 目下、ここが「葛藤」だったのです。たとえば昨日・今日のリアルタイム相場でもそうでしたが、極狭いレンジから勢いをつけて飛び出して直近のサポ/レジなども抜いていったら、たとえキャンドルのシグナルが認識できなくても、ローソク足の途中でもエントリーしたほうが利益が伸びますし、同じことは明確なフォーメーションなどにも当てはまるようです。また、ロスカット値なども、第一指値約定ですぐに建値にスライドすれば、勝率はアップしますが利幅を削ることもあり、いつも同じことをしているわけにもいかないようです。
 検証時もそうでしたが、こんな風に、システマティックなエントリー&エグジットより「このほうがいい」と考えてしまうことこそが、裁量トレードを指向している自分のスタイルそのものなのだと気付かされました。結局、基本的な技術を身に付けた上で、相場付きに合った裁量トレード技術を高めていくことが、自分の目指すところだと思い知らされた次第です。

・リアルタイムで戦っていく際に、過去の検証時と違う対応が必要であろうと思われることがあれば書いてください。

 まず、検証時は、すべてエコさんのブログのラインを参照したわけですが、リアルタイムでは、毎朝自分でラインを引き、自分で引いたラインを根拠にトレードシナリオメークをしてエントリーする場合があるであろうということです。毎朝(大体6時前)にはラインを引きシナリオを考え、ブログのアップ前にエントリーしていることもありますが、たまにエコさん独特の応用ラインが登場すると、感嘆しきりでエコさんのラインに倣うこともあるのでなんともいえません。ライン引きの基本的な技術はともかく、もっと応用力が必要です…この点は、過去検証を重ねてながら養成したいと考えています。
 また今の段階では、相場の急変時に対応できるかは疑問です。ふるい落とし後のSM、なんて残念ながらできません。ただ、今はまだ「できなくてもいいかな」という考えはあります。

非常に長くなりましたが、報告は以上です。
よろしくお願いします。

投稿者:とらじ。 |2010年4月14日 16:52

とらじさん

通期検証お疲れさまでした。

では、行きますよって、昔の指導時に使った言葉ですかね。本人以外は覚えていませんって(笑)。

それでは、まず、報告されたパフォーマンスについてコメントしますね。

ほぼシステマティックなトレードルールで得られた成績としては、恐ろしいほど良い数字だと思います。

プロフィットファクターの高さも目を引きますが、日単位での負けの少なさが特筆ものだと思います。

取りにくい相場でも大負けせずにまとめあげることができ、取れるときには大勝ちできるといった感じですね。

この成績が未来でも再現できるのであれば、「食える」レベルだと言えます。


では次に、事前の質問に対するとらじさんの回答を見て行きましょう。


>検証開始前と今の自分で何がどう変わりましたか。

>メンタルでの大きな変化は、まず、慌てなくなりました。。。。茶道や武道などで「型から入って心を知る」ということがありますが、今回の検証はまさに、ラインを引く、キャンドルのシグナルを確認する、という一連の「技法」の習得から、トレードの「作法」を習得する基礎訓練たり得るものでした。

エコが目論んだ目的を達成してくれましたね。


>今の力でリアルタイム相場でどの程度戦えそうですか

>このところ、「負けたらすぐ取り返したい病」は治まってきました(笑)。日中の相場では、ラインやキャンドルに従って検証どおりのトレードができそうな気がしています。

OKです。最近のコメントを見ても、自信をもって基本的なトレードができるようになりましたね。


(以下、質問の順番を変えました)

>リアルタイムで戦っていく際に、過去の検証時と違う対応が必要であろうと思われることがあれば書いてください。

>。。。ライン引きの基本的な技術はともかく、もっと応用力が必要です…この点は、過去検証を重ねてながら養成したいと考えています。
 また今の段階では、相場の急変時に対応できるかは疑問です。ふるい落とし後のSM、なんて残念ながらできません。ただ、今はまだ「できなくてもいいかな」という考えはあります。

まあ、問題はないでしょう。今はできることを確実にやっていけば、次第に次に取り組むべきことが分かってきますよ。


>裁量性が高くない形で通期の検証をしたわけですが、リアルタイム相場ではどのように戦うのが良いと思いますか。すなわち、検証時と同じような比較的システマティックなトレード方法を指向していくのか、より柔軟な裁量トレードを指向していくのか、どちらが自分に「合っている」と思いますか?

> 検証時もそうでしたが、こんな風に、システマティックなエントリー&エグジットより「このほうがいい」と考えてしまうことこそが、裁量トレードを指向している自分のスタイルそのものなのだと気付かされました。結局、基本的な技術を身に付けた上で、相場付きに合った裁量トレード技術を高めていくことが、自分の目指すところだと思い知らされた次第です。

さて、これが最も重要なポイントですね。

とらじさんは、気質的に、よりよいやり方があればそれを目指したいという向上心が人一倍強いように感じます。

ですので、そのような裁量性がより高いトレードができるようになりたいという願望を持つことは自然だと思います。

しかし、ここで1つ理解しておくべきことがあります。

自分の気質(したいこと)に従ってトレードすることが、トレード行動による利益の最大化につながるとは限らないということです。

とらじさんが指向していることを表明したトレードは、今回検証時に収支を出したようなトレード方法よりも一段高いレベルのトレードということになります。

それはエコの教本でいう中級レベルでしょう。

このレベルに到達するには、十分な努力を費やすことはもちろん、ある程度のトレードセンスも必要とされてきます。

エコがトレードセンスという言葉を使ったのは初めてであることを、エコブログオタクのとらじさんはすぐに分かったことでしょう(笑)。

トレードセンスは、豊富な実体験によりある程度養うこともできますが、システマティックに養成することはできません。

短期間でそういったものを身につける人もいれば、数年かかっても身につかない人もいます。

今回のTPの過去検証では、それをやれば必ず到達できるであろうというレベルがエコには見えていました。しかし、トレードセンスうんぬんを語るレベルは、一律の養成は不可能なんです。

回りくどい言い方になりましたが、とらじさんが目指そうとしているレベルに達するには、ここからかなり長い道のりがあるかもしれない(ないかもしれない)と言いたかったんです。

目標達成までの時間は、自分ではコントロールできませんから、その意味ではリスクがあります。

システマティックなやり方を脱皮して裁量性の高いやり方を追求していくことには、相当なリスクがあると理解しなければならないのです。

今回検証したようなほぼシステマティックなトレード方法をそのまま実践するのであれば、とらじさんは今後も過去検証値の3割減くらいのパフォーマンスを上げられるだけの実力はついたと思います。

しかし、それよりも上を目指すとなると、パフォーマンスは相当上下にブレるリスクがあります。

うまく行けば、システマティックなやり方では取りえないpip数も獲得できるようになりますが、スランプに陥れば相当長期間にわたって利益が上がらないようなこともありえます。

これが裁量性が高いトレード方法の落とし穴なんです。

とらじさん、脅すわけではありませんが(笑)、本当にリスクを承知して、そのような上のレベルを目指しますか?

過去検証時のトレードの再現を目指すのであれば、獲得pip数は下がりますが、大きなスランプに陥ることはないですよ。

よく考えて回答くださいね。

投稿者:エコ |2010年4月15日 12:14

仰るとおりだと思います。
天賦の才能の持ち主を除いては、多分、美意識も仕事もトレードも、基礎を積み重ねることによってある程度応用がきくものですが、センスというのは、そう簡単に磨けるものではないからです。
経験を積み重ねれば応用の光が見えてくるのか、基礎からは量り得ない、別の何かをつかまなければいけないのか。
この点に関しては、まだ、気持ちが固まっていません。私は今回の検証で、
エコさんのライントレードに関してはもちろん、キャンドルの威力にも感心しましたし、難しい相場でうまくこらえて、利益が乗ったらしっかり利確するという、今回の検証結果にも非常に満足しています。
ただそこに、もう少し裁量という肉付けができたら…というのが本音ではあります。
ただ、まずは実践でルールどおりのことができなければ、応用力は育たないだろうな、とは思っていました。
もう少し、考えさせてくださいね。

投稿者:とらじ。 |2010年4月15日 17:27

ちゃらら~ら~ら~ちゃらら~ちゃらら~♪
※ネスカフェゴールドブレンドのCMソングお願いします

歩きニスト とらじ。

……野口健のCM、分かる人いるかな~(○^▽^○)

 駄ネタスタートですみません。
 前にも書いたかもしれませんが、実は私、登山だーい好きの岳人のはしくれでして、今、シーズン前のカラダづくりのために、毎朝走りこみをしております。体力的な不安を払拭し、確実にピークを取るためです。
 今回、自分の考えがグルグルして収拾がつかなくなってしまったのですが、以前トレードで思考がつっかえたとき、エコさんに山の例えを出していただいて、非常にクリアに理解できたことがあったことを思い出し、今回も、自分の状況を山に例えてみることにしました。
 登山では必ず、地図でルートを確認して進みます。もし道に迷ったら、もと来た道を戻り、マップ上で確認できる場所まで戻るのが鉄則です。登山道を外れることは、遭難につながりかねません。
 もう何年も前になりますが、ソロで古い登山道をアタックしていた時のことです。隣の峰に入るポイントを間違え、目の前に「登山道にはないはずの」絶崖が現われました。すぐに地図で確認すると、来た道を戻ってぐるりと回り道をすればもとの登山道に戻れるのですが、その崖を上りきれば、登山道のそばに出ることができそうでした。長いルートでしたし、下山までの時間も計算していたので、「思い切ってショートカットだ!」とばかりに、その崖に取り付いたのです。その崖は岩盤がゆるく、手を掛け、足を掛けるとガラガラと崩れる最悪のコンディションでしたが、私はただ無謀に頂上を目指して熱くなっていて、ひたすら上りました。
 そして、崖を3分の2ほど、10mも上ったときです。慎重に手を掛けたはずの大岩が崩れ、ガラガラと崖下に落ちていくのを見て、私は突然恐ろしくなりました。今でもよく覚えていますが、「落ちたら死ぬ」と意識した途端、動悸が激しくなり、脂汗をかき、その崖をそれ以上上ることが、どうしてもできなかった。私はあと少しというところで、ようやく危険性を察知し「戻る」を選択したのでした。
 あとから、山仲間と同じルートを歩いたときにその話をすると、普段はやさしい先輩にずいぶん叱られました。「とらちゃん、死ぬよ!」と。そもそも、クライミングの確かな知識があれば、そんな危険な崖には絶対にトライしないのです。
 その後も、山で何度か恐い目に遭いましたが、そのたびに、いっそう安全な山登りを誓い、それを遵守してきました。装備と体力に万全を期すのも、山が好きだから、また山に上りたいから、そして自分を守るために他なりません。
 話をトレードに戻します。
 今の私の不確かな力量で、裁量性の高いトレードを目指すということは、安全なルートを外れて、懸崖を上ろうとする行為とよく似ているような気がします。うまくいけばショートカットもでき、より早く登頂することもできるかもしれませんが、一度足を踏み外せば、滑落、遭難の危険と隣り合せなのでしょう。
 気質のことを仰っていましたが、私には「危険なルートを極力排除する」という志向もあるようです。熱くなって過度のリスクテイクをするところを、ブレーキをかけてくださってありがとうございます。
 トレードレベル中級を目指す前に、このTP期間中に、まずは初級Ⅲを確実にしていきたいと思います。
 よろしくお願いします。

また長くなってしまいました…最後まで読んでいただいてありがとうございました。
 

投稿者:とらじ。 |2010年4月18日 07:36

とらじさんこんにちは~。

今回の話、とても共感したのでついコメントしに来ちゃいました。

僕もつい最近同じような体験をしました。

自分の成長を過信し、「欲」にかられて行動してしまったのです。

そのおかげでここ2ヶ月間はとても疲れました。笑

しばらく自分のトレード手法がわけわからなくなったり、精神的に辛くなったり、ラジバンダリ・・・(このネタ古い?)

そんな折、ある経済誌を立ち読みしていたら「勉強法」について書かれていました。

「記憶が完全に定着していない状態で、新たな知識を得ようとすると、それまでやっていたことをきれいに忘れてしまう」そうですよ。

脳の特徴の一つとして「ひとつの情報を完結させないうちに次の情報を取り入れてしまうと、前の情報を失ってしまう」ということがあるそうです。

これって・・・トレーダーにも通じてきそうですよね。

今自分がすべきことを明確にして、それが完全に達成できた時に次のステップへ進む・・・

この繰り返しが一番の近道なのかもしれませんね。

あ、ごめんなさい。長々と書いてしまいました

では、TP頑張ってください。

投稿者:大学生 |2010年4月19日 12:05

とらじさん

自分自身で取り組み方について結論が出せましたね。

やはり、まずは訓練でやってきたことを実践でもできるようになることを目指すのが良いでしょうね。

また、次の点を継続課題としていくことにしましょう。

・持ち合い相場や現在のトレード法では対応しにくい相場付きの見分け方を考えてください。

・キャンドルシグナルが出現していないが、ライン面から有利だと考えられるケースでは、キャンドルがシグナルよりかなり崩れていてもエントリーできるのかどうか、見極めてください。


さあ、これからTPの後半に入ります。

ライントレードではライン重視という前提はありますが、これから3カ月はキャンドルの出方に今まで以上に敏感になるようにしましょう。せっかくですから、キャンドルだけを見てもトレードできるレベルを目指してください。

それ以外に、とらじさんが今後3カ月で取り組みたいと考えている課題があれば、自己申告してください。


今後のリアルトレード報告は、今まで通りにエコのブログにコメントしてください。そして、TPのコメント欄には、1週間に1回(以上)、直近のトレードを振り返っての感想や学習した事項、今後の課題などを書いてください。

エコからは1週間に1回(以上)フィードバックを返しますね。

投稿者:エコ |2010年4月19日 13:14

エコさん

 今戻りました。
 ありがとうございます。
 引き続き、よろしくお願いします。
 
 今後取り組みたい課題は、トレードシナリオの立案です。ライン引き同様、染み込ませたいと思っています。

大学生さん

 応援ありがとうございます。
 一歩一歩着実に進んでいきたいと思います。

投稿者:とらじ。 |2010年4月19日 17:11

とらじさん

了解です。

これからは実践学習です。

ポン円くんの気持ちをくんだトレードシナリオを立案することを目指していきましょう。

今後のトレード報告はエコのブログで、学習の進ちょくは週1ペースで(もしくは逐一)TPで報告ください。

投稿者:エコ |2010年4月20日 10:18

とらじ。さん、
いよいよTP後半戦にはいるんですね。
とらじ。さんはすごいです。
本当は、「FX担当のとらじ。さん」「ママ担当のとらじ。さん」
「本職担当のとらじ。さん」「山登り担当のとらじ。さん」
何人のとらじ。さんがいるんだろう?と考えています。(笑)
ホントーすごいです。

Ryuさんや、とらじ。さんの進ちょくも
いつも楽しみにしています。
でも、Ryuさんのところへは、余談をゆるさない?
真剣なやりとりでなかなかお邪魔することはしていませんが
とらじ。さんはいっつも笑いあり涙あり?なので楽しいです。
またお邪魔します。とらじ。さん実践学習がんばってね☆

投稿者:匿名 |2010年4月20日 15:21

名前入れ忘れたっ!(>_<)

Chocoでした。

投稿者:Choco |2010年4月20日 15:22

Chocoさ~ん♪

いよいよ後半です…ガルル~。
昨日の最初のトレードは、負けました。
検証どおりのトレードで、検証どおりに負けたので、ナイス負けでした。
今日も明日も検証どおりに頑張りまーす。

一体とらじは何人いるんでしょうね~。
ポチ部のとらじとか、町内会のアイドル(笑)とらじとか、男とらじとか焼肉トラジとか? 
あ、いい加減なヤツだと思わないでくださいね~。どれも本気ですから!

投稿者:とらじ。 |2010年4月21日 15:44

もちろんです♪
いろんな「とらじ。さん」尊敬☆彡していま~す。
テキトーなヤツだと思わないでくださいね~。私も本気ですから!(笑)


投稿者:Choco |2010年4月21日 18:55

とらじさん

業務連絡です。

エコのブログで毎日のトレード報告は確認済みです。

週末の報告は、1週間の収支(勝敗数、獲得pips数)と感想などを月曜日の午前中までにアップしてもらえますか。

投稿者:エコ |2010年4月22日 20:44

エコさん

お世話になっております。
報告の件、了解です。

投稿者:とらじ。 |2010年4月23日 01:26

エコさん

お世話になっております。

《トレード報告》
7トレード5勝2敗 163pips 勝率71%

所用で検証どおりにドテンできなかったこともありましたが、まずまずの結果が残せました。

《感想》
検証をする前は、暗記したロジックどおりの実践は難しいと感じていましたが、検証後の実践は「これで負けたら仕方ない」というところで、自信を持ってエントリーできました。
2度の負けも、「これは経費(笑)」くらいのもので、ライン+キャンドルへの信頼を揺るがすような負け方ではありませんでしたし、自分としてはナイス負けです。
ふたつの仮説(仮説1:Qシグナルの○MA/TL逆張りフィルター・仮説2:ダブルシグナル)が出現している場面もあって、優位性の高いキャンドルシグナルとまではいかなくても、機能していることが確認できました。特に金曜の最後のポジションのように、強いラインで反発したQシグナルで、さらに○MA逆張りを意識してのエントリーというのは、検証前にはなかったことなので、シグナルを有効活用できたことは成果だったと思います。

投稿者:とらじ。 |2010年4月24日 06:17

反省点がひとつありました。
金曜14時30分~15時15分の下落、特に指標やニュースもないのにスルスルと下がっていったので、
「あ、この時間だし、きっとふるい落としだな」
「雲の下限で止まるかな、それともTLにタッチしに行くつもりかな」
と考えながら、建値での防御的決済を「忘れて」いました。
検証では、ひとつめの指値が約定されてからロスカット値を建値にスライドしていたのですが、ふるい落としの際には建値での防御的決済を採用していたのを、すーっかり忘れていて、「これも経費」くらいに考えながら30pipsを無駄にしてしまいました。
そういえば最近、ふるい落としって見てないな…なんてつい数日前に考えていて、相場に入っていても「ああ、きっと」と考えるくらい余裕だったのに、対処を忘れていたのが残念でした。

投稿者:とらじ。 |2010年4月24日 13:11

とらじさん

自己分析、OKです。

リアルトレードでも結果が出ていますね。

現時点では、特に助言することはありません。その調子で今週も相場と対峙してください。

投稿者:エコ |2010年4月26日 13:24

エコさん

お世話になっております。
4月26日(月)~28日(水)の3日間のデイトレの成績を報告します。

5トレード 4勝1敗 58.4pips 勝率80%

でした。

先週最大のチャンス、27日(火)の暴落は、仕事のためにチャートを離れていて確認できませんでしたが、勝率から見ればまずまずだったと思います。

投稿者:とらじ。 |2010年5月 6日 09:02

とらじさん

先週の1敗時のとらじさんの心の揺れ方が大きかったのが、非常に気に掛かっています。

リアルトレードでも検証時と同じようなパフォーマンスで推移していますから、この程度の負けで心が動かされるというのは、何らかの問題があります。

とらじさんの資金管理について見直したいと思います。

現在のトレードの資金管理はどのようにしていますか?

各回のトレードで、自己資金に対してどのような比率でポジションを立てていますか?

教本に沿ってやっているものと思っていましたので、トレード開始時には確認していませんでしが、問題があれば修正が必要かと思います。


投稿者:エコ |2010年5月 6日 16:11

エコさん

>心の揺れ方が大きかった

うっ…見抜かれてしまいました。

まず資金管理については、自己資金○○○万円、○万通貨でのトレードですので、教本で推奨されていた比率より若干低いレバレッジでトレードしていることになります。検証の勝率を考えても、ゆとりを持ってトレードできる範囲だと考えています。

ただ先週の1敗については、大きな反省点がありました。
あの時の相場はキャンドルが大きすぎたので、エントリーは見送るべきでした。検証では、長大ローソクは(ロスカット値が大きすぎるので)排除していましたので、ラインとキャンドルの形状だけを見てポジションを取ってから「失敗した!!」と思いました。エントリー前にロスカット値をきちんと計算していれば、(その前に出たロングのシグナル同様)入っていなかったポジションでした。いつも必ず、エントリーするまえにロスカット値を出しているのに…ついうっかり、です。
ライン+キャンドルに則っているとはいえ、自分的に、失敗のエントリーで黒星をつけたことが、とてもショックだったのです。
この反省は、次に生かします。

投稿者:とらじ。 |2010年5月 6日 17:31

とらじさん

なるほど、レバレッジが高いのではないかと思いましたが、そういうわけではありませんでしたね。

自分のルールが守らなかったことで、矛先を自分の心に向けたわけですか。

メンタルですね。

TP中に、自分とのより良い付き合い方を探していってください。

投稿者:エコ |2010年5月 6日 17:44

ハイレバのトレードでは、何度も痛い目を見てますので(笑)。
TP期間中は、現状程度のレバを守りたいと思っています。

投稿者:とらじ。 |2010年5月 6日 19:12

2010年5月7日(金)
昨日、1日の値幅12円超という大暴落を演じきったポン円くんは、今日も疲れ知らず、ダイナミックな値動きを展開しています。
先週の大きな1敗を反省していた私ですが、なんであんなに「痛い」負け方だったのか、今日の相場を見ていてよく分かりました。
やはり、エントリー前にロスカット値を吟味しておくことが、メンタル的な不安を払拭する良薬のようです。
今日は、FXDDチャートのストップという災難もあり、複数の口座のチャートを開いて確認作業をしてみました。キャンドルの確認やTLの引き方は、どんな口座でも「なんとかなる」ということがわかりましたし、要は、リスク管理の問題に尽きるようです。
今日のような「オール特大ローソク」の日に、どう対処したらいいのかと考えてみたら、答えは意外とシンプルでした。
「基準としたラインに値が戻ったら、迷わずロスカット」「マイナス○pipsで迷わずロスカット」と、最初に設定してみたら、気負わずエントリーすることができました。
よくよく考えてみたら、「ラインに値が戻ったらLC」って、ライントレードの基本のキでしたよね。
ラインが主、キャンドルが従。
またひとつ、悩みがそぎ落とせた気がします。
ありがとうございました。

投稿者:とらじ。 |2010年5月 7日 14:32

とらじさん

当たり前のことを当たり前にやればいいと体感できたのですね。

大きな前進だと思います。

投稿者:エコ |2010年5月 7日 15:05

エコさん

はい。
「知っている」と「できる」は全く別物ですね。
体感する、体得することの大切さを痛感している今日この頃です。

GW明けの成績は、1週間として数えるにはあまりに少ないのですが、結果は2トレード2勝 224pipsでした。

GW前の週が3日間のトレードですので、合算すれば1週間分の成績に近くなるでしょうか。

4月26日(月)~28日(水)、5月6日(木)・7日(金)(5営業日)で、

7トレード 6勝1敗 282.5pips獲得 勝率85%

でした。
今週も基本に忠実にトレードしていきたいと思います。

投稿者:とらじ。 |2010年5月10日 06:10

エコさん

お世話になっております。
5月10日(月)~14日(金)のデイトレの成績を報告します。

8トレード 5勝3敗 +181pips 勝率62%

でした。
勝てるトレードを大きな損切りで終わらせたり、シナリオに反した向きに入ってしまったりと、反省トレードの多い週でした。
今週は、内容の充実を考えたいと思います。

投稿者:とらじ。 |2010年5月17日 08:43

エコさん

お世話になっております。
今週は、シナリオメイクに沿ったトレードをすることと、ポン円くんとの対話を重視しながら相場に臨んでいます。

最近、何冊か本を読みました。
以前はトレードの本といえば、ローソク足やサイクル理論など、手法的な解説書などが多かったのですが、このところ、メンタルの本を選んで読んでいます。
松田哲さん「FXで稼ぐ人はなぜ1勝9敗でも勝つのか」
山口祐介さん「元プロ・ディーラーが明かすFX勝者の条件」
など、なるほどな~と思って読み耽りました。

エコさんおすすめの「メンタル強化ブック」があれば、
ぜひ教えていただければと思います。

それとも、エコさん、
「エコのライントレードマスタープログラム メンタル編」
を執筆してくださいませんか?(笑)

投稿者:とらじ。 |2010年5月19日 08:54

とらじさん。TPお疲れ様です^^

メンタル系の本なら「デイトレード~マーケットで勝ち続けるための発想術~」って本がおすすめですよ~。

数年前に読んだ株の本ですが、いまでもたまに読み返しています^^

エコさんではなくkeiのおすすめですが・・・(笑)

投稿者:kei |2010年5月21日 12:40

keiさん

お疲れ様です~。
ありがとうございます! さっそくネットで注文しますね。

keiさんは株もやるんですか? 年齢は○まわりも違うけど(笑)、トレードでは先輩って感じがします(笑)。
また、オススメの本があったら教えてくださ~い。

メンタルね~。
最近では、水晶塊をネックレスにして身につけています。
パワーストーンとか詳しくないんだけど。
占いは全く信じない私ですが、おまじないは好きなのです。
おまじないは、イメージトレーニングみたいなもん、だと思いません?(笑)

投稿者:とらじ。 |2010年5月25日 08:56

エコさん

お世話様でございます。
報告が遅くなりまして失礼いたしました。
毎年、梅雨の前後は体調を崩すことがあって、今年も用心しなくてはと思っていた矢先でした。
エコさんも、どうかご自愛くださいね。

では、先週のトレード結果を報告します。

5トレード5勝182.8pips

でした。
月曜、木曜の大きな、そして(後から見れば)なんとも分かりやすい場面を、見逃し・見送りしてしまったのが、残念といえば残念…。
ですが、余計な相場に手出しをしなくなったことで、負けずに済んだというのが驚きです。

21日(金)は2トレード参戦しましたが、ひとつめの指値が約定されたあと、すぐに建値まで値が切り返され、結果的に、いずれも薄利決済となりました。
決済の難しさを改めて考えさせられ、検証の結果を見直してみました。

6ヶ月間の検証では、平均ロスカット値31pips、勝ちトレードの獲得平均54.48pips(勝率73%)でした。日中のデイトレでは、1方向にトレンドが出続けることは珍しいことですので、もみ合いの後のトレンド転換など、相場に分かりやすいサインが現われたときなどは、建値まで待たずに決済を考えてもいいのかもしれない、とも思いました。
検証をもう少し見直しながら、考えてみたいと思います。

投稿者:とらじ。 |2010年5月25日 09:14

エコさんお疲れ様です。

最近つくづく思うのですが、相場は、暗闇の中を渡る丸木橋のようなものですね。命綱をつけて、よくよく目を凝らして歩いていかなければ、谷底に真っ逆さまの世界です。

以前は「この値動きについて行かなければ取り残されてしまう!」とばかりに、小さな揺れや大きな動きに動揺して、結局振り回されていましたが、この頃は「分かるところだけ取ろう」という気持ちでポン円くんとお付き合いできればいいなと思っています。

投稿者:とらじ。 |2010年5月27日 10:47

とらじ。さん、こんばんは。
やっぱりとらじ。さんが居ると
ニヤニヤしてしまいました。

エコさんもタジタジィですね?!(笑)

とらじ。さん、私もとらじさんが歩んでいるように
ロスカットの吟味と決済の仕方について悩んでいます。
いつもとらじ。さんの真似っ子をさせてもらっていますが
私も今は「分かるところだけ取ろう」と思います。
そして口座資産が億!
いつしか億万長者になりたいですね。
今日は、ノートレードですが、
明日からまた一緒によろしくお願いします。

それはそうと、日頃のとらじ。さんパワーもすごいけど
回復力もすごいですね!(笑)
早く、もりもりでよかったです♪


投稿者:Choco |2010年5月27日 18:13

エコさん

お世話になっております。
先週のトレード結果を報告します。
4トレード 4勝 299.1pips
でした。
体調もあり、トレードしない日もありましたが、
検証時を上回るラッキーな結果でした。

確率的には、そろそろ負けると思います(笑)。

投稿者:とらじ。 |2010年5月31日 05:53

ここにコメントを記入してください。エコさん

お疲れ様です。
最近、思うことがあるのです。
ラインを引いて注意深く相場を見ていると、キャンドルのシグナルは全く関係なく、時々、
「ここで超~売りたい!」
とか、
「ここではじかれたら買い」
とか、
「ここらへんで折り返すかな」とか、
直感で思い浮かぶことがあるのです。
いえ、直感ではなく、ラインのヒントやフォーメーションとか、相場からのサインがあるのだと思います。それを、ライン上で感じられるというか、それだけなのですが。
キャンドルのシグナルが出るのは数十pipsも動いてからなので、特にLDN~NYは、リスクが大きくなりすぎて見逃し、ということも多いのですが。
しかも、そういう風に思った時は大抵、その方向に動くんです。

これがライントレードなんだろうな、と、最近思います。


投稿者:とらじ。 |2010年6月 2日 18:46

エコさん

お疲れ様です。
先週のトレードを報告します。

3トレード 2勝1敗 -6pips

でした。

今週はもっと参戦したいと思います。

投稿者:とらじ。 |2010年6月 7日 04:38

第1期トレード・プラクティカムの当初期間が間もなく終了しますので、終了試問を行います。まずはとらじさんからです。

終了試問は以下の4問です。

試問は、落とすための試験ではなく、TPで学習した事項を活かして、今後自立したトレーダーとして活躍できるかどうかを確認するためのものです。

頂いた回答を基に、エコからのフィードバックおよび終了判定を行います。

TPの正式終了時には、TPおよび対象商材の感想や今後の抱負といったクロージングコメントももらいますので、まだTPを締めくくるコメントはしないでくださいね(笑)。


1)成果確認
トレードプラクティカムを始める前と現在の自分を比較して、何が変わりましたか。この期間の学習を通じて、勝つための土台ができたと思いますか?

2)自己評価および分析
現在の自分のトレードの強みと弱みを自己分析してください。

3)自己解決
自分の弱みを克服するために何が必要だと思いますか。

4)自己計画
今後はどのようなトレーダーになっていきたいですか。自分のなりたいトレーダーになるために、どのようにして研鑚を続けて行きますか。今後6カ月から1年程度の学習計画を具体的に書いてください。


回答は、6月15日(火)までにお願いしますね。

投稿者:エコ |2010年6月10日 11:40

エコさん

お世話になっております。以下に終了試問の回答を掲載します。
よろしくご査収ください。

1)成果確認

 まず技術面では、8割がた、主要なトレンドラインを引けるようになったと思います。毎朝、チャートに何種類ものラインを引いて、相場に意識されていると見られるラインを取捨選択できるようになったと感じています。以前は、エコさんのブログを見て引き直しすることが多かったのですが、実は最近はほぼ毎日、同様のラインが引けています。
クリック証券のチャートを使い始めたのも大きかったかもしれません。平行のラインを引いたり、ラインを消したりするのも早いうえ、毎朝まっさらな状態からラインを引くので、前日のラインや値動きを反芻し、その日の相場に合うラインを今一度考えるという頻度が高くなり、練習が強化されたと思います。回数を重ねることで、ライン引きを自分のものにできたというのは大きな成果でした。時間足ごとにラインを毎日引くたびに、フォーメーションも意識するようになり、大きな時間軸でのフォーメーション、日足での目標(目安)なども、ざっくりとイメージできるようになってきました。
 キャンドルシグナルについても、以前は「誤認」がけっこうあったのです。Vシグナルと認識してロングしたが、実は終値が一本前の安値を下回っていたので不成立、ということもあり、あとからチャートを見直して反省…ということもありました。また、「強い(長い)ラインのブレイクだから、キャンドルのシグナルなしでも大丈夫だろう」と、シグナル抜きでエントリーし、損失を重ねたことも過去には何度もありました。しかし今では、キャンドルシグナルがないとロスカットポイントがハッキリ分からず、エントリーが不安…というくらい、シグナルを信頼しています。
 メンタルの大きな変化は、まず検証によって自分が信頼できるルールが生まれたことで、ルールを守る意識がハッキリと芽生えたことでした。そこからさらに実践で学んだのは、実践では検証どおりには行かない、ということでした。小さな勝ちを重ねて、大きな流れに素直に乗って利益を重ねるのが検証結果でしたが、実際は、タイミングが合わず大きな波の入り口に入り損ねたり、余計な思惑がエントリーを制御し、みすみす利益を逃したりする場面もありました。そのたびに、結果的に利益を残せるトレードはどういうものなのかを考えてみました。
 たどり着いた答えは、単純ではあり、エコさんも常々指導なさっていることでもありますが、「大きく負けない」ということです。これを意識するようになって、負け方が大きく変わりました。ラインが明確に意識され、キャンドルのシグナルが出れば、次の1~2本で押し(戻り)が出ることもありますが、その後数十pipsは安定してエントリー方向に動く確立が高いです。ここで次のサポ/レジに入れた最初の指値が成立すれば、(自分のルールでは)建値に逆指値を入れるので、薄利は確実です。しかし、指値が成立せずに値が戻るような場合、はじめに設定していたロスカット値まで値が戻る場合が多く、デイトレードとしては手痛いロスカットを強いられます。こういったケースでは、正しい反発やブレイクアウトではなかった、あるいは、明確なトレンドではない、強い抵抗帯で値がもがいている、レンジ圏内である、など、いずれも、15分足のライントレードでは利益を上げにくい相場付きが多いようです。このように、ひとつめの指値が成立せず値が戻った時は、「さくっと」建値で撤退するようにしています。もちろん、その後、利益の方向に値が伸びる場合もありますが、それは自分の獲物ではなかったと思うようにしています。難しい相場で大きく負けないように細心の注意を払い、あとは、分かりやすいポイントでのヒットなりホームランなりを取れば、利益が積みあがっていくと実感できています。
 つまり、守りを重視するようになりました。両脇を固めて防御している姿勢は鈍重かもしれませんが、以前より確実に倒れなくなりました。
 トレードを始めて2年近くになりますが、トレードプラクティカムの期間は、勝つための基礎を作るうえで、大きな成果を実感できる貴重な体験でした。

2)自己評価および分析
 現在の自分の強みは、自分に合ったトレードスタイルを発見することができたことだと思っています。トレードスタイルは、15分足でのライン+キャンドル、というだけでなく、できるだけリスクを少なく、確実に勝ちを重ねていく、という決済までの一連の姿勢であると考えています。また、サブチャンネルや抵抗線(帯)などの認識は、このTP期間中に、かなり早くなったと自負しています。
 自分の弱みは、今のところ「これしかできない」ことです。60~100pipsのレンジで終始する日は、この手法では対応しきれない場合があります。ただ、ラインを引きながら注意深く相場観察を続けてきたことで、フォーメーションや「3度目の正直」の反発ポイントなど、キャンドルシグナルなど皆無の位置でも、半ば確信を持って見ているときがあり、また、そういう時はほぼ「当たる」ので、実弾を投入できるくらい精度を高めたいと思っています。多分、これがいわゆるSMポイントなんだろうなと思います。

3)自己解決
 レンジ相場で、またSMポイントで確実に振る舞えるよう、1分足・5分足のチャートの必要性を感じています。スキャルピングのためではなく、15分足チャートでの見え方に対応する補助材料として、1分・5分も見なければ、と思っています。

4)自己計画

まずは、15分足チャートを基本としたデイトレードの精度を高めていくことが重要だと思っています。TPの自己紹介にも書いたとおり、以前から負け方がヘタだと痛感しておりまして、反省材料として「1日で50~100pips超の大敗」を喫した日のチャート集を作っているくらいなのですが、大抵、ノートレンドか拡大トライアングル、またはレンジ相場のようです。このような神経質な相場付きでも「大負けしない」→「利益を残せる」トレーダーになりたいです。5分足などのチャートも参考にしながら、過去の、そして今後の負けトレードを精査し、失敗を繰り返さないように反省を重ねていきたいと思っています。
 今後の学習としては、スイングトレードとデイトレードの併行運用です。毎日デイトレードに参戦できるわけでもないので、スイングの技術も磨いていきたいと思っています。日々のトレンドが形成されていくなかで、毎日、週足・日足・4時間足…とラインを引いているうちに、「今週は○円あたりまで上がるかも」「○円までの押しもあるな」など、値動きのイメージができることがあり、そのような大きな時間足でのフォーメーションでは、大きな値幅を狙っていきたいと思っています。以前MAXシステムFXでポンド円4時間足を運用していたときは、ライントレードや裁量トレードということをまったく考えていませんでしたが、15分足でライントレードの基本を学んだ今では、スイングでもトレンドラインがしっかりと意識され、ライントレードが機能しているということを肌で感じています。4時間足と15分足の過去チャートの検証をすすめながら、今後の相場に生かしたいと思っています。4時間足での方向性を見ることは、15分足のデイトレでも非常に有効なので、デイトレの精度をアップする上でも役立つのではと考えています。

 長くなってしまいました。通読ありがとうございました。

投稿者:とらじ。 |2010年6月12日 15:03

とらじさん

報告お疲れさまでした。

1-4までの報告内容を吟味した後、終了判定を出させて頂きますね。


1)成果確認

わずか5カ月の期間で、著しい成果が得られましたね。

検証の重要性や大きく負けないことの重要性が腑に落ちたことも今後のトレードの拠り所になると思います。

2)自己評価および分析

TP中に身に付けた自分自身のトレードスタイルを強みと感じられること、そして、実践ですでに成果が出ていることは、非常に心強いですね。

これしかできないことは、レトリックとしては「弱み」とも言えますが、エコはそうは思いません。

現在のラインとキャンドルのアプローチだけでも、勝てます。

それ以外のことは、単にまだ習得していないだけのことです。

3、4)自己解決および自己計画

 今後の学習課題として、とらじさんはスイングトレードとデイトレードの併行運用を挙げていますね。

1分足・5分足を加味したトレードによって、現在のアプローチでは取りにくい相場でも取れるようになることも残された課題ということですね。

本業も忙しいときが多いようですから、まずはスイングトレードへの応用ができるようになるのが良いでしょうね。現在のアプローチにライントレード教本の基本をしっかり適用すれば、スイングトレードはさほど難しく感じないだろうと思います。

ただし、十分な期間の検証は絶対にしてください。ポンド円なら少なくとも2006年から検証し、勝てることが分かってからリアルトレードに入るべきです。

それでは、いよいよとらじさんのTP終了判定になります。

○TP終了判定 → 終了

おめでとうございます!

6月末でTPを終了して頂きます。

とらじさんは、検証課題にじっくり取り組んだことで、現在の相場の値動きパターンに習熟し、ラインとキャンドルの適用方法をしっかり学びとったと思います。

TP開始時にとらじさんを初級者Iの後半と評価しましたが、現在はトータルの相場力では初級者IIIの中頃に達してます。

ライン+キャンドルの手法だけに限れば、常勝トレーダーの仲間入りをする中級の入口にまで差し掛かっていると見ています。

TP期間中に、一気に2段階の実力向上を遂げたことになりますね。

現在のとらじさんの稼ぎ力を評価すると、検証時に学んだアプローチでトレードするのであれば、ポンド円相場では1年のうち10ヶ月以上はプラスにできる実力は身についていると思います。

ライン+キャンドルのアプローチで通すのであれば、今後難しい相場がやってきても、どのように対応すればよいかアイデアも出るでしょう。

従って、今後もライン+キャンドルでやっていくなら、勝てます。

ただし、それ以外のアプローチを取るようになると、成績にブレが生じる余地があります。

自分が身に付けたトレードが何なのかを忘れずに、+αのトレードをするときは、自分が今何をやっているのかはっきり区別することが大事です。


○今後のアドバイス

デイトレードの力をつけながら、スイングトレードへの応用を学習するので良いと思います。

SMトレードに進む場合は、15分足と同じくらいの量の過去検証をしましょう。

十分な用意なしに超短期トレードに進むと、リズムが崩れて15分足トレードの調子も崩す恐れがありますから、必ず十分な量の検証をしましょう。

その時間が取れない場合は、デイトレード+スイングトレードを極める方が無難です。

さて、とらじさん

前述したように、すでにとらじさんは技術的にはライン+キャンドルで勝ち続けられるレベルにありますが、今後用心しなければならないのはメンタル面です。

TP期間中およびその前からのトレード報告を通じて、とらじさんは、目の前の物事が思い通りに行かないときにモチベーションが著しく下がることがときとしてあったと思います。

おそらく、トレードだけではなく、体調的なことやその他のことの不調も重なってのことだと思いますが、そのようなときは、非常に近視眼的なものの見方をしがちになっていますので要注意です。

現在のライン+キャンドルのトレード力は、10人に1人程度のレベルに達していますので、何ら悲観的に考えるような要素はありません。

不調な時期がやってきても、検証を通じて対応法を考えられるレベルにありますので、感情に左右されずに、培った実力を信じて、今後の難しい局面も乗り切っていって欲しいと思います。

なお、先に言っておきますが、これから多少の連敗等はあるかもしれませんが、本物の「スランプ」が来るのはまだ先です(笑)。

まだまだ今までと同じ学習方法で実力を向上できますので、さらに上を目指していきましょう。


エコからの現時点でのアドバイスは以上です。

とらじさんからその他の感想や言っておきたいこと、聞いておきたいことなどがあれば、自由に書いてくださいね。

6月末には、ブログ上で終了証を出しますね。

投稿者:エコ |2010年6月14日 10:45

エコさん

本当にありがとうございます。

まだまだ未熟な部分だらけで、自分の不器用さを再確認しつつ日々の相場と向き合ってきたのですが、それでも不思議と、チャートの流れを感じることができるようになってきたのは、エコさんの毎日の指導と、応援くださった皆さんのおかげだと思っています。

今後も日々努力し、たくさんの失敗をくり返しながら、相場に相対していきたいと思います。

これからも、よろしくお願いします。

投稿者:匿名 |2010年6月14日 17:03

とらじ。さん

お隣に居りながら、ご無沙汰してました。
こちらも無事終了判定をいただきました。まあ、やっと最低限の道具を自作して、山のとば口に立てたといったところでしょうか。

終了試問の順番がとらじ。さんの方が早かったのは、僕に対するエコさんの気遣いだったのかもしれないと最初に思いました。とらじ。さんのよく見て、不足なく書けよ、と。しかし、それでも再提出させられちゃいました(苦笑)。

お、今新幹線の窓から巨大なガンダムが見えました。10M以上の高さです。ガンダムといえば、あの人を思い出しますね。今も高速をぶっとぶっ飛ばしているのでしょうか。

伝説のあの人も面白かったけど、とらじ。さんとエコさんのコミュニケーション、いい感じにメインのブログを活気づけていますね。これからも楽しませてください。

とりいそぎ、ご挨拶まで。

投稿者:Ryu |2010年6月21日 15:55

コメントを投稿する